新着記事

Thumbnail of new posts 024

: 神アニメレビュー

【かおす寒鰤屋】この程度の雨なら濡れるのも風情だ――名作漫画名言

骨董がテーマのジャンプ漫画 ジャンプ漫画の中でも極めて珍しい、骨董をテーマにした ...
Thumbnail of new posts 121

: 神アニメレビュー

【Dr.STONE】楔を打ち続ける!石神千空×コハク邂逅の時!

異色な科学漫画 それまで様々な漫画やアニメやゲームやライトノベルなどあらゆる媒体 ...
Thumbnail of new posts 120

: 空手および格闘技

奇跡の逆カウンター”クリスクロス”長谷川穂積vsウィラポン2伝説の一戦!

カウンターのカウンター「クリス・クロス」 この言葉を、その意味を初めて知ったのや ...
Thumbnail of new posts 133

: 空手および格闘技

”幻の右”の真実!ガッツ石松日本初のタイトル奪取 はじめの一歩ヴォルグザンギエフのホワイトファングの如き一撃!

幻の右 ガッツ石松と言えばOK牧場を中心とした、現在ではバラエティー番組に引っ張 ...

記事ジャンル一覧

ⅩⅨ/決別①

2020年10月9日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 スバルの言葉を抑え、ベトは歩み出た。

 既に建物の周りには、人垣が出来ていた。
 19人の仲間たちが勢ぞろいして、こちらを見守っていた。

 その中には熱血漢のレックスも、お高い弓姫のマテロフもいた。
 その誰もがみんな、表情に動揺と、瞳に心配の色を湛えていた。
 まったく、どいつもこいつも傭兵をやるにはお人よし過ぎンだよな。

 ベトは頭をボリボリかきながら、その人垣を割っていく。
 後ろではアレが両手を前で組み頭をペコペコ下げながらついてきている。
 これから国軍とやり合おうって女の行動じゃねぇよな、これも。

「ベト」

 スバルが、隣で声をかけてくる。
 それにベトは立ち止らず視線も送らず、

「……世話になった。もう会うこともないだろう。出来れば、長生きしてくれや」

 一瞬息のつまったスバルだったが、

「……わしの息子にしちゃあ、上出来な門出よ。だが――」

 最後に、右手を両手でわしづかみにされた。
 それにベトは正直驚き、視線をよこし、

「――死ぬな」

 初めて、見た。
 スバルのそんな、必死な表情。

 だから結局、ベトはなんと答えてよいかわからず、

「……あ、ああ」

 そして手は、離れた。
 そしてベトはしばらく、その手を左手で擦っていた。

 感触は、しばらく消えなかった。

「アレ」

 そしてアレもまた、声をかけられていた。
 振り返ると、そこにはこちらを見つめるマテロフと、そっぽを向き鼻をかくレックスの姿があった。

「あ……マテロフさんもレックスさんも、今までお世話になりました。もう会うことはないかもしれませんけど、どうかお二人とも、お元気で――」

「……おい、お前さ」

 言葉の途中で、レックスが口をはさんだ。
 しかしそれはちょうどマテロフも声を掛けようとしたタイミングで、出鼻を挫かれた形になり少しマテロフはこめかみを痙攣させる。

 そんなことには気づかずレックスは前に出て、

「……死ぬんだぜ? わかってるかもしれねぇけど、そりゃあ死ぬって怖いぜ? それでも世界を変えなきゃ……なんねんだよな。契約、だったっけ?」

「はい、契約しました。神様と。だからわたし、既に死んでるんです」


『……くっ!』

 その姿を、まともに見ていられる者はいなかった。
 ほとんどが顔を背け、鼻をつまみ目頭を押さえ、涙をこらえている。

 短い付き合いだったが、彼女の献身的な姿勢はみなの心を捉えていた。
 その根底にあるのは、命をすら投げ出すような自己犠牲の精神だった。

「どうしても――と聞きたいけど、もう言わないわ。貴女の心は、もう決まってるから。レックスももう、いいわね?」

 マテロフが優しく尋ねると、既にレックスは後ろに下がって両腕で顔を覆い隠していた。

 激情屋なのは、素直の裏返しだった。
 今まで散々裏切られてきたから、希望が持てるものに対しては疑ってかからないと、精神が持たなかったから。
 ここはそんな男たちで、溢れていた。

「でも、どうか覚えておいて。私は――私たちは、貴女のことを覚えてる。信じてる。だからそんな……死んでるだなんて、思わないで」

 言って、マテロフはアレの手を強く握った。
 両手で思いのたけを込めて。
 どうか届いて欲しいと、そんな願いを込めて。

 アレはそれにただ――いつのように笑って、

「ありがとうございます。わたしもみなさんのこと、覚えてます。だからどうか、みなさんお元気で」

 最初と同じ言葉を、紡いだ。

「別れの挨拶は、済んだか?」
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇