新着記事

Thumbnail of new posts 022

: 空手および格闘技

“空手界のミルコ”中山猛夫 極真,芦原,正道を左ハイキックで活躍した空手家!

第9回全日本大会初出場での準優勝 極真空手の第9回全日本空手道選手権大会出場して ...
安田英治と山口剛玄と江上茂と大山倍達

: 空手および格闘技

“武神”安田英治②剛柔流,松濤館,大山道場,極真空手修め武道の神髄に到達した伝説!

極真史上最強の空手家 極真空手の長い歴史の中で、神の名を冠する異名を持った人間と ...
Thumbnail of new posts 119

: 空手および格闘技

“獰猛なる英国紳士”ニコラス.ダ.コスタ 中量級で後ろ回し,下突き,素早い出入りを武器に、二年連続世界大会ベスト8を達成した名選手!

UFC準優勝ジェラルド・ゴルドーを撃破 第3回、および第4回世界大会に出場し、第 ...
Thumbnail of new posts 145

: 空手および格闘技

“戦慄の膝小僧”ヴァンダレイシウバvsジャクソン①膝蹴り20連打がマッドドッグを粉砕!【PRIDE】

PRIDEミドル級絶対王者 まさにPRIDEの象徴、その1人として圧倒的な活躍を ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • #44「感動」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  声を出すのが、辛い。 それは即ち、生きていくのが辛いということに他ならなかった。 一人では立って歩くことすら出来な ……

  • ⅩⅧ/哀しい笑顔①

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  あえていえば、彼女に聞いてしまいたかった。  他人任せだった人生と、こうして自分で選びとっている人生のどちらが幸せ ……

  • #25「真っ暗」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  酷い有様だった。  検査の次の日に起こったのなんて、前代未聞だった。 これだから病気の身体というものは油断がならな ……

  • 第40話「お嬢ちゃん」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  おばちゃんはいつものように豪快に笑いながら対応している。 「あらぁ、変わった格好してるのねー」  とか 「手袋まで ……

ⅩⅤ/不自由②

2020年10月9日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

「だから最初から、大人しく背中を流されればよかったんですよー」

 背中をごしごしと擦られながら、ベトはぐったりしていた。
 後ろには再び巻いてもらったタオルが、プライヤの胸元から下半身までを覆っている。

 なるべくさっき顔全体で味わった感触を思い出さないようにと、ベトは目を瞑る。
 じゃないと身体の方が反応してしまう。
 こんな鳥頭女相手に、それはもはや屈辱だった。

「……これはせんせいの指示か?」

「違いますよー、わたしの意思でーす」

 無邪気な声だ。

 思えば最初会った時から、ずっとこの調子だった。
 そう考えれば、この暗い時代にこんな声を出す女――というか女の子もいたのかと少し感心する心地になり、ベトは少し話をしてみようかという気にもなった。

 どうせ背中を流されてるわけだし。

「なんで俺みたいなのの、背中を流そうなんて気になった? 金か?」

「お金要りません、わたし神に仕える乙女なんですよー?」

「っへぇ、要らないときたもんか。じゃあなにが目的だ?」

「目的ですかー? お兄さんのお背中流すことですけどー?」

「ん? ご主人さまじゃなかったのか?」

「え、なにがですかー?」

 ハハ、とその会話にベトは笑う。
 そうか、そうだな。
 確かに瑣末事だ。

 ベトは少し楽しくなってきた。
 頭空っぽにして出来る会話は、アレに出会って以来なんだか久しぶりな気もした。

「俺の背中流すのが目的か。なんだ、俺の背中ってそんなに流したくさせる背中だったのか?」

「いえー?」

「ん? 違うのか?」

「はい、単にお兄さんが、哀しそうな色をしてたもんでー」

「…………は?」

 振り返る、首だけで、思わず。
 プライヤはニコニコと、最初に会った時と同じ笑顔をしていた。

 直感。
 なにかがおかしい。

 微かな違和感。
 哀しそうな色、だと?

「……色って、どういう意味だ?」

「えー? どういう意味……って聞かれても、なんていうか紫っぽいっていうか」

 要領を得ない。
 ベトは数秒考えて――なぜかはわからないが、プライヤに背中を向けたまま自由になる右手をその首元に、持ってきた。

 なにも考えず、その首を絞めるような形で。
 ほんの数ミリだけ、隙間を作って。

 プライヤの動きに、変化はない。
 ニコニコと、こちらの背中を擦り続けている。

 その瞳の色に、核心のようなものを得た。

「お前……なにが、視えてる?」

「みなさんの、心ですかねー?」

 しばし、沈黙。
 ずっと続いていた背中を擦る動きが、止まる。

「さーお背中流しますねー?」

「――あぁ、頼むわ」

 ばしゃー、とお湯がかけられる。
 それに、スッキリした気持ちになる。

 肩を回す。
 自分では手が届かない所を洗ってもらうというのも、悪くないものだった。

「どうですかー?」

「あぁ、悪くないな。悪かったな、わざわざ」

「いーえ、またどうぞー」

 笑顔で言って、プライヤはしずしずと後ろに下がっていく。
 それをベトは見送り、

「……おい」

「はい?」

 一時停止したプライヤに指通りがよくなった髪をかいて、

「あのさ……なんであんたは、生きてる?」

 思わず、といった感じで投げかけていた。
 まだ頭に神父――オレアンせんせいとの会話が残っているのかもしれない。

 それに、アレとの問答も。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇