新着記事

Thumbnail of new posts 091

: 空手および格闘技

“格闘マシーン”黒澤浩樹 初出場優勝最年少 松井章圭と死闘,下段で一本勝ちの山を築き上げた軌跡!

魂の下段廻し蹴り それに命をかけた選手というのが私の知る限り、四人存在している。 ...
Thumbnail of new posts 044

: 空手および格闘技

“武芸者”木村靖彦 日本連続準優勝,世界連続6位で日本を支えた大黒柱!

左中段廻し蹴り 極真空手の歴史の中で、様々な得意技を持つ選手たちを見てきたが、そ ...
Thumbnail of new posts 079

: 空手および格闘技

極真史上最強に名を連ねる五人の空手家たち

極真史上最も強い人間とは誰か? そう考えた場合に、極真空手を20年以上行ってきて ...
Thumbnail of new posts 195

: 神アニメレビュー

【かおす寒鰤屋】この程度の雨なら濡れるのも風情だ――名作漫画名言

骨董がテーマのジャンプ漫画 ジャンプ漫画の中でも極めて珍しい、骨董をテーマにした ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • #37「一緒に」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  安静時間。  ぼくたちはいったん別れ、そして病室で眠った。 よく、眠れた。 適度な運動が、身体に心地よい疲労感をも ……

  • Ⅸ:魔力

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 「まず、問おう。勇者とは、なにか?」  場所は、エリューが住むコーンクールの村から五日も歩いた末に辿り着いた、深い山奥。  ……

  • ⅩⅤ:レッサーデーモンの群れが現れた!

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  その洞窟で、エリューとマダスカは、必死の形相で息を切らしていた。 「くっ、はっ……」「っ……うぅ……」  その前方 ……

  • 第14話「あの日のその後③」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  ストレッチャーが動き、僕は手術室の中に入った。  今回は全身麻酔を行うらしい。 既に左足には運び込まれた時点で診察 ……

#44「感動」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 声を出すのが、辛い。
 それは即ち、生きていくのが辛いということに他ならなかった。
 一人では立って歩くことすら出来ないぼくは、喋ることぐらいしか、出来ないというのに。

「なんだか、思いださ、ない……?」

 ぼくは彼女に、尋ねる。

 あの、まるで夢のようだった出来事。
 二人で外へと出て、タクシーに乗って、スカイツリーを見に行った日の出来事を。

 あの、奇跡のような、思い出を。

「…………」

 彼女はなにも応えてくれない。
 それが否定なのか、それとも感情に折り合いがつかなくて喋れないのか。
 ぼくには判断、出来なかった。

「ハハ、寂しいなぁ……なんだかぼく一人で、独り言、言ってるみたいだね」

 ぼくはただ、喋り続ける。
 返事があろうとなかろうと、それしか出来ない。

 成海遼にとって、それが生きているということなのだから。

「暗い病院は……なんだか、ぼくの人生みたいだ。ずっと、先が、見えなくて、不安で……一歩を、踏み出せなかったんだ。そこがもし穴が空いてて、踏み込んだら、真っ逆さまだったら……そんな恐怖に、縛られてたんだ。だけどマヤが来てくれて、それでぼくは前に、進めた。まぁでも結局、行き止まりはすぐだったんだけどね。それでも最後に、外を見ることが、出来たよ」

 口から想いが、べらべらと溢れ出てくる。
 今まで隠してきた想い。
 それが、制御なく出てくる。

 それもそうだろう。
 恥ずかしいだとか、相手がどう思うだとか、考える意味がない。

 なにをしようと、なにを画策しようと、どういう意図があろうと。

 もう、死ぬのだから。

「――外を見れて、よかった?」





 彼女は、優しい。
 本当に。
 それが心に染みわたるほど、感じられた。

 希望は時に、考えれないほどの絶望を喚起させる。

 もう、届かないと。
 たとえば農家でずっと野菜しか食べたことがない人間が、くじか何かで当たってステーキを食べたことを想像して欲しい。

 美味しいが、二度とそれは味わえない。

 それは透き通るほど純粋な、残酷さだ。

「よかったよ」

 だからそれをぼく本人からの要望により叶えた形の彼女がこうしてぼくにその是非を聞くのは、それは優しさ以外のないものでもなかった。

 だからぼくは、笑顔で応えることが出来た。

「外を見るのは、辛くないの?」

 だんだん彼女の防壁が取れていくのを感じる。きっかけはなんだったのだろう?
 ぼくがさらけ出したから?
 物語ではよくあるけど、案外本当にそんなものだったりするのだろうか?

 もちろんよく、わからない。

「外を見れて、ぼくは本当に……感動したよ」

 感動した。
 確かだった。

 綺麗に整えられていない、剥き出しのそれ。
 人々も、駆け引きに真剣で、気の休まる暇もない。

 だからこそそれらすべては本当の意味で、輝いて見えた。

 ぼくはなにも、綺麗に死にたいわけじゃない。
 だけど周りがそれを強要する。

 ぼくは、泥に塗れたっていい。
 惨めだって構わない。
 だけどなんでもいいからどんな形でもいいから、答えが、欲しかった。

 ぼくがぼくであるという、答えが。

 ぼくが生きてきた、意味が。

「感動……」

 ぼくの言葉を、彼女はただ繰り返す。
 ぼくはそれを、心地よい気持ちで聞いていた。

 次になにがくるのかわからない。
 それだけで会話というものは、生き生きと輝きだした。

「感動って、なに?」

 なんて根本的な質問なんだろう。
 なぜかぼくはそれに、心躍る心地だった。

「感動っていうのは、素晴らしいものを見て、心がわくわくすることだよ」

 という意味にのっとるなら、今のこの状況もぼくは感動しているということになるのだろうか?

 笑えてくる。
 人生って、こんなに笑えてくるものだったなんて。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇