新着記事

黙想する大山倍達

: 空手および格闘技

黙想 稽古前後に行われるそこに秘められた、武道空手の深奥とは――

黙想 極真空手の稽古において、それを始める前に正座してまず初めに行われるものだ。 ...
白蓮会館世界王者北島悠悠

: 空手および格闘技

“白蓮世界王者”北島悠悠 南豪宏に次ぐ絶対王者として塚本徳臣とも激闘を繰り広げた必殺の飛び膝蹴り!

白蓮会館覇者 最強の侵略者である、白蓮会館、その初期を支えた絶対的な覇者であり、 ...
ロッキー・リンにアッパーを打ち込むリカルド・ロペス

: 空手および格闘技

ホワイトファング!リカルドロペス最強伝説 はじめの一歩越え衝撃アッパーが相手を場外まで吹き飛ばす!

史上最強リカルド・マルチネス 範馬刃牙でいう範馬勇次郎、ドラゴンボール超でいう破 ...
郭雲深の半歩崩拳

: 空手および格闘技

“半歩崩拳あまねく天下を打つ”郭雲深 郭海皇のモデル,史上最強の武術家 太氣至誠拳法澤井健一の師 王郷斎を弟子に持つ!

郭雲深 私の先生は実技のみではなく、空手のみではなく、様々なジャンルや、そして武 ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • ⅩⅩⅣ/処女検査②

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  叫び出したい気持ちを必死に抑えて、夫の話に耳を傾けていた。  しかし役人たちは、ほとんど話を聞く気はなかった。 た ……

  • 第65話「怒られた子供」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「入ったサークルが悪かったんだ。……いや、よかったのかな? あいつ、大学に入って勢いに押されて、一番最初に勧誘された ……

  • 三十四話「一撃」超本格格闘技小説顎

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  そう。  天寺の中で、あの組み手によって変わったものがあった。 火のような、闘争心。 足掻くような、必死さ。 粘着 ……

  • 十四話「煉仁会」超本格格闘技小説顎

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  聞こえたのは、風の唸り。  感じたのは、髪が揺れる風圧。  見えたのは、目の前の木の葉が掻き消えた事。  でも結局 ……

第44話「あ、昨日も会ったねぇ?」

2020年10月8日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 次の日。

 必要なところはパソコンでメモをとったり、隼人と喋ったりしながら午前中の授業を終え、昼休みを迎えた。
 いつものようにサークル室に向かう隼人を見送り、僕は昨日立てた作戦を早速実行してみることにした。
 頭が飽和状態であらかじめ買っておくのを忘れていたパンを、久々に並んだ行列にうんざりしながら買う。

 選ぶ時一瞬迷ったが、せっかくだから昨日薦めた30種類のスパイスのカレーパンを買った。
 ようやく買い終えて店を出る時、レジに立つおばちゃんの肩越しに購買部内の時計が目に入る。

 昼休みが始まって少しの、十二時二十三分――昼休みは十二時十分から十三時まで。
 吹き抜けに出るドアを開けて、指定席の椅子を覗くと――いた。

 いつものように、厳かな感じを受ける全身真っ黒な格好で……昨日教えた30種類のスパイスのカレーパンを食べていた。
 ちょっと嬉しい。

 ――――よし!

 気を引き締めて彼女の傍まで行き、出来るだけ軽快な声を意識して笑顔を作った、

「あ! 昨日も会ったねぇ?」

 ――が、

 返事どころか、またしてもこっちを向いてくれることさえなかった。
 ……OK。


 昨日と同じように、呼びかけてるのが自分のことと思ってないわけね。
 なら……と、昨日と同じように彼女の左肩を叩いて気づかせようと右手を近づけ――昨日と全く同じように、彼女は物凄い勢いで振り返った。

 まるで背中に目でもついてるんじゃないかと思える超反応。
 ひょっとして、僕って匂うんじゃないのか……と一瞬その手を引っ込めて匂いを嗅いだが、特に異臭はしなかった。

 そんなことしてる間にこっちを、大きく目を見開いて、でもやっぱり感情の宿らない瞳で見つめる彼女に気づく。
 気を取り直して再び、

「あ! 昨日も会ったねぇ?」

 全開の営業スマイルを作る。

 彼女は――こくり、と不思議そうな顔で素直に頷いた。
 そ、そこで頷くか?

「……う、うん」

 想定外の反応に一瞬次に何を言うか忘れた。

「……で、さ。そ、そこにいるのまえからきになってたんだよねっ」

 慌てて言ったので凄い棒読みまくし立てになる。

「ぶっちゃけ……携帯の番号とアドレス、教えてくれないかな?」

 その無邪気な様子に多少気圧されながらもなんとか最後は作戦通りに切り出した。
 最初彼女は少しの間ぽーっとこちらを眺めていたが、不意に思い出したように、

 こくり、

 と静かに頷いた。

「――え? …………マジで?」
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇