新着記事

黙想する大山倍達

: 空手および格闘技

黙想 稽古前後に行われるそこに秘められた、武道空手の深奥とは――

黙想 極真空手の稽古において、それを始める前に正座してまず初めに行われるものだ。 ...
白蓮会館世界王者北島悠悠

: 空手および格闘技

“白蓮世界王者”北島悠悠 南豪宏に次ぐ絶対王者として塚本徳臣とも激闘を繰り広げた必殺の飛び膝蹴り!

白蓮会館覇者 最強の侵略者である、白蓮会館、その初期を支えた絶対的な覇者であり、 ...
ロッキー・リンにアッパーを打ち込むリカルド・ロペス

: 空手および格闘技

ホワイトファング!リカルドロペス最強伝説 はじめの一歩越え衝撃アッパーが相手を場外まで吹き飛ばす!

史上最強リカルド・マルチネス 範馬刃牙でいう範馬勇次郎、ドラゴンボール超でいう破 ...
郭雲深の半歩崩拳

: 空手および格闘技

“半歩崩拳あまねく天下を打つ”郭雲深 郭海皇のモデル,史上最強の武術家 太氣至誠拳法澤井健一の師 王郷斎を弟子に持つ!

郭雲深 私の先生は実技のみではなく、空手のみではなく、様々なジャンルや、そして武 ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • 二十四話「2年前の事件」超本格格闘技小説顎

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  遥は、あれからずっと上の空だった。  授業中も、移動教室中も、お弁当食べてる時も、家に帰ってからテレビ見ててもご飯 ……

  • 第五話「双子」超本格格闘技小説顎

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  神薙家の遙の部屋では、兄妹(きょうだい)会議が行われていた。 「……なんなのよ、あの男」 「わかんないよ、俺にそん ……

  • Ⅴ/ただただ不安②

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「…………」  それに対してアレは凍結、無言で応えた。  初めて会う人間に、言うべき言葉は持っていない。  それにお ……

  • ⅩⅩⅦ/王との問答①

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  王の前に揃う敵の数は、正確には13。 おあつらえ向きに、不吉な数が残ってやがる。 体力も限界に近く手傷も負った現在 ……

Ⅳ/最悪な出遭い③

2020年10月9日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング
最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________


目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 アレからの反応はない。

「ん? あんたを」

「あなたが」

「あぁ、俺が」

「…………」

「えーと、理由は聞かねぇの?」

「あ……ありがとぅうっ」

 泣き出した。

 いきなり、前触れなく、それも壮大に。ボロボロと大粒の涙を地面にまで零して落とし、周囲に響き渡るほど大声で喚き散らす。

 それに男は思い切り、面喰らう。

「お、おぅ!? ど、どうしたあんたいきなり!?」

「だ、だって……! おばあちゃん死んじゃったし誰もいないしわたし外に出たことなくてだけど神様と世界を変えるって約束しちゃって……でも不安で怖くてそれで、え、ぇええ……ッ!」

「お、おぉう? そ、そうかそうか、そりゃあ大変? だった、なぁ……?」

「んく、ぅえ、おぇ、ぅえええゲホッ、ゴホッ!」

「うわ、大丈夫かよ!? ほ、ほら、水飲みな?」

「おえ、ごえ……! あ、あびばどぅ……」

 腰の水筒を渡され、吐く一歩手前に咽ながらそれを受け取り、喉を鳴らして飲む。ごくごくと、何の迷いも躊躇もなく。

 それを男は、不思議な生き物でも見るような心地で見ていた。

「お、おぉ~……」

「んく、ごく、ぅく……あ、ありがどぅうう」

 涙目は、変わらなかった。
 さっきまで凛としてて、さらには睨み、引っかき、ろくに立つことも出来ないのに杖をついてでも旅立とうとしていた娘だとは、到底思えなかった。

今のこの娘は、年相応――いや以下ぐらいに、弱々しく、脆く、儚く見える。


「……あのさ、」

「な、なんですぅ……ぅぐううぅう!」

 話しかけても、言葉を出すだけで泣き出してしまう。
 おそらくよっぽど張り詰め、思い詰めていたのだろう。

 もはやこの場所でのこれ以上の問答は、無理だと思えた。

「――も、いいや。とりあえず、一緒に行こう。ここにいたんじゃ飢えて、死ぬだけだし」

 そして再び、首のうしろと膝の下に手を回す。

 泣いて、両手で目を塞いでる間の所業。
 アレは泣くのに夢中で、気づかなかった。

 最初ベトは、からかうつもりでお姫様抱っこしようとしていた。

 だけど今度はお姫様抱っこしてあげたくて、してみた。

「う、うぅ……あなたの、名前は?」

 呼びかけに、傭兵は応えた。

「ベト。ベト=ステムビア」

「ベト……ベト、ベト……」

 自分の胸の中で泣きながら自分の名前を繰り返す少女の姿に、ベトは不思議な気持ちに襲われていた。

 それを言葉で表すすべを、ベトは知らなかった。


___________________
続きはこちらへ! → 次話へ進む
クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇