新着記事

ロッキー・リンにアッパーを打ち込むリカルド・ロペス

: 空手および格闘技

ホワイトファング!リカルドロペス最強伝説 はじめの一歩越え衝撃アッパーが相手を場外まで吹き飛ばす!

史上最強リカルド・マルチネス 範馬刃牙でいう範馬勇次郎、ドラゴンボール超でいう破 ...
郭雲深の半歩崩拳

: 空手および格闘技

“半歩崩拳あまねく天下を打つ”郭雲深 郭海皇のモデル,史上最強の武術家 太氣至誠拳法澤井健一の師 王郷斎を弟子に持つ!

郭雲深 私の先生は実技のみではなく、空手のみではなく、様々なジャンルや、そして武 ...
輪島功一のカエルパンチ

: 空手および格闘技

“カエルパンチ”!輪島功一 はじめの一歩青木勝の必殺技 よそ見や脅かしウサギパンチを見せて掴んだ重量級の栄光!

ユニークスキル ユニークスキルと言う言葉がある。 固有技能と言われているもので、 ...
闘う極真空手家島田慧巳

: 空手および格闘技

“桜花爛漫”島田慧巳 可憐で鮮烈なる春の桜のように咲き誇ったその舞闘が観衆を魅了する!

新極真会第23回全日本ウェイト制大会 新世代の台頭が多く見られたこの大会で彼女は ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • 第86話「中指一本拳」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  再び笑う。  正治の頭が急浮上し、そのまま後方に仰け反る。 足まで宙に浮く。  周りのどよめきが聞こえる。 真下か ……

  • Ⅻ/ベトの離脱①

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  女だてらによくやって――というか、ベッドから出てきたことがないってのに、まったくもって頭が下がる。  ――それも世 ……

  • 第八話「閉ざされた屋上」超本格格闘技小説顎

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  そして、5分後。  なぜか身長156センチの朱鳥は、その3メートル近くに及ぶ高き壁の頂きに、迫ろうとしていた。 「 ……

  • 第30話「敵前逃亡」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  特にいい作戦も思い浮かばなかったので、シンプル・イズ・ベストでいくことにした。 そもそも切間じゃないんだからこんな ……

第62話「りゆう」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________


目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 支障はない……のか?

「い、いいかな?」

 今までネガティブな訊き方ばかりしてたから、ここで方向を変えてみる。

 そこで彼女は俯いていた顔を上げた。
 黒目がちのつぶらな瞳が僕を射抜く。
 それは微かに揺れていた。
 彼女の唇が動き、

 丸く開き、

 引き結ばれ、

 三角に開いた。

 それを見て、僕は正体のわからない胸騒ぎがした。
 理由はわからない。
 それに、読唇術が出来ない僕には、その意味はわからないし。

 僕が黙っていると彼女はまたしばらく俯き、突然思い出したように顔を上げ、バッグの中に手をやった。
 一瞬どきりとしたが、彼女は例の黒い真四角の携帯を取り出し、何かを一心不乱に打ち出した。

 突然僕の携帯が震え、メールが来た事を告げる。
 まさか――と思い、慌ててポケットから取り出し、差出人を見る。

 案の定、それは目の前の彼女からのメールだった。

 そこまでして喋らない理由も気になるが……そう思いながら、メールを読む。
 そこにはたったの三文字の言葉がつづられていた。

『なんで』

 ――一瞬言葉に詰まり、返信を打つ。

『なにが?』

 送信。
 返信はすぐに来た。

『付き合って欲しい、りゆう』

 体が硬直する。
 聞かれ、僕の心は体だけ真夏の空の下に残し、宙に舞った。


 理由。
 彼女と一緒にアクセサリー屋に行く、理由。
 来て欲しい、理由。
 自分に問いかける。

 何で僕は、彼女に一緒にアクセサリー屋に来てほしい?
 浮かんだ理由。

 ……彼女と、もっと一緒にいたいからだ。
 その理由。

 彼女と……もっと話したいからだ。
 その理由。

 彼女のことを……もっと、知りたいからだ。
 その理由。

 好きだから……とはまた、違うと思う。
 そういう動機というより……そう、気になるんだ。

 元々抱いてた薄気味悪くて危険なイメージが、一緒にいると、話してるとどんどん変わった。

 今日一日彼女は本当に色々な顔を見せてくれた。
 最初は考えていた通りの硬い感じだったけど、初めてらしいゲームセンターの前で見せた挑むような目つき、入ってからの子供のような反応、やるゲームやるゲームに発揮された集中力、真剣さ、切間と亀々うどんを巡る遠慮のないやり取り。見るたび見るたび、他にどんな顔を持ってるのか知りたくなった。

 本当の顔を見たくなった。

 だからもっと、一緒にいたくなった。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇