新着記事

はじめの一歩ヴォルグ・ザンギエフのモデル勇利アルバチャコフのホワイトファング

: 空手および格闘技

リアルヴォルグ勇利アルバチャコフがホワイトファング!はじめの一歩の必殺技、その衝撃映像を目に焼き付けよ!

ヴォルグ・ザンギエフ 超本格ボクシング漫画、はじめの一歩。 その中でも、私が特に ...
極真空手と大氣至誠拳法のヤン・カレンバッハ

: 空手および格闘技

“始祖の巨人”ヤンカレンバッハ 本部の茶帯を総崩れ、盧山初雄、山崎照朝、加藤重夫らを席巻し、藤平昭雄との激闘を経て”拳聖”澤井健一に学んだ文字通りの大武道家!

本部に襲来 大山道場時代からの極真空手を知るオールドファンは、この名前になじみが ...
ナルバエスを幕ノ内一歩との千堂武士のように倒す井上尚弥

: 空手および格闘技

衝撃のガード破壊!井上尚弥が世界のモンスターとなったナルバエスとの試合は幕ノ内一歩とタイトルを争った千堂武士の一撃か!?

"MONSTER" 日本ボクシング史上最高傑作と謳われ、世界3階級制覇王者である ...
極真空手家ビターゼ・アミランとヨハン・ベプセライネンとイカロ・ナシメント

: 空手および格闘技

“身長2M越えの巨漢たち”アミランビターゼ ヨハンベプセライネン イカロナシメント 異彩を放ったその結末を見逃すな!

身長2メートル 海外、ヨーロッパやアメリカアフリカなどでは、身長180センチ、さ ...

記事ジャンル一覧

ⅩⅥ/育ての親①

2020年9月25日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 仲睦まじいアレとマテロフと、それを見つめる仲間たちを置き去りにして、ベトとスバルは会議室に移った。
 会議室と言っても、二階の奥にある真ん中に円卓が据えられ、周りを10に満たない椅子が取り囲んでいるだけだ。
 壁際にはいくつかの本棚、広さはベトの部屋の三つ分ほどと言ったところか。

「で、どういうことだ?」

 ベトは窓際に移動し、対面のドア側にいるスバルを睨む。

 スバルは気づいていなかったかもしれないが、ベトはスバルがアレにその辺りを匂わせていたのを知っている。
 その上で、なぜあんな堂々としているのかを問い詰めている。

「まぁ、見ての通りってとこだな」

 悪びれる様子もない。
 らしいといえばらしいスバルの言葉に、ベトは苛立ちを覚える。

「……わかんねーよ。てかわかんねーから聞いてんだから、っとと答えろよ」

「わかったわかった……わかったから、そのガントレットはしまえぇええ!」

 いきなりスゴイ形相でスバルは雄叫びをあげ、頭を抱えて円卓の下でぶるぶる震えだした。
 二回も殴ったことがすっかりトラウマになったらしい。

 とりあえず話をするために、ベトは無言でガントレットを外した。
 それを確認してスバルはふーっ、ふーっ、と鼻息荒く、

「は、外したな? は、外したよな? よ、よし……はふーっ! じょ、嬢ちゃんのあの変てこな力に関しては、もうみんな知ってるわな」

「……知ってる、のか?」

 眉をひそめるベト。
 だがそれとは対照的にブタから人間への進化を遂げようとしているスバルは、

「ぶふー、ぶふーっ……あ、ああ。お前が出て行ってから、マテロフと一緒にアレが出かけてな」

「ま、マテロフとか……?」

 さらに眉間にしわを寄せるベト。
 そしてスバルは簡単な経緯をベトに伝え、

「で、なんかなかよくなって帰ってきたっぽいマテロフから、俺にまず報告があってな。で、そのあと一度出撃があってな」

「あったのか!? 出撃が?」


 それも寝耳に水だった。

 あったとは、思わなかった。
 戦況は比較的安定してた方だったから、出かけたっていうのに。

 だがスバルは極めて冷静に、

「ああ。その時に、アレの嬢ちゃんの力が発揮されてな。俺たちひとりの被害もなしに、大戦果を挙げることに成功したって寸法よ」

 バカな、とベトは思った。

「……一緒にいったのか? アレも?」

「ああ。っていっても一人残しとくのもあれだから同行させただけなんだけどな。まさか嬢ちゃんがあんなすごい隠し玉持ってるなんてよ。みんな驚いて、なかには一生ついていくって奴まで現れたっていう寸法よ。やーよかったよかった」

 スバルは無責任に喜んでいた。

 その様子は、まるで天使の降臨のようだったという。

 スバルの傭兵部隊は、籠城戦に駆り出されたという。
 攻撃が激しい最前線で、敵からの侵攻を食い止めろという話だったという。

 そこでスバルの隊は、大変な苦戦を強いられた。
 敵は大量の弓兵を抱えており、そのうえ矢が底を尽きることはない。
 ほとんどが歩兵であるスバル隊は、近付くことすら困難だったという。

 一斉掃射の矢が降り注ぐ中、アレは誰も気づかないうちに最前列に歩み出ていたという。
 スバルが気づき、叫び、マテロフが青ざめ、走りだす中、アレは降り注ぐまるで集中豪雨のような矢を、白痴のように見上げ――

 その雨が、すべて宙に縫いつけられたという。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇