新着記事

Thumbnail of new posts 174

: 空手および格闘技

“ヒットマン”長田賢一 空道北斗旗を通算7度制し,佐竹雅昭,極真と共に最強の一角に数えられた、一撃必殺のその打撃!

大道塾草創期の絶対王者 大道塾空道を代表する選手として、その草創期に多大なる活躍 ...
Thumbnail of new posts 130

: 空手および格闘技

ミッシェルvsアデミール 欧州最強の男と南米の星で繰り広げた星の潰し合い、世界最強を決める壮絶な戦い!

極真史上最高のBEST BOUT それを考えた場合私の頭に、3つの戦いが浮かんで ...
Thumbnail of new posts 020

: 空手および格闘技

残り1秒の奇跡 塚本徳臣vsローマン 会場総立ちにした究極の一撃必殺!

格闘技史上最高の盛り上がり 極真史上いやもしかしたら格闘技史上においても、最も会 ...
Thumbnail of new posts 128

: 空手および格闘技

本物のデンプシーロール!幕之内一歩の必殺技元祖ジャックデンプシー,その勇姿!!

ジャック・デンプシー 彼ほどあの漫画の影響で有名になったボクサーもいないのではな ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • Ⅷ/夕餉の宣誓②

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  その素直な言葉に、男たちは一斉に息を吐く。 やっぱりか、という落胆というか安心というか。  それに強張っていたレッ ……

  • 二十四話「2年前の事件」殴り蹴りあう空手家二人

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  遥は、あれからずっと上の空だった。  授業中も、移動教室中も、お弁当食べてる時も、家に帰ってからテレビ見ててもご飯 ……

  • RPG小説「EN-BLADE 〜ドMなお兄ちゃんが異世界で聖剣と神技で伝説を作る!?〜」

    前書き 初めてやったロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストⅥの衝撃 初めてやったRPGは、ドラゴンクエストⅥでした。 私の家は特殊で中学校か高校かは忘れましたがそこに上がるまでRPGは買ってもらえませんでした。理由は単 ……

  • #fin「ぼくの人生の、意味」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 「成海さん、よい顔になられましたなあ」  初めてそう言われ、ぼくは驚き、そして相好を崩す。 「そうですか? ありがとうござ ……

第45話「真っ黒な携帯」

2020年10月8日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 不意打ちだった。

 切間からケースとして教えられてはいたが、まさか本当にOKを貰えることがありえるとは夢にも思ってなかったので、完全に意表を突かれた。
 しばしの間僕の口からは何も出てくることはなく、二人の間に沈黙が流れる。

 だけど、いつまでも呆気に取られてる場合ではないので、

「……じゃ、あ」

 ポケットから携帯を取り出した。
 白いボディに赤いカラーリングの、F-1カーを連想させるシャープなフォルム。

 それを見て、彼女もバッグから取り出した。
 真っ黒な携帯だった。

 まるで服に合わせたかのような……実際合わせているのかもしれない、彼女なら……おまけに何の飾り気もない。
 ただひたすらに真四角な形をしていた。

 でも機能はちゃんと新しいもののようで、ついていた赤外線通信でお互いの情報をする。
 番号とアドレスと一緒に、彼女の名前が送られてきた。

 暗戸夜月(くらど よづき)。

 かなり変わった名前だと思った。
 暗かったり夜だったり――でも今の僕にはそれを気に掛けてる時間も余裕も、なかった。

 一度深呼吸をして、覚悟を決める。
 用意しておいた台詞を頭の中で反復して、

「……面と向かって話すの緊張するからメールするね! ちょっと待ってて!」

 一息で言った。
 笑顔も引きつってたと思う。

 言ったあと、逃げるようにダッシュで離れながら、前日から作っておいた

『いきなりメールしちゃった! ご趣味は?』

 というメールを送る。


 必死だった。
 心臓なんか本当に早鐘みたいにバックンバックン鳴ってうるさかった。

 走る。
 屋上まで駆け上がって、ガラス張りのドアを引き開けて、中に入って、横になって、心臓が落ち着くのとメールが来るのを待った。

 暑かった。
 まだ五月の終わりだというのに、もう蝉の鳴き声が響き始めている。
 ぎらぎらと照りつける真っ白な太陽と、突き抜けるような真っ青な空が、意識を漂白していく。

 ――デートの約束まで持っていく。

 不意に切間の言葉が頭に甦った、その時。

 意外な程早いタイミングで、携帯が震えた。

 授業中に音が出たら困るのでマナーモードにしてたから、バイブだ。
 飛び起きて画面にかじりつく。
 画面には一言、

『ゲーム』

 と書かれていた。

 ……えーと。

 返事を打って、送った。

『どんなゲームが好きなの?』

 またすぐに返信が来た。

『敵を殺すやつ』

 意外だな。そう思った。

 まずこんなに速くメールを返せるほど携帯を使い慣れてる、ということもそうだし、ゲームが趣味というのも、もっと浮き世離れしてると勝手に思い込んでたから意外だと思った。
 敵を殺すやつっていうのは、やっぱりRPGとか格ゲーとかシューティングゲームのことなのかな?

 ――なら、
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇