新着記事

ロッキー・リンにアッパーを打ち込むリカルド・ロペス

: 空手および格闘技

ホワイトファング!リカルドロペス最強伝説 はじめの一歩越え衝撃アッパーが相手を場外まで吹き飛ばす!

史上最強リカルド・マルチネス 範馬刃牙でいう範馬勇次郎、ドラゴンボール超でいう破 ...
郭雲深の半歩崩拳

: 空手および格闘技

“半歩崩拳あまねく天下を打つ”郭雲深 郭海皇のモデル,史上最強の武術家 太氣至誠拳法澤井健一の師 王郷斎を弟子に持つ!

郭雲深 私の先生は実技のみではなく、空手のみではなく、様々なジャンルや、そして武 ...
輪島功一のカエルパンチ

: 空手および格闘技

“カエルパンチ”!輪島功一 はじめの一歩青木勝の必殺技 よそ見や脅かしウサギパンチを見せて掴んだ重量級の栄光!

ユニークスキル ユニークスキルと言う言葉がある。 固有技能と言われているもので、 ...
闘う極真空手家島田慧巳

: 空手および格闘技

“桜花爛漫”島田慧巳 可憐で鮮烈なる春の桜のように咲き誇ったその舞闘が観衆を魅了する!

新極真会第23回全日本ウェイト制大会 新世代の台頭が多く見られたこの大会で彼女は ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • ⅩⅧ:聖痕

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  ピン、と緊張感が張り詰める。 「――本気か、オルビナ=アトキン」 「――かようなこと、冗談などではとても口にできま ……

  • 第86話「中指一本拳」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  再び笑う。  正治の頭が急浮上し、そのまま後方に仰け反る。 足まで宙に浮く。  周りのどよめきが聞こえる。 真下か ……

  • ⅩⅣ/悪魔憑き③

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  質問が、当初のものとは切り替わっていた。  だがベトにはそれは、よくあることだった。 順序立てした思考を持つ機会は ……

  • #21「話したい」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  続きがあった。それも意外な、初耳な。   棚多さんがどんな表情をしてるのか、見たくてたまらなかった。&n ……

二十三話「憧れ」

2021年11月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 朱鳥の思考は、停止していた。

「――――」

 天寺が、咆哮している。
 腹を抱えて、板張りの床を転げまわり、口を開け放ち、目を見開いて、声の限りに叫んでいる。

 誰も、動かない。
 言葉を発しない。
 ただ、のたうち回る天寺を呆けたように眺めていた。

 その心に宿るものを、朱鳥はうまく表現できなかった。

 恐怖、とは違った。
 嫌悪ともまた違う。

 人が人の暴力により、のたうち回っているのだ。
 今までの自分だったら、怒りすら湧く場面のはず。

 それを、自分はなぜ――

 どれくらい経ったのか、天寺にはわからなかった。

「……ひゅ……ひゅ」

 気付くと天寺は、誰かに両肩を掴まれていた。
 背を、膝らしきもので押されている感触がある。
 視界にかかった霞が薄れるにつれ、自分を見下ろす人影があることに気づいた。

 視線を上げると、そこには短髪で引き締まった筋肉を持つ男が、空手着姿の堅い表情で立っていた。

 一瞬、息が止まった。

「ひゅ……ひゅ、ひゅ」

 気づくと、自分の体は小刻みに震えていた。
 全身に冷たい汗が敷き詰められている。
 喉がからからに渇いていて、そこからひゅっ、ひゅっ、と情けない息が一定のリズムで漏れていた。

 すべては、腹の痛みのせいだった。

「ひゅ、ひゅ……ひゅぅ……」

 ちょっとやそっとの痛さじゃない。
 痛みの元となっている肝臓に血液が通るたびズクン、ズクン、と吐き出しそうなほどの鈍痛が脳髄にまで響いてくる。

 そこまできてやっと、天寺は――自分が、これ以上ないほどに完膚なく一本負けを喫したのだと、理解した。

 弁解の余地もない。
 空手ルールの三秒どころか、ボクシングのテンカウントすら生温い。
 何しろ自分がどれだけの間倒れていたのかすら、記憶がないのだ。

 負けた。

 この西東京支部代表――都大会王者として戦い、外から来た長崎県王者に、完敗した。

 道場生のみんなには申し訳ないと思った。
 師範の期待に応えられなくて、残念だとも思った。
 クラスメイトの二人にはみっともないところを見せてしまって恥ずかしいとも思った。

 だけど不思議なくらい、悔しさはなかった。
 屈辱感もなければ、落胆さえない。

 あったのは、驚嘆。
 そして、感嘆。

 そう。

 自分はただ、憧れた。
 凄まじい闘志と身体能力に、自分を上回る技。
 それら全てを総合した、その強さ。

 そして勝利してなお、眉一つ動かさず表情すら変えない、厳かな態度。

 その、在り方に。

 そう。
 オレはこの瞬間、この男に――

「押忍」

 その男はただ十字を切り、礼をした。
___________________

続きはこちらへ! → 第参章「胎動」

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇