新着記事

Thumbnail of new posts 120

: 空手および格闘技

“不退転の覚悟”マイケル・ヤング 三瓶啓二,ミッシェルウェーデル,増田章ら超強敵と闘い闘志を見せつけたその勇姿!

三瓶啓二のアバラを叩き折る フィジー、そしてオーストラリアの極真空手家、マイケル ...
Thumbnail of new posts 041

: 空手および格闘技

間柴了の必殺技モデルトーマス・ハーンズのフリッカージャブでパブロ・バエズを衝撃K.O!

間柴了 主人公幕之内一歩の初期のライバルであり、現在でもメインキャラであり、幕之 ...
Thumbnail of new posts 122

: 空手および格闘技

“ヒットマン”長田賢一 空道北斗旗を通算7度制し,佐竹雅昭,極真と共に最強の一角に数えられた、一撃必殺のその打撃!

大道塾草創期の絶対王者 大道塾空道を代表する選手として、その草創期に多大なる活躍 ...
Thumbnail of new posts 118

: 空手および格闘技

ミッシェルvsアデミール 欧州最強の男と南米の星で繰り広げた星の潰し合い、世界最強を決める壮絶な戦い!

極真史上最高のBEST BOUT それを考えた場合私の頭に、3つの戦いが浮かんで ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • ⅩⅤ/不自由④

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  カスって、首の皮が切れて血が滲んでいった。 ていうか本気かお前!? 「マテロフ!? お前いま本気で当たってたら死ん ……

  • 五十話「射馬の構え」殴り蹴りあう空手家二人

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  天寺は開始の号令と同時に、左腕を伸ばした。  前手である左手をスッ、と相手に向かって、真っ直ぐと。 その手の形は通 ……

  • #12「クリスマス③」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  不意にかけられた、無機質な声。 ぼくは思わず、顔を上げる。  嘘みたいだった。  昼なのに、彼女がいた。 「マ、マ ……

  • 第84話「組み手」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  違和感。 おかしい。 僕の狙いでは、ここで隼人が『何言ってんだよ』って笑いながら突っ込み入れて、それを見た彼女も笑 ……

第90話「バスの中での自己紹介②」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 笑ってた。
 背筋が凍りついた。

 ゲーセンでのエアホッケー以来の、あの完璧すぎて恐ろしくすらなる笑い方だ。
 目も口も線にして、小首すら傾げて、だけどそこには感情の一片も感じられない。
 そういう凄い笑い方をしていた。

 敵もさるものだ……敵じゃないけど。
 そう思い、神龍の方も見る。

 こっちも笑ってた。
 口元だけを吊り上げて相手を見下ろす、いかにも好敵手を見つけました的な笑い方。
 何か企んでます的な笑い方。
 その瞳には善意の一欠片もなく、あるのはただの敵愾心。
 擬態語がつくならいわゆる『ニヤリ』

 完璧な笑顔と、敵愾心剥き出しの笑顔。
 その二つの不気味な笑顔がぶつかり合い、張り詰めた緊張感を作り出していく。
 ぴりぴりと空気が帯電していく。
 どんどんいたたまれなくなっていく。

 ……隼人は?
 ふと思い、横目で見る。

 やっぱりこいつも笑ってた。
 いつもみたいに、にこにこと。
 こっちは善意という感情で笑うことしか知りませんと言わんばかりの満面の笑顔。
 なんかこの場においてはむしろそれは彼女より恐く感じたり!

 車内で交錯する、完璧な笑顔、敵愾心剥き出しの笑顔、満面の笑顔。
 お互いがお互いの笑顔を主張し、誰一人としてそれぞれの笑顔を崩さず今まで以上にぴん、と空気が張り詰める。

 そこに僕は突っ込みを入れる。
 誰か喋れよ……。

 言葉にはならなかった。
 僕は、早くもこの企画を立ち上げたことを後悔し始めていた。



 最初の三十分は楽しかったのに、次の三十分は笑顔と無言に耐えて、次の三十分に負けて自分まで笑顔を作り出し、次の三十分はそんな自分に落ち込んで、さらに次の三十分をやっぱり笑顔で過ごして少し頭が狂いだしたかなぁ、と思い出したところでバスは目的地に着いた。

 照ヶ崎海岸入り口前。
 舗装などまったくされていない田舎道に降り立ち、十分ほど薮と蚊と日差しと蝉の音に苛まれて、到着した。

 初めて来た有名な市の観光地は、噂通り閑散としてた。
 六月半ばの真夏日で、さらに週末の土曜。
 しかも一番熱くなる昼間の二時過ぎだというのに、来ているのは子供が一人とその親らしき女の人が一人いるだけ。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇