うつ病に効く映画「ツレがうつになりまして」

ツレがうつになりまして

最初の出会いは書店だった。
ポスター。

その時きらめく宮崎あおいが印象的だった。
今でこそ半沢直樹を始めとして様々なメディアに出ずっぱりの堺雅人は、その時はそれほど印象に残っていなかった。

うつ病になる約1年前ほどか。

その時から、1ヵ月半に1度、1週間から10日ほど自分でうつ期と呼んでいた、どうしようもなく何もかもが嫌になって、無気力になって、人から距離を取りたいんだけど人にかまって欲しいと言う時期のその辛さに悩まされていた。

いわゆる、うつ病予備軍だった。

そのポスターに、私は惹かれた。
ただなんとなく、宮崎あおいの方がうつ病になって、それを堺雅人が支える話だと勝手に想像していた。
なんとなくそんな配役だと、女性の方がそういう風になった方がなんか素敵だと。

だが実際は逆だった。
後に一緒に見た母も、それは意表をつかれたと言っていた。

私は、声を失うほどに引き込まれた。
途中3度は泣いた。
これまでに、おそらく10回以上は見ているだろう。

この映画の最も評価すべきところは、その生々しさだ。
この作品は、劇中でも語られているが、実際にうつ病患った連れが綴っている、日記をもとに構成されている。
それゆえに、些細なことや、細かいところのディティールが、まさに芯に迫ってくる勢いなのだ。

自分が、ゴミ捨て場に捨てられているゴミ袋よりも無価値に感じる。

今まで出来ていたことが、お弁当が作れなくなる。

電車に乗ることができず、ホームのトイレで吐いてしまう。

帰宅した途端に何もできずにベッドに倒れ込んでも、仕事を辞めることなんてできないと思い込む。

うつ病と言うものを知らない人にもぜひ見てほしいと思う。
その人の気持ちが、状況が、切実に分かってもらえると思う。

本人が1番苦しい。

頑張りたいのに頑張れない。

特に印象に残っているのが、仕事を辞めて、1番症状が厳しい時に降ってきた雪を、庭でくるくる回りながら見つめて、もっと降れ、もっと降れ、降って降って積もって積もって、電気も止まって、電車も止まって、全部止まってしまえ、と笑っているシーンだ。

自分を置いて、自分だけがどうしてもなくなった状況で、狂気の黒い闇に引き込まれた主人公を見て、奥さんは涙を流す。

そして決意する。

頑張らないぞ。

最後、ありがちに完治する事は無いけれど、それでも少しずつ少しずつできるようになってきたことに自分の誇りを取り戻しながら、前を向いて歩いていこうと言うエンディングを迎える。

この映画は、きっとあなたの救いになる。

___________________

関連記事はこちらへ! → うつ病・潰瘍性大腸炎、思考法及び羽生善治論

関連記事はこちらへ! → おすすめアニメ等、食べ物や日記

面白かったらこちらをクリック👍
 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング