新着記事

ロッキー・リンにアッパーを打ち込むリカルド・ロペス

: 空手および格闘技

ホワイトファング!リカルドロペス最強伝説 はじめの一歩越え衝撃アッパーが相手を場外まで吹き飛ばす!

史上最強リカルド・マルチネス 範馬刃牙でいう範馬勇次郎、ドラゴンボール超でいう破 ...
郭雲深の半歩崩拳

: 空手および格闘技

“半歩崩拳あまねく天下を打つ”郭雲深 郭海皇のモデル,史上最強の武術家 太氣至誠拳法澤井健一の師 王郷斎を弟子に持つ!

郭雲深 私の先生は実技のみではなく、空手のみではなく、様々なジャンルや、そして武 ...
輪島功一のカエルパンチ

: 空手および格闘技

“カエルパンチ”!輪島功一 はじめの一歩青木勝の必殺技 よそ見や脅かしウサギパンチを見せて掴んだ重量級の栄光!

ユニークスキル ユニークスキルと言う言葉がある。 固有技能と言われているもので、 ...
闘う極真空手家島田慧巳

: 空手および格闘技

“桜花爛漫”島田慧巳 可憐で鮮烈なる春の桜のように咲き誇ったその舞闘が観衆を魅了する!

新極真会第23回全日本ウェイト制大会 新世代の台頭が多く見られたこの大会で彼女は ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • ⅩⅣ/悪魔憑き④

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「……殺したいとかしたくないとか、そういうんじゃないと思うんですよ。ひとを殺すって。半端じゃないでしょ、それ?」 「 ……

  • 第32話「五月二十九日、木曜日①」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  そんな悪夢を見た日の大学の昼休み、 「今日も……いる」  少しの驚きと共に、僕は過去の自分の指定席に違和感無く座る ……

  • #fin「ぼくの人生の、意味」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 「成海さん、よい顔になられましたなあ」  初めてそう言われ、ぼくは驚き、そして相好を崩す。 「そうですか? ありがとうござ ……

  • #23「生きた心地がしなかったから、生きてるんだって思えた」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  当然の疑問。 それにどうしようもないから愛想笑いを浮かべていると裕子さんは訝しげな表情を浮かべ、 「? なにかベッ ……

ⅩⅢ/弓兵⑥

2020年10月9日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 懇願、悲願、哀願に近いモノか。

 それをアレは唐突にマテロフに、叩きつけた。
 それはそういうに相応しいほどの、想いの濁流だった。

 公平、という概念すら存在しない。
 マテロフ流に言うなら、それは一種の怪物だった。

「……貴女は、だれ?」

 ハッキリと、言葉が震える。

 掴み上げているのは、肉体の主導権を握っているのは自分の筈なのに、場の主導権はいま――というより思えば最初からずっと、彼女に在った。

 怯えていた。
 格が違った。
 勘違いだった。

 これは自分などが手に負えるような相手では、なかった。

「わたしの名前、ですか? アレ・クロアといいます。
 小さい頃からずっと、ベッドの上で暮らしてきました」

 笑顔で、それがいえる。
 外の世界に出てなお、相手に告げられる。

 その異常を、いま、初めて掴み取った。
 思わず、手を離していた。
 同時にアレはマテロフの戒めから解き放たれ、地に墜ちる。

 その"筈だった"。

 とん、と軽やかにアレは地面に、着地した。

 両足で。

「……なんなのよ」

 もう、訳がわからない。
 演じていたというのか、今まで弱い人間を。
 だがなんのために?

 倒れ、血と土に塗れ、なお笑う意味がわからない。
 同情を誘うためか?
 それで味方を増やして、ことを成すためか?
 そう考えれば納得できる気もする。


 だがなぜそれを、この場で晒す?
 私が喋らないとでも高をくくっているのか?
 それとも逆で、私を懐柔――

「なんでも、ナイ」

 わらった。

 気づいた。
 マテロフは。

 アレの笑みが、変化した。

 無邪気も過ぎると、毒になるという。
 まるで半円型に作られた目と口の形は、なにかの仮面のよう。

 そう、それは――

「ただ、ヤルといえばヤルだけの話」

 嗤うという表現が、ピタリと合っていた。

 その瞳は、なぜか金色に輝いて見えた。
 僅かな齟齬。

 だけどマテロフは、感じ取っていた。
 アレの様子が明らかに変貌し、その発音が歪なものに変わっていることを。

 ヒトのふりをしている、人形。
 なぜかそんなイメージが、マテロフの脳裏に駆け巡った。

「――貴女は、なんなの?」

 質問が、変わっていた。
 人となりどころじゃない。

 "人かどうか"すら、わからない相手だなんて見たことがない。

「わたシは、アレ・クロアでス。さっきも、言ったでショ?」

 歪な発音は、鼓膜に障り、心臓に悪かった。
 苛立ちとも恐怖とも不快感ともつかないそれに、マテロフは無意識に手を懐に忍ばせていた。

「なにがしたいの?」

「世界を変えたいデス」

「どうやって?」

「わかりまセン」

「それで変えられるとでも思ってるの?」

 既視感さえ誘発される同じ会話の内容はしかし――

「変えまスよ? こうやっテ」

 不意に差し出された手――から発生したなにかによってマテロフの得物は宙に、舞った。

「っ……!」

 突風のようだった。
 それによりマテロフの白金の髪は舞いあがり、視界すら霞む。

 しかしマテロフは狭まった視界の中で咄嗟に手を伸ばし、短剣を掴んだ。
 柄ではない、刃を。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇