新着記事

ロッキー・リンにアッパーを打ち込むリカルド・ロペス

: 空手および格闘技

ホワイトファング!リカルドロペス最強伝説 はじめの一歩越え衝撃アッパーが相手を場外まで吹き飛ばす!

史上最強リカルド・マルチネス 範馬刃牙でいう範馬勇次郎、ドラゴンボール超でいう破 ...
郭雲深の半歩崩拳

: 空手および格闘技

“半歩崩拳あまねく天下を打つ”郭雲深 郭海皇のモデル,史上最強の武術家 太氣至誠拳法澤井健一の師 王郷斎を弟子に持つ!

郭雲深 私の先生は実技のみではなく、空手のみではなく、様々なジャンルや、そして武 ...
輪島功一のカエルパンチ

: 空手および格闘技

“カエルパンチ”!輪島功一 はじめの一歩青木勝の必殺技 よそ見や脅かしウサギパンチを見せて掴んだ重量級の栄光!

ユニークスキル ユニークスキルと言う言葉がある。 固有技能と言われているもので、 ...
闘う極真空手家島田慧巳

: 空手および格闘技

“桜花爛漫”島田慧巳 可憐で鮮烈なる春の桜のように咲き誇ったその舞闘が観衆を魅了する!

新極真会第23回全日本ウェイト制大会 新世代の台頭が多く見られたこの大会で彼女は ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • 第12話「あの日のその後①」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  バスに揺られながら、僕は不意に強烈な眠気に襲われた。  ここのところ今日のこの告白のことを思ってずっと緊張してたか ……

  • 三十六話「困憊」超本格格闘技小説顎

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  それでも素人がやるとくたくたになる。 天寺は素人ではないが、それでも100回を越えた辺りから相当な疲労が全身を襲っ ……

  • 三十二話「中段の武器」超本格格闘技小説顎

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  改めて天寺の顔を覗き込んだ。 その視線に天寺はハッ、と顔を上げ、慌てて視線を合わせる。  それを確認して哲侍は、 ……

  • 十八話「ノーガード vs サウスポー」超本格格闘技小説顎

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  でも、出来ればやっぱり試合を見せたかった。  どうしても組み手では、暗黙の了解でお互いに手心を加えるようになってい ……

第87話「海に行こう!」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 考察が始まる。
 周りが意見をかわし、それにとうさんが答えを挟みつつ進められる。

 僕と正治は道場を出て右手の部屋の水飲み場で、僕は頭突きをもらった鼻と、正治は眉間と口を水道水で冷やした。
 目が合い、楽しそうに笑った。
 いや、愉しそうにか。

 こんな空手を自分ですすんでやっているのだから、僕たちはちょっと狂っているのだろう。
 とうさんが、自分で作った煉仁会(れんじんかい)を他の人に譲ってこちらを始めたのも、今なら少し、わかる。


 週末。
 六月十五日、日曜日。
 照ヶ崎海岸探索当日。

 その日の天気も、相変わらず嫌になるほどの快晴だった。
 家のドアを開け、すぐに手庇(てひさし)を作って殺人的な光線を回避する。
 まぁ、海に行くぶんにはいいか……と頭を切り替え、手ぶらで待ち合わせ場所への道のりを急いだ。
 庭に咲いていた向日葵が目に入った。

 場所は、大学前のバス停。
 着いたのは、正午の十二時になる、三十分ほど前。
 約束は正午に大学前のバス停だったはずなのに、着いた時には既に三人とも揃っていた。

 神龍は手を頭の後ろに回して、バス停に寄りかかっていた。
 いつもの、黒のロンTに白いズボン。
 足元は茶の革靴で固め、まるで恋人にそうするかのように想いを馳せた目を空に向けている。

 様になってるな……と思った。
 そもそも背も高くてスタイルもよくて顔も整ってるから、そういう格好されると本気でファッション雑誌の一面に見えてくる。

 隼人は神龍とバス停を隔てた反対側で、真っ直ぐに立っていた。
 白い長袖のシャツのボタンを全部留めており、濃い青のジーンズにバッシュを履き、やたら大きいリュックを背負っている。
 いつものように、にこにこ笑って、こちらに気づき手を振っている。

 その傍ら。
 神龍から離れて、隼人の影に隠れるように佇んでいる彼女を見つける。
 いつもの全身黒の格好にちゃんと手袋も付けていて、今日はそれに黒の日傘をプラスしていた。
 同じように僕に気づき、固い笑顔で僅かにだが、隼人と一緒に手を振って迎えてくれた。

 それに向かって僕は、"思い切り引き攣った"笑顔で答える。
 集まって早々だが、頭痛くなってきた……。

 何でみんな、海に行く格好をしてないんだろう?
 どれ見ても長袖長ズボン、長袖長ズボン、長袖ワンピース。
 しかも革靴、バッシュに、ローブーツ。
 ……なんか、間違ってるのは僕の方な気がしてきた。

 ちなみに今日の僕の格好。
 青のアロハシャツを白のタンクトップの上に羽織り、下は薄い水色のデニム生地の半ズボンで、足にはビーチサンダルを履いている。
 ……これで、合ってるよな?

「おはよー、しんや」

 考えていると、隼人が楽しそうに挨拶をしてきた。
 つまらない考えは悩みはやめて、僕も返す。

 せっかくいい天気なのだから。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇