新着記事

Thumbnail of new posts 114

: 空手および格闘技

“ヒットマン”長田賢一 空道北斗旗を通算7度制し,佐竹雅昭,極真と共に最強の一角に数えられた、一撃必殺のその打撃!

大道塾草創期の絶対王者 大道塾空道を代表する選手として、その草創期に多大なる活躍 ...
Thumbnail of new posts 191

: 空手および格闘技

ミッシェルvsアデミール 欧州最強の男と南米の星で繰り広げた星の潰し合い、世界最強を決める壮絶な戦い!

極真史上最高のBEST BOUT それを考えた場合私の頭に、3つの戦いが浮かんで ...
Thumbnail of new posts 139

: 空手および格闘技

残り1秒の奇跡 塚本徳臣vsローマン 会場総立ちにした究極の一撃必殺!

格闘技史上最高の盛り上がり 極真史上いやもしかしたら格闘技史上においても、最も会 ...
Thumbnail of new posts 043

: 空手および格闘技

本物のデンプシーロール!幕之内一歩の必殺技元祖ジャックデンプシー,その勇姿!!

ジャック・デンプシー 彼ほどあの漫画の影響で有名になったボクサーもいないのではな ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • #36「食堂」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  彼女は歩きながら振り返り、 「遼に、会いたくて」 「?」  結局疑問符だった。 夜に会えるじゃないか。そう思った。 ……

  • 超本格格闘技小説「顎」殴り蹴りあう空手家二人

    前書き 空手歴20年以上の経験を注ぎ込んだ小説 顎と書いて、あぎと、と読みます。 私は武道家の父を持ちます。 物心ついた時より空手を学んできました。行住坐臥、常に修行の日々を送ってきました。 強くなるにはどうしたらいいの ……

  • ⅩⅡ:無言魔法行使

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  二人同時、まったく逆の言葉が紡がれる。 その片方の意味がオルビナには掴めなかったが、こうなってはあとの祭りだった。 ……

  • #43「ままならない」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「マヤ……」 「遼、遼、遼……わたしは、わたしは、どうしたらいいの?」 「マヤがしたいように、すればいいと思うよ?」 ……

第68話「発作」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 僕は痛む頭を両手で押さえ、目を瞑ったまま地面に片膝をついた。
 耳鳴りがし、意識がぼやける。
 それを頭を振って抑えてなんとか顔を上げて、瞼を開き、そこで僕は動きを止めた。

 彼女が猛烈な勢いで頭を掻き毟っていた。
 目を堅く瞑って俯きながら、がしがしがしがしと両手をその長い髪の中で暴れ回らせる。
 何本も髪が抜け、そこには爪が食い込んだのだろう赤い血が付着していた。

 彼女が膝をついた。
 そのまま地面に額を叩きつけた。

 僕は言葉を失った。
 何度もごんごんと頭を叩きつける彼女。

 帽子は落ち、長い髪はカーテンのようにその顔を覆い、だけどその地面には真っ赤な血が付着していく。

「げええええっ」

 僕は目を剥いた。
 彼女がいきなり吐いた。

 そしてそのまま地面に転がり、白目を剥いて痙攣を始めた。
 彼女の長い髪が、黒装束が、砂で、吐瀉物で、白く汚れていく。

 そこまで見て、僕は動いた。
 自分でも圧倒的に遅かったと思う。

「暗戸さんっ!」

 叫びながら駆け寄り、肩を掴んで引き起こす。


 いきなり彼女が思い切り目を見開いた。
 突然のそれに、一瞬心臓が止まるかと思った。
 なんとか自制心を働かせ、彼女に呼びかける。

「暗戸さん、しっかりしてっ。落ち着いてっ」

 彼女はぶんぶんと頭を振り、体を折り曲げうずくまろうとする。
 それでも僕は根気強く言葉をかけ続けた。
 それ以外、やるべきことがわからなかった。

 突然彼女の動きが止まり、体の力が抜ける。

「暗戸さん!」

 呼び掛ける。
 あまりの唐突ぶりとぐったりした様子に、一瞬死んだのかと思った。

 左手の脈を取る。
 ちゃんと血は流れていた。

 気づくと、周りに人だかりが出来ていた。
 無理もない。
 真っ昼間に往来の真ん中で叫んだり倒れたりすれば人も集まる。

 でも、今はそれを気にしている余裕はない。
 彼女がとりあえず落ち着いたことに安堵して、顔を見る。

 心臓が跳ねた。

 彼女は泣いていた。
 彼女の頬には、ハッキリと涙が伝っていた。

 ……何が、

 彼女は虚ろに目を開き、以前のような無表情でこちらを見ている。

 ……何が、あったんだよ。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇