新着記事

ロッキー・リンにアッパーを打ち込むリカルド・ロペス

: 空手および格闘技

ホワイトファング!リカルドロペス最強伝説 はじめの一歩越え衝撃アッパーが相手を場外まで吹き飛ばす!

史上最強リカルド・マルチネス 範馬刃牙でいう範馬勇次郎、ドラゴンボール超でいう破 ...
郭雲深の半歩崩拳

: 空手および格闘技

“半歩崩拳あまねく天下を打つ”郭雲深 郭海皇のモデル,史上最強の武術家 太氣至誠拳法澤井健一の師 王郷斎を弟子に持つ!

郭雲深 私の先生は実技のみではなく、空手のみではなく、様々なジャンルや、そして武 ...
輪島功一のカエルパンチ

: 空手および格闘技

“カエルパンチ”!輪島功一 はじめの一歩青木勝の必殺技 よそ見や脅かしウサギパンチを見せて掴んだ重量級の栄光!

ユニークスキル ユニークスキルと言う言葉がある。 固有技能と言われているもので、 ...
闘う極真空手家島田慧巳

: 空手および格闘技

“桜花爛漫”島田慧巳 可憐で鮮烈なる春の桜のように咲き誇ったその舞闘が観衆を魅了する!

新極真会第23回全日本ウェイト制大会 新世代の台頭が多く見られたこの大会で彼女は ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • #16「神様の、領域」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  要点がわからない。 意味がわからない。  この会話はなんなんだ? この相手はなにが言いたくて、この会話を始めたんだ ……

  • 六十二話「空手の目的」超本格格闘技小説顎

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  手の平。  突っかけようとした纏が最初に目にしたのが、それだった。 自分に向けて真っ直ぐに突き出された、右の手の平 ……

  • 第13話「あの日のその後②」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  首以外の体はまったく動かなかった。  それどころか感覚すらまったくなかった。  首だけ回して見ると、周りには同じよ ……

  • ⅩⅢ/弓兵⑤

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  あれだけされて。  倒れて、鼻血を出して、呻いて甘ちゃん扱いされ、家に帰れといわれ、立ち上がりなおブタれ酷い有様に ……

第63話「なんで?」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

『彼女は……ありゃあ別に暗いんじゃない。単に感情表現が下手なだけだね。お前が引き出してやれよ』

 そこまで考えて、不意に切間の言葉が頭の中に甦った。

 ――切間、攻めていいんだよな?
 別に嫌なんじゃなく、感情表現が下手なだけなんだよな?

 息を吸い込み、僕は彼女の疑問に答えた。

「もっと一緒に、いたいから。もっと暗戸さんのこと、知りたいから」

 自分の言葉に打ちのめされた。
 し、しまった……! か、考えなしに、僕はなんつう臭くてストレートな物言いを……

 手の平の携帯が震えた。
 びくっと体が跳ねた。
 いきなりの不意打ちだった。

 まるで腫れ物を触るみたいに慎重に顔の前に持ってきて開くと、やっぱり送信元は目の前の彼女だった。
 また三文字だった。

『なんで』

 言葉を失う。
 再び突き出された疑問。

 なんで。
 今度は、

 なんで一緒に、いたいのか。
 なんで彼女のことを、知りたいのか。

「……今まで暗戸さんのこと、誤解してたみたいだから。本当はどんな女の子なのか、気になったからなんだけど……」

 再び携帯が震える。
 今度はちゃんとした文章がつづられていた。

『なんで私のことなんか気になるの?』

 ……"なんか"?

「なんで自分のことを、私のこと"なんか"、なんて言うの? それは良くないと思うよ」

 彼女は俯いたまま、その帽子のつばに表情を隠している。
 再び携帯が震える。

『なんで?』


 ただ、?マークがついてるだけで、ただそれだけで悲痛な文章に見えたのは、僕の気のせいか自意識過剰なのだろうか。

「僕は、他の誰でもない暗戸さんと、一緒に買い物をしたいんだ。だから、そんな自分を卑下するような悲しいことは、言わないで欲しい」

 少しの間があった。
 彼女の姿は動くことはなく、ただ俯いたまま。

 その間に、首筋を流れる汗と耳朶(じだ)を叩く蝉の鳴き声と周りの店の喧騒を思い出し、携帯が震えた。

『わかった』

 彼女が顔を上げた。
 そこには、一見するといつもと変わらぬ人形のような無表情があった。

 でも僕は気づく。
 彼女の目に、今までの無感情とは違う、何らかの光が秘められているのを。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇