新着記事

Thumbnail of new posts 127

: 空手および格闘技

“空手界のミルコ”中山猛夫 極真,芦原,正道を左ハイキックで活躍した空手家!

第9回全日本大会初出場での準優勝 極真空手の第9回全日本空手道選手権大会出場して ...
安田英治と山口剛玄と江上茂と大山倍達

: 空手および格闘技

“武神”安田英治②剛柔流,松濤館,大山道場,極真空手修め武道の神髄に到達した伝説!

極真史上最強の空手家 極真空手の長い歴史の中で、神の名を冠する異名を持った人間と ...
Thumbnail of new posts 035

: 空手および格闘技

“獰猛なる英国紳士”ニコラス.ダ.コスタ 中量級で後ろ回し,下突き,素早い出入りを武器に、二年連続世界大会ベスト8を達成した名選手!

UFC準優勝ジェラルド・ゴルドーを撃破 第3回、および第4回世界大会に出場し、第 ...
Thumbnail of new posts 155

: 空手および格闘技

“戦慄の膝小僧”ヴァンダレイシウバvsジャクソン①膝蹴り20連打がマッドドッグを粉砕!【PRIDE】

PRIDEミドル級絶対王者 まさにPRIDEの象徴、その1人として圧倒的な活躍を ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • Ⅴ:賢者騎士団

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「要は、決起だ。魔物の方からの、人間に対する宣戦布告だね」  それにドクン、とエリューの心臓が脈打った。 あの一匹で ……

  • Ⅹ/急襲③

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  大上段にこちらの背中を狙っていた敵兵の腹に、突き立てる。 鎧を貫き、そして背中に生えた。 狙いと使い方さえ間違えな ……

  • #46「深々と降る雪」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  空を、見上げる。  青い――というよありも暗さを含んだ碧い空から、白い粒が降り注いでいた。 それはまるで宝石箱から ……

  • Ⅶ/傭兵の生活⑥

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  その日の夕食。  アレは生まれて初めて、おばあさん以外の人と一緒に食事をとることになった。  それも、大人数の異性 ……

#22「どうしよう?」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 ぼくは胸騒ぎに駆られていた。

 もう時刻は、3時になろうかとしている。
 既に一回、看護士さんが見回りに来たのを薄目で確認している。

 なにかあったのか?

 ぼくに嫌気がさしたのか?

 他のみんなと、同じように?

「…………」

 考えれば考えるほど、鬱だった。

 ぼくには子供の頃の記憶なんて、ほとんど残ってない。
 正直あまりに同じようなことばかりだったの毎日だったので、記憶にとどまるような出来事の方が少ないのだ。

 ただそれでも少なくとも、母は今よりは笑っていたような気がする。
 今よりも、面倒そうな顔を見せてはいなかったような気はしている。

 自分を鑑みる。

 ぼくは基本的に、相手の顔色を窺って行動している。
 ワガママを言った覚えはない。
 だからぼくは、良い子なはずだった。

 だけどぼくが心地よく感じるのは、棚多さんやマヤといる時だった。
 裕子さんや、渡河辺先生のような、無理を言わず理屈で考える――ぼくのような人間が相手の時では、なかった。

 ぼくはなにをしていたんだろう?

 こんな状況に追い込んだのは、他ならぬぼくじゃないか。

「遼」

「っ!?」

 とつぜん、耳元に聞こえた彼女の声にぼくは心臓がひっくり返りそうになるほどビックリして仰け反り返って、跳ねて、そっちを見ようと身体を捻って、だけどその弾みで扉側のベッドから、必然として――転げ落ちた。

 ドシーン、というみっともない音。





 それが夜の帳に、響き渡る。

 バタバタという足音が、廊下からやってくる。
 それにぼくは、我に返る。
 マズい。
 ベッドを見る。彼女はいつものようにベッドの脇に、ちょこんと腰かけていた。
 いつの間に来ていたのか? 疑問を浮かべる余裕もない。
 ぼくは咄嗟に彼女の肩を掴み、布団の中に押し込んだ。

 同時に扉が、開け放たれる。

 裕子さん。

「ど、ど、ど、どうしたんです成海さん? すっごい音しましたけど、ほ、ほ、ほ、発作ですか?」

 こんなに慌てた裕子さんを見るのは初めてで、正直若干ぽかーんとしてじろじろ見てしまうくらいには興味深かったけど、こっちはこっちでテンパってたのでなんどころではなかった。

 だからとにもかくにも現状を、説明じゃなくなんとか取りつくろろう、

「い、い、い、いやそのちょっと寝相悪くて寝返り打ったときにベッドから落ちちゃっただけでな、な、な、なんでもないですっ」

 テンパりがテンパりを生む、大いなる悪循環だった。
 これが人間同士の協力が産みだすという化学反応というやつなのかと深層の深層心理で思っていたかもしれないひょっとしたら。

 裕子さんはぼくの説明にほんのり納得したのか安堵の表情を浮かべ、

「そ、そうだったんですか……あーびっくりしましたよ。いつもお静かで手のかからない患者さんである成海さんの病室から大きな音がしたんですから……じゃあもう遅いですから、寝てくださいね?」

「あ、は、はい……?」

「確認したら、私も戻りますから」

「は、はぁ……」

 固まる。

 後ろには、布団。
 眠るには、ベッドに横になる必要がある。

 だけど布団の中には、マヤ。
 眠るには、彼女をどかすか、乗っからなくてはいけない。

 とうぜんどちらも不可、というか論外。

 どうしよう?

「? どうしたんですか成海さん?」
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇