新着記事

黙想する大山倍達

: 空手および格闘技

黙想 稽古前後に行われるそこに秘められた、武道空手の深奥とは――

黙想 極真空手の稽古において、それを始める前に正座してまず初めに行われるものだ。 ...
白蓮会館世界王者北島悠悠

: 空手および格闘技

“白蓮世界王者”北島悠悠 南豪宏に次ぐ絶対王者として塚本徳臣とも激闘を繰り広げた必殺の飛び膝蹴り!

白蓮会館覇者 最強の侵略者である、白蓮会館、その初期を支えた絶対的な覇者であり、 ...
ロッキー・リンにアッパーを打ち込むリカルド・ロペス

: 空手および格闘技

ホワイトファング!リカルドロペス最強伝説 はじめの一歩越え衝撃アッパーが相手を場外まで吹き飛ばす!

史上最強リカルド・マルチネス 範馬刃牙でいう範馬勇次郎、ドラゴンボール超でいう破 ...
郭雲深の半歩崩拳

: 空手および格闘技

“半歩崩拳あまねく天下を打つ”郭雲深 郭海皇のモデル,史上最強の武術家 太氣至誠拳法澤井健一の師 王郷斎を弟子に持つ!

郭雲深 私の先生は実技のみではなく、空手のみではなく、様々なジャンルや、そして武 ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • 第80話「彼女も誘う!?」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「お前、えらい気が抜けてねぇか?」 「わかる? 暗戸さんとか隼人と話してると、凄い疲れるんだよ。だからこういう時間は ……

  • #17「老い先短い命」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  湯気が立つ湯のみが、こちらに差し出される。 それを受け取ると、熱く、そして茶のそれ以外のものも伝わるような気がした ……

  • 二十二話「――痛い」超本格格闘技小説顎

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  その顔を見て、遥は息を呑んだ。  あれだけやられたあとで、こんな表情を、この男は作れるのか――  事実この立ち位置 ……

  • ⅩⅨ/決別①

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  スバルの言葉を抑え、ベトは歩み出た。  既に建物の周りには、人垣が出来ていた。 19人の仲間たちが勢ぞろいして、こ ……

第36話「女の子に声をかけるぜ!①」

2020年10月8日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 ぴくん、と切間の体が反応し、

「……いってない。俺はやっぱり、家族にとって恥さらしだ」

 いつもの切間らしからぬ暗い、愚痴っぽい口調だった。

 本音が出てるな、と僕は思った。
 こんなにこいつが酔ったのは、ひょっとしたら家で何かあったからかもしれない。

「――へ。俺は、大丈夫さ。天下の切間敦さまだからな。へいきへいき。そんなことより、お前だよ。俺は実はお前が心配でたまんないんだよ。しろしろしろしろ、真っ白くん。世間知らずなお前がいつもびくびくしながら生きてるのを見てると俺は、はらはらして夜も眠れないんだよ」

 ――なんとなく、胸に"くる"ものがあった。

「……なんだよそれ。僕のどこが世間知らずでびくびくしながら生きてるって言うんだよ」

 そんな僕を切間は薄く笑いながら、

「へへ。ま、明日はせいぜいびびって動けなくならないように、気合入れていけ、よ……」

 何か返事をしようとして、やめた。
 そのまま切間は寝息を立て始めた。

 なんとなく顔を伏せて、手に残ってるリンゴ酎ハイを一気に空にした。
 視線を窓の外に移し、決意を固めた。

 明日だ……。


 次の日。

 授業を終え、昼休みになり、決意を秘めていつもの場所に向かう。

 耳に、悲鳴の残滓(ざんし)が残っていた。
 昨日の夢は酷かった。
 二日続けてあれを見るなんて滅多になかったのに、やはり、怖がっているのだろうか?

 いつもより酷かった悪夢を忘れるように堅く拳を握り締めて、階段をのぼった。
 購買前の行列や集まっている人たちの服装が目に入る。
 長袖だけだったのが今じゃ半分ほどは半袖が混じっていて、季節の変わり目を感じさせた。
 そういえば教室のエアコンもいつの間にかクーラーに切り替わっていた。

 一気に階段を駆け上がり、ドアを開ける。
 観客席の上の、天窓の外の風景が目に入る。
 胸がすくような真っ青な空が広がっている。
 元気が出た。
 きっとうまくいく。

 視線を下げる。
 彼女はいつもようにいつもの場所にいた。
 全身どころか雰囲気すらも覆っているような、黒衣。
 真っ直ぐに前だけを見据えたその瞳。
 左から二番目のパイプ椅子。

 心を落ち着かせて、深呼吸をする。

 躊躇(ためら)ったらダメだ。
 躊躇えば、きっとタイミングを失う。
 深呼吸をしなが数をかぞえる。

 ……三……二……一、
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇