新着記事

Thumbnail of new posts 097

: 空手および格闘技

“格闘マシーン”黒澤浩樹 初出場優勝最年少 松井章圭と死闘,下段で一本勝ちの山を築き上げた軌跡!

魂の下段廻し蹴り それに命をかけた選手というのが私の知る限り、四人存在している。 ...
Thumbnail of new posts 087

: 空手および格闘技

“武芸者”木村靖彦 日本連続準優勝,世界連続6位で日本を支えた大黒柱!

左中段廻し蹴り 極真空手の歴史の中で、様々な得意技を持つ選手たちを見てきたが、そ ...
Thumbnail of new posts 013

: 空手および格闘技

極真史上最強に名を連ねる五人の空手家たち

極真史上最も強い人間とは誰か? そう考えた場合に、極真空手を20年以上行ってきて ...
Thumbnail of new posts 159

: 神アニメレビュー

【かおす寒鰤屋】この程度の雨なら濡れるのも風情だ――名作漫画名言

骨董がテーマのジャンプ漫画 ジャンプ漫画の中でも極めて珍しい、骨董をテーマにした ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • ⅩⅥ:月下の対話

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  それにマダスカは、かなり参っていた。 魔術師であり若干15歳の少女であるマダスカは、運動関係は不得手だった。  そ ……

  • Ⅸ:魔力

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 「まず、問おう。勇者とは、なにか?」  場所は、エリューが住むコーンクールの村から五日も歩いた末に辿り着いた、深い山奥。  ……

  • 第17話「あの日のその後⑥」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  両手をポケットに突っ込んで歩き慣れた道を歩く。  コンクリートで舗装された車道と歩道と電柱と電線、そしてそのさらに ……

  • RPG小説「EN-BLADE 〜ドMなお兄ちゃんが異世界で聖剣と神技で伝説を作る!?〜」

    前書き 初めてやったロールプレイングゲーム、ドラゴンクエストⅥの衝撃 初めてやったRPGは、ドラゴンクエストⅥでした。 私の家は特殊で中学校か高校かは忘れましたがそこに上がるまでRPGは買ってもらえませんでした。理由は単 ……

第39話「購買部へ行こう!」

2020年10月8日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

「……うちの購買部にも置いてあるけど。……よかったら、見に行く?」

 こくっ、と0.1秒で肯定の返事が返ってきた。
 視線は逸らさず、頭だけ高速で頷かれた。

 そのあまりの反応の速さに苦笑しつつ、

「じゃ、行こうか?」

 促すと、彼女はもう一度大きく頷いたあと、そこで初めて能面のような無表情を崩して――



 顔いっぱいの無邪気な笑顔を見せた。



 とくん……、と心臓がはねる。
 目も口も柔らかく細められたその顔は、さきほどまでの人形のような彼女と同じ人物とは思えなかった。

 ――こんな顔、出来るのか……。

 気づけば両拳は握り締められていて、その掌は汗でびっしょりと濡れていた。


 上芝(かみしば)大学の購買部は、街にあるコンビニとほとんど同じような経営体制になっている。

 電光看板の下の自動ドアの中に足を踏み入れると、右手にレジと店員のおばちゃんが出迎え、真ん中に置かれた商品棚がまず目に入る。
 その左側のスペースには学校で使うような参考書や筆記用具、それに雑誌や漫画なんかも並んでいる。

 この辺が高校までと違って自由度が高いと思う。
 奥には冷蔵コーナーが設置されており、弁当やおにぎりなどの日持ちしないものが並び、そして手前の商品棚の右側にタオルや電池なんかの生活用品に混じって、お目当てのパンコーナーが顔を覗かせる。

 僕は彼女と並んで購買部に向った。
 昼休みが始まった瞬間から始まる爆発的な喧騒は彼女と話してるうちに幾分和らいでおり、入ると購買部の中では5、6人の生徒がパンや雑誌を物色して歩き回っていた。

 少し、心配になった。
 僕なんかは混むのを経験則的に知ってるからいつも予め昼休みになる前に買っておいているが、今回はあの喧騒が終わったあとだ。

 見ると、焼そばパンやメンチカツパンなんかの人気がありそうなものはその姿を消していた。
 これで無かったら間抜けだな、なんて思いながら視線を流していくと――

 ――お、あった。
 ギリ一個残ってたな。

 目当てのパンを見つけ、それを指差しながら彼女の方を振り向き、

「これなんだけど、見」てみて、

 と言い切るより早く彼女は僕の脇をすり抜けてそのパンを取り、その足でカウンターのおばちゃんに無言で差し出していた。
 …………まっ、いいけどね。

 呆然とする心を落ち着けて、とりあえずパンが"あった"場所をさしてた指を引っ込める。
 その指で頬を掻きながら、様子を見る。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇