新着記事

Thumbnail of new posts 028

: 空手および格闘技

“格闘マシーン”黒澤浩樹 初出場優勝最年少 松井章圭と死闘,下段で一本勝ちの山を築き上げた軌跡!

魂の下段廻し蹴り それに命をかけた選手というのが私の知る限り、四人存在している。 ...
Thumbnail of new posts 076

: 空手および格闘技

“武芸者”木村靖彦 日本連続準優勝,世界連続6位で日本を支えた大黒柱!

左中段廻し蹴り 極真空手の歴史の中で、様々な得意技を持つ選手たちを見てきたが、そ ...
Thumbnail of new posts 065

: 空手および格闘技

極真史上最強に名を連ねる五人の空手家たち

極真史上最も強い人間とは誰か? そう考えた場合に、極真空手を20年以上行ってきて ...
Thumbnail of new posts 116

: 神アニメレビュー

【かおす寒鰤屋】この程度の雨なら濡れるのも風情だ――名作漫画名言

骨董がテーマのジャンプ漫画 ジャンプ漫画の中でも極めて珍しい、骨董をテーマにした ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • 第83話「僕が守るよ!」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  僕たちが指定席についたのが十二時二十分くらいで、隼人が一度死んだのが三十分頃で、蘇生するのに十五分かかったから、切 ……

  • 第36話「女の子に声をかけるぜ!①」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  ぴくん、と切間の体が反応し、 「……いってない。俺はやっぱり、家族にとって恥さらしだ」  いつもの切間らしからぬ暗 ……

  • 第65話「怒られた子供」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「入ったサークルが悪かったんだ。……いや、よかったのかな? あいつ、大学に入って勢いに押されて、一番最初に勧誘された ……

  • 第五話「双子」殴り蹴りあう空手家二人

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  神薙家の遙の部屋では、兄妹(きょうだい)会議が行われていた。 「……なんなのよ、あの男」 「わかんないよ、俺にそん ……

ⅩⅩⅢ/アレ=クロア③

2020年10月9日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

「い、いや、してませんよっ! それはいわゆる魔女でして、わたしは魔法使いで、その違いは――」

「なら、関係ないな。オレにとって問題は、あんたが魔女か――悪魔に憑かれてるか、ってところだけだったからな。あんたは、あんただろ?」

「え……あ、う、はい。わたしは、わたし? だと思います、はい」

「なら関係ないな。ンなことよりオレの剣を知らないか? ないとちっと心細くてね。あと、あんた自身はいまどこにいんだ? 助けに行ってやっから、いえよ」

 ニカッ、と笑う。
 ようやくすぅ、と胸のつっかえが取れた様な心地だった。
 これでもうなんの気兼ねもない。

 悪魔の掌で踊らされるっていうのは気分が悪かったから、ちゃんとこの子の意思で、この子自身がやりたいことを手伝ってるっていうんなら、もう迷うこともないだろう。

 すると人物は唐突に、

「剣は、ここにあります」

 がちゃん、という物音。

 そちらを見ると、身の丈もある棒状のなにか。
 間違いなく、自分の愛剣に間違いはなかった。

 拾い上げる。
 久しぶりの感覚に、頬ずりしたくなった。
 というか、頬ずりしてしまった。
 商売道具という観念を越え、もはや相棒の領域に達していた。
 いや手足か?
 近くに携えておかないと、落ち着かない。

「おぉ、あんた助かったぜ。じゃあこれからいってやるから、あんたの居場所――」

 そこで、気づいた。
 この場所が、おそらくは様々な押収品を収めた倉庫のような場所であるということ。
 カビ臭く、整理の欠片もなく無造作に無数の装備品が積み上げられている。
 隅には弓矢も大量にある。壁にはよくわからない布のようなものがかけられている。

 しかしそこに、人の気配はどこにもなかった。




 アレはひとり、寝室に通されていた。
 豪華な赤い絨毯が敷かれたその部屋には、天蓋付きのベッドがあり、その迫力にアレは一人気圧されていた。

「え、あ、の……?」

「さぁ、そこに座んなさい」

 戸惑うアレを、その老婆は奥へ促した。
 されるがまま、アレはベッドに腰を下ろした。

 それに不覚にも、アレは安堵してしまった。
 ベッドに腰を下ろすという行為に、懐かしさすら感じてしまって。

 目の前に、祖母がいた。

「おばあさん……」

「なに言ってるんだい?」

 違った。
 目の前にいたのは祖母ではなく、処女検査とやらを行う女官だった。

 それでわけがわからずここまで連れてこられて、この状況だった。
 ここで処女検査というやらを行うのだろうか?

 思っていると、女官はおもむろに顔をこちらに寄せてきた。
 皺の深く、白く濁ったその瞳に、アレは――どこか深い悲しみを、見た気がした。

「あんた本当に――」

「どうしたんですか?」

 女官の言葉を遮るような形で、アレの言葉が紡がれた。

 女官は一瞬、言葉を失った。

「……え? なんだい?」

「どうしたんですか?」

 まったく同じ言葉をアレは呟いた。
 目は真っ直ぐ女官を見つめ、身体を乗り出し、真剣に。

 それに女官は、たじろいだ。

「……なにを言ってんだい、あんた?」

「おばあさんに何かがあったのか、気になるんです」

「なんで気になるんだい? いまここで会ったあたしに……」

「関係あるんですか?」

「いや……そりゃ……関係ないこたないでしょうが?」

「そうなんですか?」

 すっかり水掛け論だった。
 一歩も前に進まない。

 そう考えたのだろう女官は言い方を変え、

「――なら、あんたはなんであたしに何があったのか気になるんだい?」
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇