新着記事

“戦慄のブラジリアンキック”グラウべフェイトーザ 人間凶器と恐れられた足技、秘密・ルーツに迫る!

二つの異名 戦慄のブラジリアンキック。 人間凶器。 この2つ名が、これ以上ないほ ...

塚本徳臣vs岡村繁美 “空手革命児”vs”鉄人”の長崎県大会史上ベストバウト!

前回の記事→ “空手革命家”塚本徳臣 上京から帰省しての第10回長崎県大会の活躍 ...

うつ病

死に至る病―うつ病闘病記㊲「登録者数が伸びない、とにかく伸びない」

 最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む_______________ ...

【羽生善治に学ぶ】塚本徳臣も用いた超高度な将棋戦略観その一端に触れる

武道の煮詰まり 長く格闘技をやっていると、武道をやっていると、煮詰まってしまう。 ...

記事ジャンル一覧

第75話「だ――――――――っ」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikukose

本編

 一応ツッコむ。

「名前だけ貸してって言ったの、隼人だろ?」

「そうだけどさぁ」

 携帯が震える。

『ちゃんと出ないとダメ』

「……隼人。今度から、たまには顔くらいは見せるよ」

 隼人に見せると、珍しく呆れたように破顔し、

「しんやは女の子の言葉には弱んだからな~」

 話を遮るように、インドカレーパンをもう一口頬張った。
 ぴりぴりと辛目のスパイスが舌先を刺激する。

 僕は内心、凄いなと呆れていた。
 僕たち三人は昼食を取りながら、こうしてのんびりと話をしている。
 それなら普通だが、彼女は相も変わらず返事は頷くか横に振るか、僕の携帯へのメール送信のみだ。

 僕だけならまだわかるが、隼人までこれに入ってきているのだ。
 しかもそんな状況を全く気に掛けず相も変わらずにこにこと笑っている。

 ――なんだか異質な、四次元空間に迷い込んだような気分になってくる。

「よづっちゃんもしんやには気をつけたほうがいいよ……って言っても、しんやは今まで女の子と付き合ったことなんてないんだけどね~」

 ぶっ……!
 飲んでいたウーロン茶を思い切り吹き出した。

「は、隼人!?」

「だから、よづっちゃんが付き合ってあげてよ。喜ぶと思うから~」

「お、おおお前何言って――」

 僕の言葉を、震える携帯が止めた。
 見る。

『付き合うって?』

「――は!?」

 ほ、本気で言ってるのか?
 それともからかってんのか?
 はたまたひょっとしてこれは誘い文句で……じゃなくてっ!


「隼人! お前、いい加減にしろ……!」

 重く、低い、腹に響く声で隼人を睨んだ。
 しかし隼人はまったく怯む様子はなく、

「本当のことでしょ~?」

 だ――――――――っ

「じゃなくてぇ――――っ!!」

 またまた携帯が震える。

『じゃなくて?』

「――――!」

 携帯を、メール表示画面から待受画面に変更する。
 時間は――十二時五十二分、昼休みが終わる八分前だ。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇