新着記事

Thumbnail of new posts 089

: 空手および格闘技

”黄金の拳”村田諒太ロブブラントへ魂の連打!家族の為リスク,覚悟を決めた漢のリベンジマッチ!

オリンピック金メダリストにしてプロボクシング世界王者 村田諒太と言えば、オリンピ ...
Thumbnail of new posts 189

: 神アニメレビュー

宇宙兄弟 唯一度の弟[南波日々人]から兄[南波六太]への人生相談

人生を教えてくれた作品 私はこれまでに本当に数え切れない位の漫画やアニメを幼少の ...
Thumbnail of new posts 082

: 空手および格闘技

“鳥人”ギャリーオニール 数見肇と2度死闘し塚本徳臣も学んだギャリーステップと飛び後ろ回しで極真を席巻!

ギャリーステップ 極真カラテの長い歴史の中でも、そのステップワークに名前がついて ...
Thumbnail of new posts 016

: 神アニメレビュー

FF6 東方の戦士カイエン魔導士ケフカの毒で全て奪われ魔列車に告げられた家族の想い――

人生初のRPG FINAL FANTASY VIは、私が初めて触れることになった ...

記事ジャンル一覧

ⅩⅤ/不自由②

2020年10月9日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikukose

本編

「だから最初から、大人しく背中を流されればよかったんですよー」

 背中をごしごしと擦られながら、ベトはぐったりしていた。
 後ろには再び巻いてもらったタオルが、プライヤの胸元から下半身までを覆っている。

 なるべくさっき顔全体で味わった感触を思い出さないようにと、ベトは目を瞑る。
 じゃないと身体の方が反応してしまう。
 こんな鳥頭女相手に、それはもはや屈辱だった。

「……これはせんせいの指示か?」

「違いますよー、わたしの意思でーす」

 無邪気な声だ。

 思えば最初会った時から、ずっとこの調子だった。
 そう考えれば、この暗い時代にこんな声を出す女――というか女の子もいたのかと少し感心する心地になり、ベトは少し話をしてみようかという気にもなった。

 どうせ背中を流されてるわけだし。

「なんで俺みたいなのの、背中を流そうなんて気になった? 金か?」

「お金要りません、わたし神に仕える乙女なんですよー?」

「っへぇ、要らないときたもんか。じゃあなにが目的だ?」

「目的ですかー? お兄さんのお背中流すことですけどー?」

「ん? ご主人さまじゃなかったのか?」

「え、なにがですかー?」

 ハハ、とその会話にベトは笑う。
 そうか、そうだな。
 確かに瑣末事だ。

 ベトは少し楽しくなってきた。
 頭空っぽにして出来る会話は、アレに出会って以来なんだか久しぶりな気もした。

「俺の背中流すのが目的か。なんだ、俺の背中ってそんなに流したくさせる背中だったのか?」

「いえー?」

「ん? 違うのか?」

「はい、単にお兄さんが、哀しそうな色をしてたもんでー」

「…………は?」

 振り返る、首だけで、思わず。
 プライヤはニコニコと、最初に会った時と同じ笑顔をしていた。

 直感。
 なにかがおかしい。

 微かな違和感。
 哀しそうな色、だと?

「……色って、どういう意味だ?」

「えー? どういう意味……って聞かれても、なんていうか紫っぽいっていうか」

 要領を得ない。
 ベトは数秒考えて――なぜかはわからないが、プライヤに背中を向けたまま自由になる右手をその首元に、持ってきた。

 なにも考えず、その首を絞めるような形で。
 ほんの数ミリだけ、隙間を作って。

 プライヤの動きに、変化はない。
 ニコニコと、こちらの背中を擦り続けている。

 その瞳の色に、核心のようなものを得た。

「お前……なにが、視えてる?」

「みなさんの、心ですかねー?」

 しばし、沈黙。
 ずっと続いていた背中を擦る動きが、止まる。

「さーお背中流しますねー?」

「――あぁ、頼むわ」

 ばしゃー、とお湯がかけられる。
 それに、スッキリした気持ちになる。

 肩を回す。
 自分では手が届かない所を洗ってもらうというのも、悪くないものだった。

「どうですかー?」

「あぁ、悪くないな。悪かったな、わざわざ」

「いーえ、またどうぞー」

 笑顔で言って、プライヤはしずしずと後ろに下がっていく。
 それをベトは見送り、

「……おい」

「はい?」

 一時停止したプライヤに指通りがよくなった髪をかいて、

「あのさ……なんであんたは、生きてる?」

 思わず、といった感じで投げかけていた。
 まだ頭に神父――オレアンせんせいとの会話が残っているのかもしれない。

 それに、アレとの問答も。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇