新着記事

Thumbnail of new posts 132

: 空手および格闘技

“格闘マシーン”黒澤浩樹 初出場優勝最年少 松井章圭と死闘,下段で一本勝ちの山を築き上げた軌跡!

魂の下段廻し蹴り それに命をかけた選手というのが私の知る限り、四人存在している。 ...
Thumbnail of new posts 152

: 空手および格闘技

“武芸者”木村靖彦 日本連続準優勝,世界連続6位で日本を支えた大黒柱!

左中段廻し蹴り 極真空手の歴史の中で、様々な得意技を持つ選手たちを見てきたが、そ ...
Thumbnail of new posts 000

: 空手および格闘技

極真史上最強に名を連ねる五人の空手家たち

極真史上最も強い人間とは誰か? そう考えた場合に、極真空手を20年以上行ってきて ...
Thumbnail of new posts 027

: 神アニメレビュー

【かおす寒鰤屋】この程度の雨なら濡れるのも風情だ――名作漫画名言

骨董がテーマのジャンプ漫画 ジャンプ漫画の中でも極めて珍しい、骨董をテーマにした ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • ⅩⅨ/決別②

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「はい、みなさん本当に良い人たちです。わたしみなさんにお会いできて、本当に幸せでした」 「そうか……」  そして二人 ……

  • 第55話「エアホッケー」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  いや、それは別に険悪な雰囲気だったという意味じゃない。 こちらは常に喋りかけてるし、相手も頷いたり首を振ったりと反 ……

  • 十八話「ノーガード vs サウスポー」殴り蹴りあう空手家二人

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  でも、出来ればやっぱり試合を見せたかった。  どうしても組み手では、暗黙の了解でお互いに手心を加えるようになってい ……

  • ⅩⅢ:陽動

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  二度の奇襲、それに恐怖と屈辱を受け、まとめて魔法として、解放する。  振りかぶったマダスカの掌が、赤く燃える。 「 ……

第59話「亀々うどん」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 そう言って引き戸を引いて中に入っていく切間の背中は、不安以外の何物でもなかった。

 ……が、正直楽しみでもあった。
 彼女のペースが切間がいうようなものだとしても、やはりほの甘いデートもしてみたい。
 百戦錬磨の切間のお手並みに期待しよう。

 そう考えてあとに続く。彼女も影のようについてきた。
 店内はまんま一軒家を店にしたような内装で、本来靴を脱ぐ三和土(たたき)を靴のまま乗り越えるのには抵抗があった。
 狭くて短い廊下をいくとすぐにダイニングルームのようなところに出て、大体高校とかの教室半分くらいのスペースに木のテーブルと椅子が等間隔で十数個並べられていた。
 奥にはテレビが置かれ、左手の台所にあたるであろう場所で料理をしているような油が弾ける音や火が燃え上がる音が聞こえた。

 面白いと思った。
 こんな店に来たのは初めてだ。

 客の入り具合は昼時だというのに、大体半分ほどというところ。
 あのわかり辛い外装と、一見さんお断りの看板。
 やはりここは穴場的な店なのだろう。
 ひょっとしたら店主は趣味でやっているのかもしれない。

 そう考えていると切間が勝手知ったる様子で中に踏み込み、適当な四人がけのテーブルに座った。
 僕もその向かいに座り、彼女も僕の隣に座った。
 しばらく店内の様子を眺めていると、作務衣のような服を着て袖をまくった職人気質風な店員が、水を持ってやってきた。

「ご注文は?」

 ……まだメニューも見てないよ。

 僕はそう思って机の上に置かれたお品書きに手を伸ばそうとし――切間に手で、制された。

「今日は、オレのお薦めメニューを食べないかい?」

 芝居掛かった声で提案する切間に、僕と彼女は目を見合わせた。

 注文してから切間の、彼女と大学の講義とゼミのメンバーと今年の夏の猛暑に対する愚痴を聞き、二十分ほど経った頃、先ほどと同じ店員がでっかいお盆を両手で支えて現れた。

「はいよっ、亀々うどん三丁お待ち!」

 僕たちのテーブルの上に、『亀々うどん』なるうどんが三つ乗せられる。
 使い込まれた黄みがかった丸いどんぶりの中に、透明な汁と緑の薄く切られたネギと茶色いきつねと白く太い麺がとぐろを巻いている。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇