新着記事

Thumbnail of new posts 097

: 空手および格闘技

“格闘マシーン”黒澤浩樹 初出場優勝最年少 松井章圭と死闘,下段で一本勝ちの山を築き上げた軌跡!

魂の下段廻し蹴り それに命をかけた選手というのが私の知る限り、四人存在している。 ...
Thumbnail of new posts 019

: 空手および格闘技

“武芸者”木村靖彦 日本連続準優勝,世界連続6位で日本を支えた大黒柱!

左中段廻し蹴り 極真空手の歴史の中で、様々な得意技を持つ選手たちを見てきたが、そ ...
Thumbnail of new posts 113

: 空手および格闘技

極真史上最強に名を連ねる五人の空手家たち

極真史上最も強い人間とは誰か? そう考えた場合に、極真空手を20年以上行ってきて ...
Thumbnail of new posts 112

: 神アニメレビュー

【かおす寒鰤屋】この程度の雨なら濡れるのも風情だ――名作漫画名言

骨董がテーマのジャンプ漫画 ジャンプ漫画の中でも極めて珍しい、骨董をテーマにした ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • Ⅺ/月が世界を食べる夜③

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  長年の経験という奴から、スバルはひとを言動よりもその”感じ”で判断する。  感じ、というの ……

  • 第19話「あの日のその後⑧」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  上芝(かみしば)大学のゼミの制度では自分のゼミが合わないと感じた場合、一度のみ、他のゼミに移る事を認めている。だが ……

  • 第96話「残心」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  それを聞いて隼人がサーブを打って、僕がレシーブして、彼女がトスで上げて、それに合わせてネット際に走りこんだ僕が跳び ……

  • ⅩⅢ/弓兵④

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  アレは普通に、身体を屈めて語りかけ続けるマテロフの前で杖をついて、立ちあがった。 「…………」  それにマテロフは ……

七十二話「特攻」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 闇の中を彷徨っていた。

 あの時は汗の海を這いずっていたが、よもや闇の中を彷徨うことになるとは思わなかった。
 どこまで行っても、闇。
 闇を抜けると、また新たな闇が現れた。

 ある意味これは、死と同じではないかと思った。
 闇の中を必死に歩いて、それでも見えるのは闇で、闇を歩いて闇に辿り着き、次の目的地も闇。

 光が、見たかった――

 冷たっ
 不意に、顔の温度が下がるのを感じた。
 どうやら、水を、浴びせられたらしい。

 まだやれと、いうのだろうか……
 その気持ちは、まるで呪いのように気持ちの奥底に沈殿していった。
 深い闇のさらに深いところ。
 闇の中にも浅いところと深いところがあることを、初めて知った。

 思う。
 憎い……

「がああッ!」

 立ち上がった天寺の上段前蹴りが、間六彦の頬を浅く切った。
 血が、赤い線を引いて、空中に描き出される。

 それを躱した間六彦は、体を翻して天寺の顔にガードの上から内回し蹴り――前蹴りと同じ軌道で蹴りだされるが、そこから廻し蹴りと反対の、内側からの孤を描き足の甲を使う蹴りを、叩き込む。
 天寺の両腕が顔に押し付けられ――

 そのまま天寺の体は、ゴミ屑のように宙に舞った。

 頭から床に激突し、二、三度バウンドしてうつ伏せに、動かなくなる。

「…………っ!」

 慎二はそれを見て、顔を逸らした。
 ――見て、いられなかった。

 今まで慎二は、人間同士が作り出す様々な残酷な場面を見てきた。
 慎二自身、内外で多くの喧嘩をしてきた人間だったため、学生の裏の顔、というものをよく知っていた。
 弱者への恐喝。集団によるリンチ。
 口を割らせるための拷問。
 それらを日常的に見てきた慎二は、そういうものには耐性がある方だった。

 しかし、それでもこの光景は見るに耐えうるものではなかった。

 あまりにも、力に差がありすぎる。
 これではまるで、赤子に手を上げる父親ではないか?
 そんなものをまともに見ていられるのは、変人か、頭がイカれた狂人だけだ。

 それでも哲侍は、天寺が膝を立てて体を起こすたびその傍に寄り、訊いていた。

「まだ、やるか?」





 おそらく、一言でも弱音を吐くなり首を振るなりの『否』の意思表示を見せれば、すぐにでもやめさせるつもりなのだろう。

 だが天寺からは、何の返答も反応も、無かった。
 ただ顔を跳ね上げ、野獣のように叫び、間六彦に飛び掛っていった。
 そのたびゴミ屑のように宙を舞い、床に這いつくばる。

 これではあんまりだった。
 見ている慎二の方も限界だった。
 誰かに止めてほしかった。

 だが――

 慎二はそこで、道場の隅の――見学者用のソファーに、目をやった。
 そこには、両手で制服のズボンを掴み、がたがたと震えながら必死の形相で――鋭い目つきでその光景を睨みつけている人物がいた。

 朱鳥だった。

「…………」

 兄妹でよく似た鋭い目つきをさらに険しくして、ひたすらに天寺と間六彦の組み手――死合いを、見つめ続けている。

 その様子は、尋常なものではなかった。
 顔色は真っ青で、妙な汗が顔全体を覆っており、肩も膝も小刻みに震えている。

 それでも朱鳥は一瞬も視線を外すことをせず、稽古が始まってからずっと――一時間、体勢すら変えずそれを凝視し続けていた。

 その肩を、傍で遥が抱いていた。

「…………」

 こちらも尋常ならざる様子だった。
 ハラハラした表情で、眉間にしわを寄せ、息を乱している。
 だがそれでも、妹のために気丈にふるまっているようだった。

 遥は天寺に、頼まれていた。

『オレが死んだら、骨は、お前が、拾ってくれ……』

 最初遥は、それが誇張であると思っていた。
 だが、現在これを見て、遥はそれが誇張でないと知った。

 天寺は、死にに行っていた。

 こんなものを、戦いとは呼ばない。
 特攻だ。ただ、打たれに、蹴られに、怪我をしに、倒されに行っている。
 そこに技術の駆け引きや体力の比べあいや気持ちの応酬などというものはない。
 一方的な責めがあるだけだ。
 こんなもので得るものがあるとは、到底思えない。

 それでも、天寺は続けた。
 特攻し続けた。
 遥もその獣のような姿を見て、覚悟を決めていた。

 天寺の姿を、見続ける。
 それで死んだら、骨は拾ってやる。
 乗りかかった船だ。
 ここまで来たら、最後まで見届ける。
 そのためには、自分も体を、気持ちを張る。

「……はるか」

 いきなり妹に、名を呼ばれた。

「……うん、なに? 朱鳥」

「……わたし」

「うん」

「……ごめん」

「うん、大丈夫……大丈夫だ」

 あとはじっと、二人で天寺の様子を見守った。

 二人もまた、戦っていた。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇