新着記事

黙想する大山倍達

: 空手および格闘技

黙想 稽古前後に行われるそこに秘められた、武道空手の深奥とは――

黙想 極真空手の稽古において、それを始める前に正座してまず初めに行われるものだ。 ...
白蓮会館世界王者北島悠悠

: 空手および格闘技

“白蓮世界王者”北島悠悠 南豪宏に次ぐ絶対王者として塚本徳臣とも激闘を繰り広げた必殺の飛び膝蹴り!

白蓮会館覇者 最強の侵略者である、白蓮会館、その初期を支えた絶対的な覇者であり、 ...
ロッキー・リンにアッパーを打ち込むリカルド・ロペス

: 空手および格闘技

ホワイトファング!リカルドロペス最強伝説 はじめの一歩越え衝撃アッパーが相手を場外まで吹き飛ばす!

史上最強リカルド・マルチネス 範馬刃牙でいう範馬勇次郎、ドラゴンボール超でいう破 ...
郭雲深の半歩崩拳

: 空手および格闘技

“半歩崩拳あまねく天下を打つ”郭雲深 郭海皇のモデル,史上最強の武術家 太氣至誠拳法澤井健一の師 王郷斎を弟子に持つ!

郭雲深 私の先生は実技のみではなく、空手のみではなく、様々なジャンルや、そして武 ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • 第71話「不器用で、無様で、滑稽」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  携帯が震えた。 すぐに見る。 『なんで、私のことが知りたいの?』  逃げ道を塞がれたと思った。 前回は、なんか、と ……

  • 三十六話「困憊」超本格格闘技小説顎

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  それでも素人がやるとくたくたになる。 天寺は素人ではないが、それでも100回を越えた辺りから相当な疲労が全身を襲っ ……

  • 第62話「りゆう」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  支障はない……のか? 「い、いいかな?」  今までネガティブな訊き方ばかりしてたから、ここで方向を変えてみる。   ……

  • #43「ままならない」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「マヤ……」 「遼、遼、遼……わたしは、わたしは、どうしたらいいの?」 「マヤがしたいように、すればいいと思うよ?」 ……

Ⅺ/月が世界を食べる夜①

2020年10月9日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 ベトはあのあとアレを抱えて、部屋まで連れてきた。

 そして自分のベッドに横たえたあと傍の椅子の上に自身も座り込み、あとはじっ、とアレの様子を見守り続けていた。

 こんなに誰かを見ていたことはなかった。

 ベトは基本的に、他人に対して関心が薄い方だった。他人がすることに口出しすることはないし、逆に口出しされるのを酷く嫌う。
 そして楽しくやってくれればいいが、自分は巻き込まないで欲しいと思うタイプだった。
 だから他人の動向など、基本それほど気にはならなかった。
 もちろん戦闘の作戦行動中は話が別になるが。

 なんなんだ、とベトはアレを見てずっと考えていた。

 行動が、まったく読めない。

 話すら、うまく疎通できない。

 結果的に、理解に苦しむ。

 だけど、気持ちは伝わってきた。

 そこに駆け引きや、損得といった感情が、無い、に等しい。
 もちろん断定はできないが。

 それでなぜ生きていけるのか、ベトには不思議で仕方がなかった。

 いや事実としてアレは今まで自身が生まれた家で祖母に守られ、野盗に襲われた時もたまたま自分たちがちょうど駆けつけたため、難を凌いでいた。

 いつも、誰かしらに守られてきた。

 ただ、偶然に頼り切ってきた。

 幸運に、恵まれてきた。

 だけど事実として、この娘は生きてきた。

 その芯のこもった言葉に、みな心打たれている。

 この自分をですら、心乱されている。

「…………」

 わからない。
 そんな生き方を、ベトは知らない。
 そんな在り方を、ベトは知らない。
 でも自分がそれに心奪われているのも、事実だった。

 理解したい。
 そう思っていた。

 損得抜きで、純粋に。
 そう思ったのは、初めてのことだった。

 なぜか?
 それすら、よくわからなかった。
 わからないことだらけで、考え過ぎて、とりあえずその対象であるアレをベトはじっと見つめていた。

 こうして見ると、ただの娘だ。
 それはただの、信じられいほど美しい娘だった。
 なんの力もない、どこでにもいるで、どこにも見当たらない――

「……ん、んん」


 アレが、目を覚ました。目を擦り、上半身を起こす。
 以前と似たようなシチュエーションに、なぜかベトは笑顔を作っていた。
 怖いというか、笑って欲しいというか、なんというかという心境で。

「おう、起きたな」

 アレは?といった感じの寝ぼけ眼でこちらを向き、

「…………」

 無言。

 それにベトは、言葉を失う。

 無言というものは、意外とプレッシャーがあるものだと思った。
 特にアレの場合、心情が読みにくい。
 皮肉な話だった。

 今まで楽しい時は笑い悲しい時は喚き怒った時は暴れる粗野な男どもしか相手にせず楽してきたことへの、しっぺ返しのようだった。

 しかも、長い。

「……そ、そういや腹、減ってねーか?」
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇