新着記事

Thumbnail of new posts 168

: 空手および格闘技

“格闘マシーン”黒澤浩樹 初出場優勝最年少 松井章圭と死闘,下段で一本勝ちの山を築き上げた軌跡!

魂の下段廻し蹴り それに命をかけた選手というのが私の知る限り、四人存在している。 ...
Thumbnail of new posts 044

: 空手および格闘技

“武芸者”木村靖彦 日本連続準優勝,世界連続6位で日本を支えた大黒柱!

左中段廻し蹴り 極真空手の歴史の中で、様々な得意技を持つ選手たちを見てきたが、そ ...
Thumbnail of new posts 158

: 空手および格闘技

極真史上最強に名を連ねる五人の空手家たち

極真史上最も強い人間とは誰か? そう考えた場合に、極真空手を20年以上行ってきて ...
Thumbnail of new posts 063

: 神アニメレビュー

【かおす寒鰤屋】この程度の雨なら濡れるのも風情だ――名作漫画名言

骨董がテーマのジャンプ漫画 ジャンプ漫画の中でも極めて珍しい、骨董をテーマにした ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • 第92話「発光体」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  それにより、僕の思考は停止する。  とっくに僕ら三人は着替え終えて、熱い砂の上で彼女が更衣室から出るのを待っていた ……

  • 二十五話「信じらんねぇ」殴り蹴りあう空手家二人

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  信じられない。  もはや遥は、勉強をしていなかった。 ただ目を閉じて、目元を抑えて、声を出して笑っている。  まる ……

  • 十四話「煉仁会」殴り蹴りあう空手家二人

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  聞こえたのは、風の唸り。  感じたのは、髪が揺れる風圧。  見えたのは、目の前の木の葉が掻き消えた事。  でも結局 ……

  • 第64話「真夏の陽炎」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「えーと……じゃあ、アクセサリー屋は、どう? それ」  ともやっぱり帰る? と続けようと思ったが、それを遮るように彼 ……

#21「話したい」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 続きがあった。それも意外な、初耳な。 

 棚多さんがどんな表情をしてるのか、見たくてたまらなかった。 
 だけど出来なかったから、せめてものと思って掲げた手首の親指を、立てた。 

 棚多さんは、察してくれたようだった。 

「周りはみんな、知ったようなことを言いますなあ。恋に破れりゃ人間の半分は女だとか、良薬は口に苦しだとか。しかし実際、当事者になってみりゃわかりますが、ことはそう理屈で割り切れるようなもんでもないわけですし。少し考えればそんなこと、わかりそうなもんですがなあ」 

「そう、ですね」 

 事実ではあると思う。というよりその通りだろう。
 だがそれをここまで赤裸々に語るひとにあったことがない。というより、考えたこともない。 

 だが、そうだ。
 理屈だ。なにもかも。 

 そしてひとの心は、理屈じゃ割り切れない。 

「そうか……」 

「おや、どうなされましたかな成海さん?」 

 穏やかな棚多さんの言葉は、耳に心地よかった。
 なにを強要するでも、押しつけるでもなく、ただ心の裡を語ってくれる。

 それが、心地よかった。 
 だからこそこんな状態でも、さっきの一言は絞りだされたのだろう。 

「いや、なんだか棚多さんがいう意味が、わかったような気がしまして」

「ほっほ、そうですか? それは、どういう意味ですかな?」

「人生の旨味、ってやつですか?」

「ほっ、人生の旨味、ですかな?」

 おかしい。

 男二人がお互いに疑問形の言葉を囁き合っている。
 疑問と疑問ならば通常会話は成り立たず、必然それは日本語しても間違っている筈だった。

 だけどぼくは、それが心地いいと感じていた。

 なぜルールなんてものが存在するんだろうか?
 苦しくて、面倒で、いいことなんてひとつもない。

 だけど元来ルールなんて、自然の中に存在していないものの筈なんだ。
 ぼくが勝手に、守らなくてはいけないと勘違いしてた、だけじゃないか。

 それ以上、棚多さんは追及してこなかった。
 それにぼくも言葉を休め、視線を窓の外に移した。

 赤い赤い夕暮れは、美しかった。
 それこそまるで、地球の心臓が破れ、血が溢れだしてるみたいに。

「まるで、血のようですなあ」

 同じ感性を共有出来るということを、実体験として初めて知った心地だった。





 そして夜がやってきた。

 その間の記憶はほとんどない。
 限界だった身体が、自動で意識のブレーカーを切ったのだろう。
 長い入院生活を続けていれば、ままあることだった。だから驚きはしない。

 話したいことがたくさんあった。

「あ……」

 それに、言葉が口から漏れる。
 今まで十七年間生きてきて、それはほとんどない経験だった。

 なのにこの二週間ほどで、何度も経験した。

 話したい。

 自分の事を、語りたい。
 相手の事を、知りたい。

 本当に、心の底から。
 その欲求が、心から、身体から、溢れていた。

 今までぼくはなんて無為な時間の過ごし方をしてきたのだろうと思っていた。

 この欲求に比べれば、利口な振りをして相手をやり過ごすことのなんと低レベルなことか。
 今はそんなことをする意味が、正直かなり掴みにくかった。

 だけど同時に、それを行うぼくもやはりぼく自身では、あったりもした。

 結局、という言葉を使おうとして、やめた。
 まだぼくは結局という言葉を使えるほど、人生を生きてはいなかった。
 結局なんて悟った言葉は、死の淵になって使えばいいかと考え直した。

 今はそんなことよりも、彼女が待ち遠しかった。

「…………」

 一時間、待った。
 彼女は、現れなかった。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇