新着記事

黙想する大山倍達

: 空手および格闘技

黙想 稽古前後に行われるそこに秘められた、武道空手の深奥とは――

黙想 極真空手の稽古において、それを始める前に正座してまず初めに行われるものだ。 ...
白蓮会館世界王者北島悠悠

: 空手および格闘技

“白蓮世界王者”北島悠悠 南豪宏に次ぐ絶対王者として塚本徳臣とも激闘を繰り広げた必殺の飛び膝蹴り!

白蓮会館覇者 最強の侵略者である、白蓮会館、その初期を支えた絶対的な覇者であり、 ...
ロッキー・リンにアッパーを打ち込むリカルド・ロペス

: 空手および格闘技

ホワイトファング!リカルドロペス最強伝説 はじめの一歩越え衝撃アッパーが相手を場外まで吹き飛ばす!

史上最強リカルド・マルチネス 範馬刃牙でいう範馬勇次郎、ドラゴンボール超でいう破 ...
郭雲深の半歩崩拳

: 空手および格闘技

“半歩崩拳あまねく天下を打つ”郭雲深 郭海皇のモデル,史上最強の武術家 太氣至誠拳法澤井健一の師 王郷斎を弟子に持つ!

郭雲深 私の先生は実技のみではなく、空手のみではなく、様々なジャンルや、そして武 ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • 三十話「必死」超本格格闘技小説顎

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  ガードの上から叩き込まれ、耐え切れなくなり、天寺は呻き声をあげてしまった。 纏はその声を聞きとめ、攻撃の手を止めて ……

  • ⅩⅩⅣ/処女検査③

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「な、ならなんで……なんで世界を変えるだなんて、言ったのよっ!!」 「それでも世界を、変えるからです」  そこで気づ ……

  • 第75話「だ――――――――っ」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  一応ツッコむ。 「名前だけ貸してって言ったの、隼人だろ?」 「そうだけどさぁ」  携帯が震える。 『ちゃんと出ない ……

  • Ⅵ/ありふれた傭兵④

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  なら、どうする?  難しい。  話しかけるか? コミュニケーションなら、取れる。 仕事仲間とも最低限の親しみ、とい ……

第35話「名付けて「マジ!? じゃあ」大作戦!」

2020年10月8日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 話が面白いのか僕がこんなことをやるのが珍しいせいか、今日の切間のペースは早かった。
 何か喋るたびにビール缶の半分は飲み干す。
 かくいう僕もすっかり舞い上がっていたのか切間に笑われたり否定されるたびに酎ハイをぐいぐい煽っていった。


 ――最終的に、

 Mission.1
 まずジュースを買っていって「ねぇねぇジュース飲む?」と訊く。

 そこで大半の女性なら、知らない男からそんなことを言われても受け取らない。
 多分「飲まない」と言われる。そこで、


 Mission.2

「マジ!? じゃあオレが飲むよ!」と勢い良く言って、実際に一気飲みしてその場の主導権と相手の冷静さを奪う。
 その後間髪入れず、


 Mission.3

「じゃあさ」と、相手が座っている席の隣の席を指差し「ここ座っていい?」と訊く。
 ここでもおそらく、ターゲットは動揺しながらも「ダメ」または「嫌」もしくは、渋い対応をする。

 しかし拒否されたらすぐに、


 Mission.4

「マジ? じゃあ」と反対側の席を指差し「こっちの席座るね!」と有無を言わせず座る。

 これでMission complete!
 ――という作戦を立てた。

 感嘆した。


 実際、普通の人付き合いさえ未だに緊張するような僕が一人でこんな、相手の反応がイエスでもノーでも対応できるノリで引っ張る、ある意味強引とも言える作戦を立てるのは無理だっただろう。
 様々な女性と付き合ってきた切間ならではの入念な作戦といえた。

 作ってる最中、やたら切間がにやにや笑ってたのは気になるが、うまくいくことを確信しての笑みなのだろう。

 午前零時過ぎ。
 二時間もの間喋り込んでの会議ののち、部屋の中は色んな物で散乱していた。
 二十を越える酒の空き缶、食い散らかされたチーかまやするめなどのビニール袋の残がい達。
 他にも下の階から持ってきた皿に盛られたご飯の残りや魚の缶詰なんかも転がっていた。

 目の前の切間も大分回っているようだった。
 顔は赤く、頭がぐらんぐらんと揺れている。
 手足も投げ出され、窓際に寄りかかっている。

 その上の方から覗く夜空に、半端な月が上っていた。

「……しろ~」

 すっかり酔いが回った声で、切間が妙なことを口走った。

「……切間」

 僕はそれほど回ってない。
 お酒に対して僕は比較的強い部類に入ると思う。
 この辺も自分の体質としてはありがたいと思っている。

「お前さ、そう呼ぶなっつったろ? それじゃまるで犬だ」

 切間は僕と会ったばかりの頃、この呼び方で僕を呼んだことがある。

 "しろやなぎ"進也だから、『しろ』だそうだ。

 最初過剰に反応したせいで、切間はたまにこう呼んでは僕をからかう。

「へへへ、お前はしろさ。しろしろしろ、ほらこっち来い~」

 溜息一つ。
 どうやら相当回ってしまったらしい。
 まったくこれだけ酔っててよくあんな作戦を立てられたものだと思う。

 ぐったりしながらも陽気な切間を見て、僕は聞いてみる。

「最近は、家族とは上手くいってんのか?」
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇