新着記事

黙想する大山倍達

: 空手および格闘技

黙想 稽古前後に行われるそこに秘められた、武道空手の深奥とは――

黙想 極真空手の稽古において、それを始める前に正座してまず初めに行われるものだ。 ...
白蓮会館世界王者北島悠悠

: 空手および格闘技

“白蓮世界王者”北島悠悠 南豪宏に次ぐ絶対王者として塚本徳臣とも激闘を繰り広げた必殺の飛び膝蹴り!

白蓮会館覇者 最強の侵略者である、白蓮会館、その初期を支えた絶対的な覇者であり、 ...
ロッキー・リンにアッパーを打ち込むリカルド・ロペス

: 空手および格闘技

ホワイトファング!リカルドロペス最強伝説 はじめの一歩越え衝撃アッパーが相手を場外まで吹き飛ばす!

史上最強リカルド・マルチネス 範馬刃牙でいう範馬勇次郎、ドラゴンボール超でいう破 ...
郭雲深の半歩崩拳

: 空手および格闘技

“半歩崩拳あまねく天下を打つ”郭雲深 郭海皇のモデル,史上最強の武術家 太氣至誠拳法澤井健一の師 王郷斎を弟子に持つ!

郭雲深 私の先生は実技のみではなく、空手のみではなく、様々なジャンルや、そして武 ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • #29「委ねる。心に。選択を」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  いつの間にか、肩に力が入っていた。 「そう……そう、ですね。その通りです。ぼくは……いや、棚多さんのいうとおりです ……

  • ⅩⅧ/哀しい笑顔②

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  さぁ、ここが岐路だ。 あんたの覚悟を、試させてもらおうか。 「軍隊って、なんですか?」 「また、そこからかよ……っ ……

  • 五十二話「トーナメント」超本格格闘技小説顎

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  不気味な存在、前回4位。”勝利至上主義”海宮慎二!  彼は天寺の同級生だという。しかしその ……

  • 第40話「お嬢ちゃん」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  おばちゃんはいつものように豪快に笑いながら対応している。 「あらぁ、変わった格好してるのねー」  とか 「手袋まで ……

Ⅺ/月が世界を食べる夜②

2020年10月9日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 沈黙に耐え切れず、ベトが会話の口火を切った。

 それにアレは焦点が合っていない瞳でぼそりと、

「すいた……」

 きっかけ。
 ベトは今までまるで発揮しなかった対人関係における切り込む隙を見つけるという喜びを発見してしまった。

「そ、そっか! もう食堂はしまってっけど、とりあえずこれだけは持ってきたから、よっ」

 後ろから。机の上に置いておいたパンと野菜スープが入った皿を、差し出す。
 それをアレは、ぼんやりとしたまま受け取り、パンをのそのそと千切り、ゆっくりと口に運び、

「もふもふ……ほいひ」

「お? ほれほれ、スープも飲みな?」

「んくんく……おいし」

 ひと息。
 それにベトも、息を吐く。
 ただの食事、それになんでこんなに神経を使う?

「あ、ベト」

 まるで今自分を見つけたかのような反応に、ベトは頭を抱える。
 信じらんねぇ無防備さ。

「今、気づいたのかよ……とりあえず良かったわ、大丈夫そうで。頭痛いとかないのか?」

「ん、ない」

 返事をしながら、むしむしとパンを千切りそれを口に放り込む。
 アレは食事に、集中していた。
 それを察し、ベトも質問をやめ、再び椅子に深く座り見守る体勢に戻る。
 なんだか、最初に会った頃に戻ったようだった。

 食事を済ませしばらくしてから、アレは今気づいたようにベトの顔を見つめた。
 しかも結構、長い間。

 それにベトは理解できずに、疑問符を浮かべる。

「ど、どうした?」

 動揺、再び。どうも目覚めてから、アレの挙動に不審が目立つ。
 理解できない。
 いや、それは元々か?

「…………」

 喋ってくれない。
 ずっと。
 もはや犬か猫かと。

 とりあえず、こちらも黙っておくことにする。
 いい加減、気を使うのにも疲れたし。
 というかそういうキャラじゃないし。

 頭を、ガリガリとかく。
 潮時か。

 席を立つ。
 色々と聞きたいこともあるが、今こうして回復したばかりの深夜に聞くこともないだろう。
 それになにより、それは簡単に済むとも思えなかった。

 スタスタとドアの傍まで移動し、いつもアレが使ってる寝床に、横になる。
 そしてアレから背を向け、ドアを向いて、瞼を閉じた。

 今日だけは、ベッドを譲る。
 ゆっくり休め。
 明日、色々聞かせてもらうさ。

 それだけ心の中で呟き、ベトは意識を沈めていった。


 そのやり取りを、スバルはドアの隙間からこっそり覗き込んでいた。

「おいおい、なにやってんだベト……?」

 スバルは、眉をひそめていた。
 あのぶっきらぼうで、無頼で、面倒くさがりなあいつらしくもない。
 えらく気を使っているし、慎重で、じれったくて、思わず飛び出したくなった。

 さすがにそれは抑えたが。
 さっさと襲っちまえってーの。
 女は情で、離れなくしちまえ。

 スバルの座右の銘だった。
 前時代的だが。
 その心の声も、当然ベトには届かない。

 だが。

 ふて寝するように横になったベトと違い、アレは放心したようにベトを見つめていた。
 ベッドに腰掛け、手足をブラブラとしている。
 いや、それがベトを見ているとは限らなかった。
 アレの視線は、ドアの――こちらの方を、たゆたっていたからだ。

「…………」

 何を考えているのか、読めない瞳。
 それがスバルには、不気味に映った。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇