新着記事

黙想する大山倍達

: 空手および格闘技

黙想 稽古前後に行われるそこに秘められた、武道空手の深奥とは――

黙想 極真空手の稽古において、それを始める前に正座してまず初めに行われるものだ。 ...
白蓮会館世界王者北島悠悠

: 空手および格闘技

“白蓮世界王者”北島悠悠 南豪宏に次ぐ絶対王者として塚本徳臣とも激闘を繰り広げた必殺の飛び膝蹴り!

白蓮会館覇者 最強の侵略者である、白蓮会館、その初期を支えた絶対的な覇者であり、 ...
ロッキー・リンにアッパーを打ち込むリカルド・ロペス

: 空手および格闘技

ホワイトファング!リカルドロペス最強伝説 はじめの一歩越え衝撃アッパーが相手を場外まで吹き飛ばす!

史上最強リカルド・マルチネス 範馬刃牙でいう範馬勇次郎、ドラゴンボール超でいう破 ...
郭雲深の半歩崩拳

: 空手および格闘技

“半歩崩拳あまねく天下を打つ”郭雲深 郭海皇のモデル,史上最強の武術家 太氣至誠拳法澤井健一の師 王郷斎を弟子に持つ!

郭雲深 私の先生は実技のみではなく、空手のみではなく、様々なジャンルや、そして武 ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • Ⅶ/傭兵の生活③

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  一度上げるまでが、五秒。 そして落とし足首の前の定位置で止めて反動の震えが収まるまでやっぱり五秒。 そして次の起動 ……

  • Ⅻ/ベトの離脱①

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  女だてらによくやって――というか、ベッドから出てきたことがないってのに、まったくもって頭が下がる。  ――それも世 ……

  • 第31話「サンドバック」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  熊は止まらない。  ゆっくりと近づき、間合いに入り、やっぱりゆっくりと爪を振り上げる。 おねがいだ、やめてくれ、ぼ ……

  • ⅩⅩⅦ/王との問答①

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  王の前に揃う敵の数は、正確には13。 おあつらえ向きに、不吉な数が残ってやがる。 体力も限界に近く手傷も負った現在 ……

Ⅵ/ありふれた傭兵②

2020年10月9日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 隣で剣の手入れをしてた髭もじゃが、勝手に会話に参加してきた。まぁ許可はいらないんだけど。
 ていうか今さらだけどとベトはこのおっさん何回ていうか何十回おんなじとこ手入れすりゃ気が済むんだ? と眉をしかめた。
 なんだかんだでしっかり聞き耳立ててやがった、相手だけはこっちに押し付けて。

 むかっ腹が立ったので、めいっぱいその突き出た脇腹をグーで、殴ってやった。

「うぐぅおわっ!?」

 えらい派手な悲鳴をあげ、くの字にひしゃげるスバル。
 なんだ情けねぇ、とベトが自分の拳を見ると、ガントレットつけっぱなしだった。
 うわやべぇ、肋骨へし折れたかもしれねぇ。

 ベトはそっ、とガントレットを外した。

 証拠隠滅。

「――んで、なるほどそりゃ傭兵も知らねぇわな」

 スバルのおかげで適度な小休止だった。
 ベトは頭をボリボリかき、改めてアレと向き合う。

 するとアレは、ぐったりとしていた。
 俯き、力なくうなだれている。

 今までだったらなぜかと頭を傾げていただろうが――

「……疲れた、みてぇだな。とりあえず、アジトに着くまで休み――」

「……くぅ」

 既に眠っていた。
 その警戒心のなさに、ベトは呆れる――と同時に、

「……ったく、仕方ねぇな」

 少し、可愛らしくも思っていた。
 と感慨に耽っていたら、いきなりガクン、と荷馬車が揺れた。

 それにベトはバランスを奪われ――もろに壁に鼻から、激突する。

「うぶっ!?」

「よーし、着いたぞお前ら荷物を降ろせ!」

『ウォ――――!』

 長話しすぎたようで、既に目的地に着いてしまったようだった。
 貴重な移動中の休憩時間を無駄に過ごしてしまったと、ベトは頭をガリガリとかき――落ちたふけがアレにかかりそうになり、慌てて手で受け止めた。

 焼き、回ったかな?

 予想通りというか、やはりギャハハハ、と爆笑が巻き起こった。

「おいおいベト、なんだよその子は?」
「女付きとは焼きが回ったかァ?」
「それともその子はお前の妹か、ベトちゃん?」

 沸き起こる爆笑と揶揄に、ベトはひたすら苦笑いでやり過ごした。
 誤解でバカにされるんだったらガントレットで殴ってでも訂正するタチだったが、実際こんな傭兵稼業とは似ても似つかない華奢な少女を背負って歩いているんだから反論のしようもないのも事実だった。

 ここは甘んじて受ける。

 ったく、こういう発想からしてガラにもない。

 なにやってんだろうな、俺は。

「まぁ、お嬢ちゃんのあの事情知ったら助けたくもあるわな。わしも協力してやるぞ、なんかあったら言ってこいや」

 と耳元で言い残し、スバルはとっとと去っていた。
 あのおっさん、相変わらず美味しいとこだけ取ろうとするその根性は怒りに値する。
 そしてマテロフは気づけばいなかった。

 やれやれ、頼れるのは自分だけか。

 ベトはまるで羽毛みたいに軽いアレを担ぎ直し、自分の部屋へと向かっていった。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇