メイド喫茶探訪記⑦「めいどりーみん、その1」

メイド喫茶探訪記も第7回目と言うことで、少々乗ってきた感じです(爆

今回は、空手の後輩やら何やらで、全国大会で大阪に行った時のことです。

初の大阪と言うことで、みんな盛り上がりに盛り上がっていました。まずは通天閣ではしゃいで、道頓堀を見下ろして、粉ものを食べ歩いて――

そして気づけば夜も深まり、店も閉まり、さて後はどんなふうに過ごそうかと悩んでいたところです。

いきなり自分に白羽の矢が立ちました、なんでだよ。

「青貴さーん、次どうしますー?」

「何、次は俺に決めさしていいのか?」

「頼んます、何か楽しいとこ連れてって下さいww」

馬鹿だなこいつは、何も学んでないなぁ。

そんなわけで、俺に決めさせたらこうなるだろうって言うことで、メイド喫茶に連れて行きました。

しかし問題は、時間帯。

夜の10時を回っていると言うことで、ほとんどの店が閉まってました。というか選択肢がありませんでした。

というわけで深夜営業してて、かつむちゃくちゃ他店を押しのけてごり押ししてる店、めいどりーみに向かいました。

めいどりーみんは、電気型のろうそくを持って店内に入り、それが消えるまでは確かめいどりーみんという国の中にいる、という設定だったと思いますおっと失礼設定なんてありませんそれが真実です唯一無二な!

国の中では、通貨は日本円ではなく、りーみん、という単位しか使えません。たまたまでしょうが、日本国の1円と99.999%を超えて100%同じ価値、世の中には不思議なものがあることですね。

店の中はまるでスーパーマリオワールド、ジャンプすると音が出るジャンプ台、キラキラ光るミラーボール、ちょっと古いけどまるでディスコ、今風に言えばクラブ(笑

調子が良い後輩、その弟の寡黙なやつ、そして自分の弟の4人で、果たしてメイド喫茶で盛り上がれるのが不安でした。

しかし、たまたまそこにいたメイドが、大変ノリが良くて、そしてたまたまちゃんと礼儀もしっかりしていたので、意外にも盛り上がりました!

特にドリンクを頼んだときにやる、定番の、両手の親指と人差し指でハートを作っての、もえもえきゅーんも、意外と4人でやると馬鹿馬鹿しくて笑えてきました(笑

絶対にチェキなんか取らないような弟まで一緒に撮るような結果になりました(笑笑


個人的にはあんまり押し売りのようなものは得意では無いし、萌えだとか、もえもえきゅんとか、そういうなオタク用語を安易に売り文句にしてほしくないというのが本音だったりします。

ですが一般人からしてみれば分かりやすい記号ですし、その時はこういう結果になったので、あまり食わず嫌いするのも良くないかもしれないなぁなんて考え直した思い出です笑笑
___________________

関連記事はこちらへ! → メイド喫茶探訪記

面白かったらこちらをクリック👍
 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング