新着記事

極真空手家が考える 強さを構成する5つの要素を完全解説!

強くなりたい 大体格闘技を始める人のそのほとんどが動機として抱えるのがこれだろう ...

“小よく大を制す”堺貞夫 世界王者松井章圭を追い詰めた極真の奥義のその神髄!

小よく大を制す 武道、主に柔道などで、いやそうでもない相撲などでも、格闘技でも使 ...

“戦慄のブラジリアンキック”グラウべフェイトーザ 人間凶器と恐れられた足技、秘密・ルーツに迫る!

二つの異名 戦慄のブラジリアンキック。 人間凶器。 この2つ名が、これ以上ないほ ...

塚本徳臣vs岡村繁美 “空手革命児”vs”鉄人”の長崎県大会史上ベストバウト!

前回の記事→ “空手革命家”塚本徳臣 上京から帰省しての第10回長崎県大会の活躍 ...

記事ジャンル一覧

Ⅴ/ただただ不安①

2020年10月9日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikukose

本編

 気づけばアレは、眠っていたようだった。

「……ん、んん?」

 瞼を開け、そして上半身を起こす。

 寝ぼけ眼、霞がかった意識。

 よく、理解できない。

 どういう状況なのか、ここがどこなのか、さっぱりわからない。

 ただ脱力しきった身体を、不思議に思っていた。

「――なんだろ? どこだろ、ここ?」

 見回すと、そこは暗かった。

 あまりよく見えないが、モノの輪郭ぐらいはなんとか。

 そこには束になった細いなにかが積み上げられ、棒状の何かが立てかけられ、そして鎧がたくさん無造作に置かれていた。

 ん?

 鎧?

 それに束になってるものに、棒状の何か――

 意識覚醒。

「――こ、ここどこ!?」

 思わず叫びアンド立ち上がり――頭を天井に、ぶつける。

 目に、火花が弾けるような痛み。

「たっ! たいたいたいっ……ぐす、ここどこ?」

 ごとんごとん、とその空間は揺れていた。

 それに積み上げられているものは藁に違いなく、そして棒状のものは剣だった。

 そして移動しているという事実からも、

「……馬車、なの?」

 確認しようにも、止まる気配はない。

 叫んでみようかとも思ったが、それもそれで恐い。

 連れ去られたと見て、間違いないだろうから。

 そこまで考えて、アレは直前の出来事を思い出した。

「ベト……」

 は、どうしたのだろうか?

 ひょっとしてここに連れてきたのは、ベトなのか?

 しかし真意を知る前に寝てしまった自分は、この状況下でどうすべきかわからない。

 とりあえず、立ちあがっては危ないし杖なしではそもそも歩けないから、四つん這いで移動してみることにした。

「んしょ、んしょ……」

 人生初の四つん這いは、なんだか杖とは別のところに力が必要だった。

 胸のあたりとか、あと擦れて膝が痛む。

 でも仕方ない。そのまま真っ直ぐ進んでみた。

 すると、人がいた。

 それも、3人も。

「ん? おぉ、目が覚めたかお嬢ちゃん」

 知らないおじさんが、話しかけてきた。

 たっぷりした身体の、ひげをたっぷりたくわえた。

 丸いという印象を受ける人だった。

 服は粗末なものをつけていた。

「…………」
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇