新着記事

Thumbnail of new posts 073

: 空手および格闘技

“不退転の覚悟”マイケル・ヤング 三瓶啓二,ミッシェルウェーデル,増田章ら超強敵と闘い闘志を見せつけたその勇姿!

三瓶啓二のアバラを叩き折る フィジー、そしてオーストラリアの極真空手家、マイケル ...
Thumbnail of new posts 001

: 空手および格闘技

間柴了の必殺技モデルトーマス・ハーンズのフリッカージャブでパブロ・バエズを衝撃K.O!

間柴了 主人公幕之内一歩の初期のライバルであり、現在でもメインキャラであり、幕之 ...
Thumbnail of new posts 028

: 空手および格闘技

“ヒットマン”長田賢一 空道北斗旗を通算7度制し,佐竹雅昭,極真と共に最強の一角に数えられた、一撃必殺のその打撃!

大道塾草創期の絶対王者 大道塾空道を代表する選手として、その草創期に多大なる活躍 ...
Thumbnail of new posts 160

: 空手および格闘技

ミッシェルvsアデミール 欧州最強の男と南米の星で繰り広げた星の潰し合い、世界最強を決める壮絶な戦い!

極真史上最高のBEST BOUT それを考えた場合私の頭に、3つの戦いが浮かんで ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • ⅩⅦ/愛と優しさ①

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「ほォ……いいのか、マテロフ」 「はい、いいです。すごくいいです。わたしマテロフさん、大好きです」 「そんなにか…… ……

  • 四十八話「ゼッケン44番」殴り蹴りあう空手家二人

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  それを、天寺は壇上から見て斜め下――丁度S席のパイプ椅子の群れと、一階席の間の通路から見ていた。 仁王立ちし、腕を ……

  • Ⅴ/ただただ不安②

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「…………」  それに対してアレは凍結、無言で応えた。  初めて会う人間に、言うべき言葉は持っていない。  それにお ……

  • 第33話「五月二十九日、木曜日②」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  以前受けた印象と同じ、食事を必要な作業のように行っている節が見受けられる。 ……クールだ。 やはり親族の誰かが死ん ……

ⅩⅩⅢ/アレ=クロア②

2020年10月9日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 声が、低くなる。
 ありえない。
 自分がここまで接近されるまで、気づかないなんてことが。

 自然手は、剣の柄へ。
 抜刀術は得意ではないが、まぁやって人並み以上にこなせる自信はもちろんある。
 その間、おそらくは0,4秒ほど。

 その時間を、果たして目の前の人物はくれるか?

「こんにちわ、ベト・ステムビア」

 聞き覚えのある声に、全身の血液が急速に冷めていった。

「……まともに話すのは、初めてかね?」

「そうデスね。お初に、というところですか?」

 ひとを喰った物言いは、確かにあの夜自分の部屋でスバルと話していたものだった。
 どこか人の言葉を真似ているような、滑稽な発音。

 単刀直入の、質問。

「で。お前、誰だ?」

 あんたとは呼ばない。

「わたしは、アレ・クロアです」

「違う」

 お前は、彼女じゃない。

「どうしてデスか?」

「あの子は、そんな風に喋らないからだ」

「ベト……わたシを、信じてクレないんでスカ?」

 振れる。
 気持ちが。
 そこから、感じられるものが、判断できるものがない。

 同情を誘っているような、もしくは罠にかけるような気配を、感じ取れない。
 なんなんだ、これは?

「……お前は、なんだ?」

「わたしは、アレ・クロアです」

 そこで至る、疑問。

「アレ・クロアとは……なんなんだ?」

 彼女は二コリと、笑ったような気がした。

「アレ・クロアとは、魔法使いです」

 せんせいからすら聞けなかった単語を、聞く羽目になった。





 まずこの状況が、尋常ではなかった。

 自分はアレを探しに、石牢を出て危険な城内を歩き回り剣を求め貴族を殺し、こうしてここに至ったはずだった。
 誰もいないパーティーホールを抜けて、渡り廊下から離れのこの建物は、いったいどこなのか?
 わからずただ導かれるように、事ここに至っていた。

 魔法使い。

 それがなんなのか、気にならないでもなかった。
 この状況も、不可思議ではあったが。

 なんだか身体の中から、少しづつ歪み、周囲と溶け込んでいくような心地を味わっていた。

「……オレを、どうするつもりだ?」

 だからなのか、意図と関係ない質問が口をついていた。
 輪郭すら定かではないその人物は今度は優しげに微笑んだような気配を見せ、

「なにもしません」

「あの子を、どうするつもりだ」

 質問に、人物は僅かに落胆したような雰囲気を滲ませた。

「あの子、っていうのはわたしのことですか?」

「同じなのか?」

 理解の外で、会話は進んでいく。
 まるで自分の身体が、自分のものではないようだった。

「わたしは、わたしです。わたしはアレ・クロア(あの子)であり、わたしはアレ・クロア(わたしじしん)なんです」

「ならなんで、そんなに喋り方や雰囲気が違うんだ?」

「例えるなら、過去のわたしと現在のわたしだからです。封じられたわたしと、表に出ているわたしといってもいいかもしれません」

「過去……」

 そういえば、とベトは思う。

 アレは昔から、祖母と暮らしていたという。
 そして家のベッドの上で、ただ街を眺めて生きていたと。

 だがその経緯については一切語らなかった。
 父母は?
 生まれた状況は?
 祖母に至るまで。

 さらにはなぜ足を不自由にしているのか?
 なぜ家から一歩も出さなかったのか?

 疑問だらけだった。
 しかしそれを、アレは疑問にもしていなかった。

「あんたの過去に、なにかあったってことか?」

「あったというより、過去、わたしは……いえ、」

 そこでアレは、なぜか言葉を濁した。
 それにベトは、頓着しなかった。

 のんびり話をしている暇は、今はなかった。

「それであんたは、なぜいまオレの前に姿を現した?」

「聞いておきたくて」

「なにをだ?」

「わたしは魔法使いです。普通の女の子じゃありません。そんなわたしに、それでもあなたは……」

「悪魔と契約でもしたのか?」
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇