”重戦車” 塚越孝之 ~極真史上最強の五人

2019年12月8日

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

個人的に彼は、世間に正当な評価をされていないと考えている。特に、その真価について誤解を受けていると解釈している。

重戦車と言うキャッチフレーズと、一見して攻撃的に見えるその180センチ115キロと言う体格から、いかにも膂力に任せた乱暴な組み手スタイルと勘違いしている人は多いと思う。

既に紹介した塚本、ウイリーが、いわゆる蹴り、突きを極めた、攻撃の特化型だとするならば。

塚越は、受け、捌き、そして合わせ、返し、交差法などの、いわゆる守りを究めた達人である。

正直彼の凄さは、伝えるのは難しい。彼の試合は、基本的に前2人のような見てわかりやすい圧倒的な一本勝ちが少ないからだ。

彼はいわゆる、いぶし銀というか、玄人好みな戦い方をするのである。

将棋でいえば大山康治のようなタイプだ。いやむしろこっちの方が分かりづらいか(笑

いわゆるどっしり構えて、隙をなくし、相手からの攻め手をなくさせて、無理矢理、もしくは誘ったところに無理な攻撃が来たところを、つぶしてしまう。

そういう実に高度な駆け引きをするタイプなのだ。

それがどれほどのものかと言うと――この見解に関しては私の先生と一致しているのだが、先に述べた同時代の史上最強の一角である塚本と、お互い無傷で、大技が当たらなく、真っ向勝負したのならば、まず十回に十回――塚越が勝ってしまうだろう。

それほどのものなのだ。

それほど穴がない、完成された受け、さばき、合わせの技術を持つ選手なのだ。

事実としてぶつかり合った、第38回全日本大会決勝と、第42回全日本大会準決勝では、あの塚本がそれぞれ左下段廻し蹴りを効かされてしまっている。



既に述べた通り身長180センチ体重115キロと総重量級な体格にして、本戦から最終延長まで連続してラッシュがかけられるスタミナ、暴風のようなスピード、そしてあらゆる技を今使いこなす器用さ、柔軟性、そして奥足への左の下段廻し蹴りと言う、通常当てるのが難しい技を主な武器として扱い、ほとんどすべての相手に対して有効だと言うその渋さ。

その強さが遺憾なく発揮されたのは、第9回世界大会。

ベスト8に、日本人は塚越と塚本の、2人のみ。
そして塚本は、準々決勝で敗れるという、異常事態。

初めて日本から王座が流出するかもしれないという緊急事態。

その塚越が――史上最強と呼ばれた外国人4強の、そのうち3人を連続して破らなければいけないと言う圧倒的に厳しい状況。

その中――準々決勝では “シベリアの皇帝" と呼ばれたロシアのデニスグリゴリエフ、準決勝では “神童" と謳われたブルガリアのヴァレリーディミトロフ、そして決勝では “バルトの魔人" と恐れられたドナタスイムブラス。

この3人を立て続けに、圧倒的に破ってしまったのだ。

“シベリアの皇帝" デニスグリゴリエフを、接近して突きとロングレンジの蹴りを封じ、左下段を効かせ、


“神童" ヴァレリーの代名詞下段踵蹴りヴァレリーキック、踵落としを完ぺきに封じ、膝蹴りで意識が一瞬飛ぶこともあったものの、左下段で完全にバランスを崩させ、


“バルトの魔人" ドナタスの、そのバズーカのような突き、膝蹴りを完全に廻し受けで捌き切り、左下段を効かせてからの右下段で完全に圧倒しました。


極真空手を20年以上やってきた私から見て、彼が極真史上最強の一角にあることは間違いない。

受けの達人、塚越孝行。

どうか彼の凄さ、素晴らしさが、正確に世間に伝わることを願っている。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

関連記事はこちらへ!→ 空手及び格闘技

面白かったらこちらをクリック👍
 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング