新着記事

ロッキー・リンにアッパーを打ち込むリカルド・ロペス

: 空手および格闘技

ホワイトファング!リカルドロペス最強伝説 はじめの一歩越え衝撃アッパーが相手を場外まで吹き飛ばす!

史上最強リカルド・マルチネス 範馬刃牙でいう範馬勇次郎、ドラゴンボール超でいう破 ...
郭雲深の半歩崩拳

: 空手および格闘技

“半歩崩拳あまねく天下を打つ”郭雲深 郭海皇のモデル,史上最強の武術家 太氣至誠拳法澤井健一の師 王郷斎を弟子に持つ!

郭雲深 私の先生は実技のみではなく、空手のみではなく、様々なジャンルや、そして武 ...
輪島功一のカエルパンチ

: 空手および格闘技

“カエルパンチ”!輪島功一 はじめの一歩青木勝の必殺技 よそ見や脅かしウサギパンチを見せて掴んだ重量級の栄光!

ユニークスキル ユニークスキルと言う言葉がある。 固有技能と言われているもので、 ...
闘う極真空手家島田慧巳

: 空手および格闘技

“桜花爛漫”島田慧巳 可憐で鮮烈なる春の桜のように咲き誇ったその舞闘が観衆を魅了する!

新極真会第23回全日本ウェイト制大会 新世代の台頭が多く見られたこの大会で彼女は ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • 七十三話「格闘技ビジネス」超本格格闘技小説顎

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  その日、会場には大量の観客が訪れていた。  三枝の宣伝は効果的だった。 あの練仁会世界チャンピオンの間六彦が、盟帝 ……

  • 第56話「プリクラ」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  うなだれて呻く僕に、彼女が得意気な顔で両手を腰に置いて、薄い胸を大きく反らす。 まさに『どーだ!』といわんばかりだ ……

  • #42「本音」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  結局ぼくは、最初から最後まで彼女のことは訊かなかった。 聞きたくなかったわけじゃない。 だけど訊いても、それは何か ……

  • ⅩⅤ:レッサーデーモンの群れが現れた!

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  その洞窟で、エリューとマダスカは、必死の形相で息を切らしていた。 「くっ、はっ……」「っ……うぅ……」  その前方 ……

第69話「禁句(タブー)」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 そのあと彼女は、表面上は元に戻ったように見えた。

 とりあえず人が集まった往来から、足元がおぼつかない彼女に肩を貸して、近くの公園まで行った。
 上着の赤いシャツを脱ぎタオル代わりにしてついた埃をはたき、噴水の水で濡らして吐瀉物を拭って、ベンチでしばらく休ませた。
 病院に行くことを何度も勧めたが彼女は首を横に振って大丈夫だとアピールし、結局僕の方が折れて彼女の様子が落ち着いたのを見計らい、帰らせることにした。

 駅に向かう道中、お互い無言だった。
 二人とも、ぼろぼろの格好だった。

 彼女の黒い服は拭いきれなかった分が白く薄汚れしわだらけになっており、吐瀉物が付着した跡もあった。
 顔や露出している膝頭周辺には擦り傷も見られ、額にはコンビニで買ったバンドエイドが貼られている。

 僕の場合は上着はバッグの中にしまわれ、残ったTシャツはもう透ける一歩手前まで汗で濡れ、肌に張り付いていた。
 ジーンズには彼女と同じような汚れが白く残っていた。

 買ったネックレスは、取り敢えず今日のところはしまっておくことにした。
 箱は、ラッピングがくしゃくしゃに乱れていた。

「今日はなにで来たの?」

 駅前まで戻ってきたところで、彼女に尋ねる。
 彼女は黙って駅の改札の方を指差す。

「電車?」

 頷く。
 確認して、一緒に改札に向かう。

 改札前まで来て、僕はそこで止まり、彼女と別れる。
 切符を買い、それを改札に通して、ホームに入って――

 刹那、

「あ、あのっ!」

 僕は叫んでた。


 一瞬固まり、そして次の瞬間には何事もなかったかのように振り向く彼女。
 その姿を見ると同時に、頭の中で叫び声が反響する。

 ――言うなっ!

 叫び声は、なおも続く。

 言うな、言うな、言うな――言うなっ!
 何で言う必要がある?
 何でここで確認する必要がある?
 別に今日じゃなくったっていいだろう?

 今日はこのまま、別れたっていいじゃないか!?

 僕の中の警戒心が、臆病な気持ちが、懸命に警鐘を掻き鳴らしている。
 だが、それ以上に強い衝動のような気持ちが、僕の口を突き動かしていた。

「なんで……」

 言葉が、零れる。

「…………喋らないの?」

 これを聞いたら僕の日常が、彼女との今の曖昧な関係が、壊れる、と思って、聞かずに済ませようとしてきた――それは僕にとっての、禁句(タブー)だった。

 一歩踏み込むことは恐いことだから。
 事情を知ってしまうことは、それだけ何かを背負ってしまうことだから。
 曖昧な関係とかじゃ、済ませられなくなることだから。

 ――だけど、

 今日一日彼女と過ごして、無邪気な彼女と出会い、一生懸命な彼女を知り――とまどう彼女を見つけ、そして自傷行為を行う彼女まで見てしまって――聞かずに過ごすことは、どうしても出来なくなってしまった言葉だった。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇