新着記事

Thumbnail of new posts 084

: 空手および格闘技

“ヒットマン”長田賢一 空道北斗旗を通算7度制し,佐竹雅昭,極真と共に最強の一角に数えられた、一撃必殺のその打撃!

大道塾草創期の絶対王者 大道塾空道を代表する選手として、その草創期に多大なる活躍 ...
Thumbnail of new posts 200

: 空手および格闘技

ミッシェルvsアデミール 欧州最強の男と南米の星で繰り広げた星の潰し合い、世界最強を決める壮絶な戦い!

極真史上最高のBEST BOUT それを考えた場合私の頭に、3つの戦いが浮かんで ...
Thumbnail of new posts 091

: 空手および格闘技

残り1秒の奇跡 塚本徳臣vsローマン 会場総立ちにした究極の一撃必殺!

格闘技史上最高の盛り上がり 極真史上いやもしかしたら格闘技史上においても、最も会 ...
Thumbnail of new posts 031

: 空手および格闘技

本物のデンプシーロール!幕之内一歩の必殺技元祖ジャックデンプシー,その勇姿!!

ジャック・デンプシー 彼ほどあの漫画の影響で有名になったボクサーもいないのではな ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • Ⅸ/不吉な兆し①

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「……使命、ね」  考えていた。  使命。 使わされた命。 命の、使い方。  そんなものがあるだなんて、考えたことも ……

  • 五十六話「ヒーロー」殴り蹴りあう空手家二人

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  知らず天寺は、遥を睨みつけていた。 それは、今までの溜まりに溜まったプレッシャーのはけ口を見つけたかのようだった。 ……

  • 第12話「あの日のその後①」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  バスに揺られながら、僕は不意に強烈な眠気に襲われた。  ここのところ今日のこの告白のことを思ってずっと緊張してたか ……

  • ⅩⅩ/火中の対話①

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  なにが彼女をそこまで言わせるのかは、わからなかったが。 「……ならばベト。貴方の責任は、重大だ」 「ああ、わぁって ……

第79話「穏やかな日々」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 それからはしばらく、穏やかな日々が続いた。

 学校に行き隼人や切間と授業を受け、昼休みは彼女と隼人と三人で昼食を取る。
 彼女が隼人ともアドレス交換をしたおかげで、三人それぞれに言葉とメールを駆使したスムーズな――って言うんだろうか、こういう場合……?――意志疎通が出来るようになった。

 隼人は相変わらずにこにこ笑って写真部での話や趣味の映画の話をしていたし、彼女はそれに相槌を打ったり、絶妙な――天然の?――合いの手を入れていた。
 僕は僕で空手の話や神龍との旅の話。
 それにゼミでの切間の暴走振りなどを話した。

 たまに二人で結託されて、狙ってるんだか天然なんだかわからない僕への際どい質問が飛んだりして、慌てて誤魔化したりかわしたりと冷や汗を流した。

 夜には稽古をして、とうさんの実践論を聞く。
 そして気分がノった日や誘われた日は、切間と家で朝まで騒いだりして過ごした。

 凄く、楽しかったと思う。


 そんな日々を過ごしながら『照ヶ崎海岸探索』を三日後に控えた、六月十三日、木曜日。
 一限目の原田先生の消費経済の授業が終わったあと次のコマが空きだった僕は、カフェテリアにいた。

 部屋中に満ちるその香りに目を閉じる。
 ハーブティーの香りって、本当に心を落ち着けるんだなぁ……。

 窓際のカウンター席の一つで肘をついて、ストローでオレンジジュースをちびちびと飲んでいる。
 目の前には腕を伸ばして机の上にべったりとつけ、その上に側頭部を乗せたプラチナブロンドがいる。
 同じく今の時間が空きの切間だ。

 カフェテリアを含め、大学の中はいたる所にクーラーが効いていて非常に快適だ。
 そうなると外とのギャップによって、どうしても空き時間は怠惰に過ごしたくなる。
 上芝大学のカフェテリアは、奥にソファー席が十、手前のカウンターに椅子が四十は設置されていて、空間的には漫画喫茶に近いように思う。

 あちこちで生徒が僕たちと同じように怠惰に過ごしているのが見て取れる。

「原田先生のレポート、終わった?」

 ソファー席の、漫画を持ち寄り騒いでる学生の群れを見ながら、なんとなしに話し始める。

「全然。俺がレポートを期日前に終わってると思うか?」

「いや、全然」

 しばらくの沈黙。
 口元をひくつかせながら切間が、

「なら聞くな」

「惰性って言葉があるじゃん?」
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇