新着記事

Thumbnail of new posts 019

: 空手および格闘技

“不退転の覚悟”マイケル・ヤング 三瓶啓二,ミッシェルウェーデル,増田章ら超強敵と闘い闘志を見せつけたその勇姿!

三瓶啓二のアバラを叩き折る フィジー、そしてオーストラリアの極真空手家、マイケル ...
Thumbnail of new posts 152

: 空手および格闘技

間柴了の必殺技モデルトーマス・ハーンズのフリッカージャブでパブロ・バエズを衝撃K.O!

間柴了 主人公幕之内一歩の初期のライバルであり、現在でもメインキャラであり、幕之 ...
Thumbnail of new posts 060

: 空手および格闘技

“ヒットマン”長田賢一 空道北斗旗を通算7度制し,佐竹雅昭,極真と共に最強の一角に数えられた、一撃必殺のその打撃!

大道塾草創期の絶対王者 大道塾空道を代表する選手として、その草創期に多大なる活躍 ...
Thumbnail of new posts 009

: 空手および格闘技

ミッシェルvsアデミール 欧州最強の男と南米の星で繰り広げた星の潰し合い、世界最強を決める壮絶な戦い!

極真史上最高のBEST BOUT それを考えた場合私の頭に、3つの戦いが浮かんで ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • 第96話「残心」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  それを聞いて隼人がサーブを打って、僕がレシーブして、彼女がトスで上げて、それに合わせてネット際に走りこんだ僕が跳び ……

  • 第65話「怒られた子供」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「入ったサークルが悪かったんだ。……いや、よかったのかな? あいつ、大学に入って勢いに押されて、一番最初に勧誘された ……

  • 六十二話「空手の目的」殴り蹴りあう空手家二人

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  手の平。  突っかけようとした纏が最初に目にしたのが、それだった。 自分に向けて真っ直ぐに突き出された、右の手の平 ……

  • Ⅳ:世界の危機

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  どうやってそういう状況になったのか、なんの記憶もなかった。 「どうかね、少しは落ち着いたかね?」  最初に耳に入っ ……

六十四話「左中段廻し蹴り――左ミドル」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 決勝戦は、音が幕を上げた。

 足の甲の部分のサポーターが叩きつけられる、弾けるよう快音が会場に響き渡る。
 纏の左足から放たれた閃光のような速攻が、夕人の右のガードの上を直撃したのだ。

 それは相手――夕人のお株を奪うような、強烈無比な左中段廻し蹴りだった。

 二人の身長差は激しい。
 通常ならば水平に叩きつけられるそれも、纏は自分の肩の高さに蹴り上げていた。

 だが、その威力は微塵も衰えを見せていない。
 天寺を一撃で倒してのけたあの、最強の技。
 その凄まじい衝撃で夕人の空手衣はたなびき、試合場からは埃が舞い上がったようにすら見えた。

 二人の姿が交錯している。

 それは、時間にすれば1秒にも満たない時間だったに違いない。
 だが、それはしばらく時が止まっているようにすら見えた。

 纏の姿は美しかった。
 右手はぴたりと顔の上に被され、左腕は限界まで後ろに振り切られ、軸足である右足は完全に180度返され、些かのブレもなく真っ直ぐに伸ばした左足の脛を、相手の右腕のガードの上に叩きつけている。
 その完璧な一連の動作を行うその表情は、いつものようなどこかボンヤリとした堅いものだった。

 夕人は、眉間に僅かにしわを寄せていた。
 この蹴りの威力に、少なからず驚嘆しているようだった。
 左手は真っ直ぐ前に、右手は締めて、しっかりとアゴと脇を守り、その上に左脚を押し付けられている。

 その光景を目にしている天寺の中で、ある一つの疑問が生じていた。
 左中段廻し蹴り――左ミドル。

 夕人は今までの試合、ガードの上から左ミドルを叩き込む戦法を得意とし、軸としてきた。
 それにより間合いを保ち、リズムを保ち、さらに相手のガードすべき腕そのものを破壊するのだ。
 対戦相手は夕人が作る間合いの中には踏み込めず、夕人のリズムでの戦いを余儀なくされ、攻め込まれ、気づいた時にはガードする腕も使い物にならなくなっていて――接近しての飛び膝、中段膝、ローの、上中下三択のいずれかで、とどめを刺されるのだ。

 よく考えてみれば、驚くほど考えられた隙のない、完成された戦法だ。

 だが、纏はサウスポー――右腕前だ。
 距離が近くなりすぎて、ある程度の間合いが必要な左の中段廻しで右腕を叩くのは、難しくなる。
 軸であり基点である左ミドルが出し辛いとなると、そもそも戦法自体が大きく変わってくるだろう。

 ――どうするのだろうか?





 纏の左ミドルに、夕人は驚いていた。

 夕人は今まで、キックボクサーとして日本とタイで三十を超える試合をこなしてきた。
 その中で思ってきたことが、日本人のスタイルはほとんどパンチとローということだった。
 接近して、ただ無様にその一番単純な技を繰り返す。
 ミドルやハイなどの他の蹴りは、まともに蹴れないやつが多い。
 だから夕人がラジャダムナンで戦っていた時、その異質さにみな驚いていた。

 だが、このミドルはそれに遜色ない。
 ……それどころか、単純な重さだけならオレより上ではないか、と夕人は眉をひそめていた。

 ――笑っては、いられないか?
 夕人は気持ちを引き締めた。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇