新着記事

Thumbnail of new posts 085

: 空手および格闘技

“不退転の覚悟”マイケル・ヤング 三瓶啓二,ミッシェルウェーデル,増田章ら超強敵と闘い闘志を見せつけたその勇姿!

三瓶啓二のアバラを叩き折る フィジー、そしてオーストラリアの極真空手家、マイケル ...
Thumbnail of new posts 074

: 空手および格闘技

間柴了の必殺技モデルトーマス・ハーンズのフリッカージャブでパブロ・バエズを衝撃K.O!

間柴了 主人公幕之内一歩の初期のライバルであり、現在でもメインキャラであり、幕之 ...
Thumbnail of new posts 147

: 空手および格闘技

“ヒットマン”長田賢一 空道北斗旗を通算7度制し,佐竹雅昭,極真と共に最強の一角に数えられた、一撃必殺のその打撃!

大道塾草創期の絶対王者 大道塾空道を代表する選手として、その草創期に多大なる活躍 ...
Thumbnail of new posts 025

: 空手および格闘技

ミッシェルvsアデミール 欧州最強の男と南米の星で繰り広げた星の潰し合い、世界最強を決める壮絶な戦い!

極真史上最高のBEST BOUT それを考えた場合私の頭に、3つの戦いが浮かんで ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • 第46話「かなりまずい文面」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 『へえ、それって格ゲーとかガンシューティングとかのことかな。それなら僕も結構やるよ。 でも、ゲームが好きなんて少し意 ……

  • #36「食堂」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  彼女は歩きながら振り返り、 「遼に、会いたくて」 「?」  結局疑問符だった。 夜に会えるじゃないか。そう思った。 ……

  • #51「ぼくの答え」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「どこまで?」 「いける、ところ……まで」 「遼ちゃんッ!」  母親が、ぼくたちの会話にカットインをかけてくる。 声 ……

  • 二十六話「一本負け」殴り蹴りあう空手家二人

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  硬い骨だった。 サポーター越しだというのに、まるで皮や肉を押しのけて、骨そのものがぶつかってきたような、そんな感触 ……

三十五話「修行」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 今日の弁当は、うまかった。

 特に唐揚げ。
 あれはいいと思う。
 鳥肉は筋肉にいいと、どこかで聞いたことがある気がするから。

 それにウチの唐揚げは脂ぎってなくて、塩が絶妙な加減でかけられてるから、下手な店で食うより上手い。
 こう、噛むとじゅわっ、と肉汁が出て、口の中で迸る。
 この時が、もっとも母親に感謝するときだよなー。

 最近日本では逆に料理が出来ない母親が増えてるらしいけど、それってどうなんだろうなって思う。
 確かに逆に男が料理できるパターンが増えて多種多様になってきてるのはいいとは思うけど、やっぱ女性が恋人のために一生懸命料理してる姿は個人的にぐっ、とくる。

 なんか、こう……健気? っていうか好きだなァ、オレは。
 だから消えないで欲しいなァ、女性の料理。
 男はお袋の味で育



 かん、と乾いた音が聞こえた。



 それが呼び水になり、ぼやけていた感覚が戻ってくる。

 視覚。
 足元に広がるのは、真っ白なコンクリートパネル。

 触覚。
 暖かい陽射しに、髪がなびく程度の風。

 聴覚。
 足元から響いてくる、何百もの生徒の話し声。

 そして、思い出した。

 今は昼休みで、場所は屋上で、自分は師範から教えられた空手の前蹴り習得のための練習をやっている最中だったのだ。

「――――っ」

 正直、きつい。

 途中、何度も意識が途切れた。
 こういうのが限界を超えた――いや、限界を求める修行っていうんだろうか?

 これだけじゃなく、当然道場での稽古もやっている。
 家に帰ってからの筋力トレーニングも師範に言われた通り続けてるし、学校だってさぼってない。
 そして師範の言葉に従って、週に一回はちゃんと休息を取るようにした。

 全然足りない。
 常に脱力感が体を襲い、筋肉痛がやる気を削ぎ落とす。

 今だって本音をいえば今すぐ寝そべって、そのまま放課後まで惰眠を貪りたいぐらいだった。

 ――でも、強くなるためなら。

 纏に勝つ、ためなら!

 天寺は足元の表を覗き込み、練習を続行した。





「天寺……」

 それを以前と同じように壁に脚立をかけ、朱鳥は見つめていた。

 天寺は午前の授業中、ずっと眠っていた。
 これにはこっぴどく注意する先生もいたし、教科書で頭をはたかれたりもしていた。

 それでも天寺は微動だにせず、その目の下には濃いくまが見て取れ、顔色も青く、額には冷や汗浮かんでいた。

 その疲労の原因が気になり、朱鳥は再びこの場所を訪れていたのだ。

 天寺は、蹴っていた。

「せいっ……せい……っ!」

 それは足を下から上に突き上げる、最もシンプルなものだった。

 だがそのスピード、美しさから、まるで一回ごとに長く豪奢な弓の弦がたっぷりと引かれ、一気に解き放たれるようなイメージを伴った。
 さすがに天寺だと思った。

 しかし今、それはまるでピエロの戯れのようになってしまっていた。

「ハァ……っ! ァ……っ」

 腰が引け、軸足が曲がり、あまつさえ蹴り足まで曲がりそれは腹の高さまでしか上がらず、スピードもビニールボールで行われるバレーのやり取りよりも遅くなってしまっている。

 そして朱鳥が口元で、カウントを"続行"する。
 朱鳥はすべての練習の記録をつけるつもりで、数も正確にかぞえていたのだ。

「813……814……815……」

 朱鳥は知らなかったが、通常道場で行う稽古で一つの技にかける回数は、少なくて10回、多くても30回ほどだ。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇