新着記事

Thumbnail of new posts 080

: 空手および格闘技

“不退転の覚悟”マイケル・ヤング 三瓶啓二,ミッシェルウェーデル,増田章ら超強敵と闘い闘志を見せつけたその勇姿!

三瓶啓二のアバラを叩き折る フィジー、そしてオーストラリアの極真空手家、マイケル ...
Thumbnail of new posts 145

: 空手および格闘技

間柴了の必殺技モデルトーマス・ハーンズのフリッカージャブでパブロ・バエズを衝撃K.O!

間柴了 主人公幕之内一歩の初期のライバルであり、現在でもメインキャラであり、幕之 ...
Thumbnail of new posts 098

: 空手および格闘技

“ヒットマン”長田賢一 空道北斗旗を通算7度制し,佐竹雅昭,極真と共に最強の一角に数えられた、一撃必殺のその打撃!

大道塾草創期の絶対王者 大道塾空道を代表する選手として、その草創期に多大なる活躍 ...
Thumbnail of new posts 046

: 空手および格闘技

ミッシェルvsアデミール 欧州最強の男と南米の星で繰り広げた星の潰し合い、世界最強を決める壮絶な戦い!

極真史上最高のBEST BOUT それを考えた場合私の頭に、3つの戦いが浮かんで ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • 第88話「ぶいぶいぶいぶいとVサイン」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「はよっ。早いね、君らは」  その言葉に、隼人は楽しそうに隣を――彼女を見る。 「ふっふっふ……聞いてよ、しんや。よ ……

  • 第50話「特別製の左脛サポーター」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  最初に準備運動、柔軟体操から始まる。 次に動きの練習である、基本、移動、型稽古。 最後に筋力トレーニングを行い、あ ……

  • 四十九話「気合一閃」殴り蹴りあう空手家二人

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「ッづ……!」  痛みが膝の内側を走り抜け、視線を下げて足を見た。 前足である左足が、外に大きく弾かれていた。 普通 ……

  • #31「脱出」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  自分が妖精だという彼女の言葉が、脳裏に蘇っていた。  彼女はずっと、手を握ってくれていた。 ぼくはそれに導かれるよ ……

ⅩⅩⅣ/処女検査⑤

2020年10月8日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 ベトはただ、剣を背負って城の中を進んでいた。

 愛剣を取り戻すと、随分気持ちは楽になった。
 この剣を持って、負けたことはない。
 まあ負け=即・死だから、それは当然といえば当然だったが。

 この先なにがあっても、この相棒と一緒ならという気分にもなっていた。

「……どこだ、アレ?」

 廊下を進み、壁に張り付き、ベトは口中で呟いた。

 先ほどの出来事が、気にかかっていた。
 とつぜん目の前に現れ、聞いたことがないことをまくしたて、この愛剣を渡してくれて――まぁそれは助かったが、そしてどこかへ消えてしまった。

 なぜ場所を、言わなかった?

 助けてやると、言ったのに。

「どこにいる、アレ……」

 もうあれから、かなりの時間が経っているはずだ。
 腹の減り具合でわかる。
 いい加減、力が入りにくくなってくる頃合いだし。
 ドンパチするならそろそろ出くわして欲しいんだが――

 人の気配。

 ベトは息をひそめ、気配を殺し、様子を窺った。
 誰か?
 また貴族か?
 手を脇と腰の間に、差し込む。
 暗殺なら、こっちの方が都合がいい。

 ざっ、ざっ、といくつもの足音が迫ってきた。
 ひとりじゃない。
 これは10人以上の行進だと判断し、ベトは咄嗟に窓から身を乗り出し、両手で枠に手を引っ掛けて身体を支えた。
 そして目だけを、覗かせた。

 銀の美しい長髪に、目を奪われた。

「ア、レ……?」

 アレは十数人もの偉そうな格好を率いるような格好で、歩いていた。
 いや実際形だけ見れば、引っ立てられていると言った方が正しいだろう。

 一瞬助けに飛び出そうかと考えた。

 しかしそれにしては妙な空気を感じた。

「…………」

 1秒未満考え、ベトはあとを追うことにした。
 頃合いを見図り、廊下に着地する。
 ある程度の距離を保てば、まず見つからない自信はある。

 アレはじっと、前だけを見ていた。
 振り返る様子はない。

 いや違う、とベトは気づいた。
 あれは様子が無いのではなく、余裕がないのだと。





 張り詰めている。
 珍しいと思った。
 しかしそれは当然だとも思った。

 元々あの子は、強いわけじゃない。
 だが使命感に体中を縛りつけて動いている――と、ベトは一人解釈していた。
 多分に理解が難しいところもあるが、人がひとを完全に理解することは難しい。
 それは自身においてもそうだし。

 だがそれにもまして、今日のアレには余裕がまったくなかった。
 張り詰めた気配が、こちらまで伝わってくる。

 ――なにを狙っている、アレ?

 不安が、胸を覆っていくようだった。
 あのアレがここまで覚悟を決めている状況。

 バカなことはしてくれるなよ?
 ベトは初めて祈った。

 しかし従者を引き連れた様な形のアレの行進は止まらず、廊下を進み、その先の巨大な扉は開かれ――

 今まで見た中で、それは最大の広さを誇っていた。

 端から端までが、視界に収まりきれない。
 そして圧倒的な豪奢さで飾りつくされていた。
 金銀財宝が置かれ、赤い絨毯は高価なもので、かしずく本物の従者たちの数はとても数え切れるものではなかった。

 その最高峰に、その人物は君臨していた。

「――なんだ?」

 まるで人を虫けらか何かのように見ている、その視線。
 玉座にふんぞり返り、肘かけに頬杖をつき、左右から半裸の美女に扇で仰がせているその人物が誰なのか、わからないわけはなかった。

「申し上げます、国王陛下エリオム十四世様!」

 アレのすぐそばを歩いていた白髪の男が、声をあげた。
 見るからに、それは裁判官の服装をしていた。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇