新着記事

Thumbnail of new posts 140

: 空手および格闘技

“ヒットマン”長田賢一 空道北斗旗を通算7度制し,佐竹雅昭,極真と共に最強の一角に数えられた、一撃必殺のその打撃!

大道塾草創期の絶対王者 大道塾空道を代表する選手として、その草創期に多大なる活躍 ...
Thumbnail of new posts 169

: 空手および格闘技

ミッシェルvsアデミール 欧州最強の男と南米の星で繰り広げた星の潰し合い、世界最強を決める壮絶な戦い!

極真史上最高のBEST BOUT それを考えた場合私の頭に、3つの戦いが浮かんで ...
Thumbnail of new posts 058

: 空手および格闘技

残り1秒の奇跡 塚本徳臣vsローマン 会場総立ちにした究極の一撃必殺!

格闘技史上最高の盛り上がり 極真史上いやもしかしたら格闘技史上においても、最も会 ...
Thumbnail of new posts 145

: 空手および格闘技

本物のデンプシーロール!幕之内一歩の必殺技元祖ジャックデンプシー,その勇姿!!

ジャック・デンプシー 彼ほどあの漫画の影響で有名になったボクサーもいないのではな ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • 十六話「県王者」殴り蹴りあう空手家二人

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「…………」  そうして去っていった哲侍と遥のやり取りを、朱鳥は天寺から視線を動かさずに聞いていた。  今まで朱鳥は ……

  • 第24話「大学④」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「まぁまぁ。恋愛のやり方なんて、個人の自由なんだしさぁ」 「そんなこと言ってるから毎回『友達としてしか見れない』なん ……

  • #25「真っ暗」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  酷い有様だった。  検査の次の日に起こったのなんて、前代未聞だった。 これだから病気の身体というものは油断がならな ……

  • ⅩⅧ:聖痕

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  ピン、と緊張感が張り詰める。 「――本気か、オルビナ=アトキン」 「――かようなこと、冗談などではとても口にできま ……

第76話「日帰りのチープな旅仲間」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

「隼人、そろそろ五限目始まるぞ! チャイ語は混んで面倒くさいから、ぼちぼち行って前の方の席取っとこう!」

「うん」

 隼人はまったく躊躇なく笑顔で頷いた。
 ――相変わらず掴めないやつだった。

 その時、またもや携帯が震えた。
 ややとまどいながら見ると、

『はやとあどしりた』

 字の変換がまったくなく、しかも脱字がいくつもある文章としては成り立っていない文面だった。
 よっぽど焦って打ったのだろう様子がうかがえた。

 見ると、彼女は俯いてた。
 更にによく見ると――帽子で隠しきれない耳が、真っ赤になっていた。

 隼人にそのメールを見せる。
 それを見た隼人は、いつもの様にニコニコしたまま、

「はい」

 携帯を差し出した。
 またあの彼女の、嬉しくてたまらないというような屈託ない笑顔が見られた。

 ――ちぇっ。
 それを見て、ちょっとだけ寂しいような嫉妬するような気持ちになってしまった僕がいた。


 それは、巨大な黒い影が湧き上がったかのように見えた。

 一コマ九十分もあるのに休み時間は十分で昼休みも五十分という高校までと同じペースの、大学の授業。
 しかもそれが一日四コマもびっしりと入っている今期の一週間で一番面倒くさい火曜日の授業をようやく終え、とっとと帰ろうと立ち上がりかけた時、いきなり僕の目の前に大学第三の仲のいい友人である神龍(しんりゅう)が現れたのだ。

「おっ!? おおっ、し、神龍か? ひ、久しぶりだな。最近、どうしてた?」

 椅子から転げ落ちそうになってた体勢を立て直しながら、尋ねる。
 だけど神龍は僕の質問など全く聞こえなかったかの様子で、そのスラリと伸びた細身の体を後方の窓の方に向けて、

「白柳(しろやなぎ)。……世界を、見に行かないか?」

 どこか遠くのまだ見ぬ地に思いを馳せているような目で、言った。
 ……久々に来たな。

 僕はそう思うと、ふうと息をついて、

「――いいぜ。一緒に風になろう」

 同じく遠くを見るような目をして囁いた。

 僕と神龍こと神龍幸之助(しんりゅう こうのすけ)は旅仲間だ。
 それも、自転車で行ける所までペダルをこぎ続けたり、古い森を探検したり、山に登ったりという、日帰りのチープな旅だ。

 その旅は定期的に行われるわけではなく、完全に神龍の気分に左右される。
 一番多いのが二から三週間おきだけど、一度二ヶ月ほどまったくなかった時もあるし、三日と開けず行った時もある。

 そして僕はそれに、ほぼ百パーセント付き合っている。
 大学生にもなって……というなかれ。
 どこまでも続く夕暮れの坂道を自転車で下ったり、偶然見つけた川ではしゃいだり、三百六十度地平線しか見えない草原で大の字になって寝たりするのは心から開放される、本当に良いものだったりするのだ。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇