新着記事

Thumbnail of new posts 193

: 空手および格闘技

“武芸者”木村靖彦 日本連続準優勝,世界連続6位で日本を支えた大黒柱!

左中段廻し蹴り 極真空手の歴史の中で、様々な得意技を持つ選手たちを見てきたが、そ ...
Thumbnail of new posts 050

: 空手および格闘技

極真史上最強に名を連ねる五人の空手家たち

極真史上最も強い人間とは誰か? そう考えた場合に、極真空手を20年以上行ってきて ...
Thumbnail of new posts 056

: 神アニメレビュー

【かおす寒鰤屋】この程度の雨なら濡れるのも風情だ――名作漫画名言

骨董がテーマのジャンプ漫画 ジャンプ漫画の中でも極めて珍しい、骨董をテーマにした ...
Thumbnail of new posts 148

: 神アニメレビュー

【Dr.STONE】楔を打ち続ける!石神千空×コハク邂逅の時!

異色な科学漫画 それまで様々な漫画やアニメやゲームやライトノベルなどあらゆる媒体 ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • Ⅶ/傭兵の生活①

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  恐い。 胸元のロザリオを、きつく握り締めた。  痛かった。 だけどその痛みが、まだ自分がこの場所にいることを実感さ ……

  • 第28話「バッグの中身②」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  僕は今、彼女の服装を見て、まるで喪服みたいだと思った。  つまりはそういうことだ。  僕は今、自分の頭の中で作った ……

  • #45「怖い」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「わたしが、遼を……見てるみたいに?」 「――――」  今度はぼくの方が、絶句する番だった。 もはや嬉しいとも違う。 ……

  • ⅩⅤ/不自由①

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  ああ、とマテロフは納得したような心地になった。 「そうか……そうか」  確認しようとして、その行為そのものが要らな ……

第61話「引き出す」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 その後二人はただでさえ馬鹿辛い亀々うどんを、切間は七味唐辛子一瓶とラー油半瓶。
 彼女は酢半瓶入りで奮闘することになった。

 切間はさすがに辛すぎるらしく汗をびっしょりとかいていたし、彼女はやっぱり味が混じって辛かったり酸っぱかったりするのだろう、終始眉間にしわを寄せた複雑な、難しそうな顔をして麺をすすっていた。

 食べ終わって、胃の痛みに腹を押さえて外に出ると、突然切間が寄ってきて肩に手を回し、

「やるねぇ、彼女……ありゃあ別に、暗いんじゃない。単に表現が下手なだけだね。お前が引き出してやれよ」

 と背中を叩いて、現れた時と同様何の前触れもなく、手をヒラヒラ振ってあっという間に去っていった。
 ――引き出す、ねぇ。

「暗戸さん」

 声をかけてから、彼女の名前を呼ぶのが初めてだと気づいた。
 デートだというのに、名前を呼ぶことすらしていなかったなんて……。

 ちょうど引き戸から出てきた彼女は、呼ばれて不思議そうな顔をして、こちらを見る。

「これから時間ある? もし急ぐ用事がないなら、これからちょっと買い物に行かない?」

 彼女は考えるように、少し俯く。

「実は見たいアクセサリーショップがあってさ。よかったら、だけど……付き合ってくれない?」

 それでも彼女は顔を上げない。

 ――時間か?
 携帯の時計を見る。
 一時少し過ぎ。遅くは……ないよな?

「……えーと。いや、かな?」


 それでも彼女は俯いたまま顔を上げない。
 帽子の短いつばに隠れて表情が見えない。

 真っ白な街とやかましい蝉時雨の中にあって、彼女の黒くて静かなその存在はまるで影のようだった。

 嫌な想像が頭をよぎる。
 実は彼女はとっくに今までの僕のデートの手際の悪さと話術の下手さ加減に見切りをつけていて、心の中ではさっさと帰りたいと思っているに誘われて迷惑で、それを俯いて沈黙を作ることで抗議していて、それを気づかない僕にまたイライラが

 気持ちが萎みそうになっているのに気づく。
 なんとか思考のベクトルを切り替えようとする。

「何かこのあと、予定がある?」

 彼女の帽子が左右に揺れる。

 予定はない。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇