新着記事

Thumbnail of new posts 089

: 空手および格闘技

“武芸者”木村靖彦 日本連続準優勝,世界連続6位で日本を支えた大黒柱!

左中段廻し蹴り 極真空手の歴史の中で、様々な得意技を持つ選手たちを見てきたが、そ ...
Thumbnail of new posts 144

: 空手および格闘技

極真史上最強に名を連ねる五人の空手家たち

極真史上最も強い人間とは誰か? そう考えた場合に、極真空手を20年以上行ってきて ...
Thumbnail of new posts 019

: 神アニメレビュー

【かおす寒鰤屋】この程度の雨なら濡れるのも風情だ――名作漫画名言

骨董がテーマのジャンプ漫画 ジャンプ漫画の中でも極めて珍しい、骨董をテーマにした ...
Thumbnail of new posts 123

: 神アニメレビュー

【Dr.STONE】楔を打ち続ける!石神千空×コハク邂逅の時!

異色な科学漫画 それまで様々な漫画やアニメやゲームやライトノベルなどあらゆる媒体 ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • 第73話「50種類のスパイスのカレーパン」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  野生の獣のようだ。僕がこの位置まで来て改めて、その凄さを実感する。 頭をよぎる、とうさんの異名。  空手の神。 「 ……

  • ⅩⅣ/悪魔憑き⑦

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  ベトの問いかけに、オレアンはやはり真っ直ぐに答えた。 「悪魔憑きは、あるさ。そりゃもう、ひとが風邪ひくのと同じくら ……

  • ⅩⅦ:蟻が像を倒す

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  あまりに端的な一言に、マダスカはしばらく言葉を失った。 「……倒したい、って」 「魔王を」  絶句。 「…………あ ……

  • Ⅴ/ただただ不安②

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「…………」  それに対してアレは凍結、無言で応えた。  初めて会う人間に、言うべき言葉は持っていない。  それにお ……

第37話「女の子に声をかけるぜ!②」

2020年10月8日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 ――よし!
 ずんずんと大股で一気に近づいて一息で、

「ねぇねぇあのさジュース飲まない!」

 ――身構える一瞬、

 彼女からの反応は、なかった。
 ――どころか、僕に"視線すら"向けられることはなかった。

 ……これは、単に話し掛けてる相手が自分のことだと思ってないだけなんじゃ?
 そう考えて、僕はもう一度ゆっくり深呼吸して心を落ち着かせてから、彼女の左肩を叩いて気づかせようと右手を近づけ、


 物凄い勢いで彼女は振り返った。


 一瞬、時が止まった。

 今まで人形のように微動だにしなかった彼女が、まるでバネ仕掛けの人形のように振り返ったのだ。
 いや、それもある意味同じ人形かなどとまとまらない思考で、更に混乱する。

 彼女は感情の宿らない瞳で、じっとこちらを見つめていた。
 それに、はっと我に返り、右手を突き出した姿勢のまま僕は用意しておいた言葉を発した。

「ね、ねぇねぇ」

 初めて正面から顔を見る。
 黒目がちのあどけなさを感じるその瞳はどこか虚ろで、微かに見開かれていた。

 驚いている。
 こちらの言葉を待っている。

 ……落ち着け。
 自分に言い聞かせる。

 もう一度心の中で三つ数えてから、


「――あのさ! ジュース飲まない?」

 言いながら、あらかじめさらに奥に入った自販機で買っておいたオレンジジュースを差し出す。
 女の子に炭酸は選り好みがあるし、お茶じゃジュースとはいえない、と熟考した末での選択だ。
 アップルジュースとどっちがいいかな、とは思ったが、そこまで考え出したらキリがない。

 彼女は――呆けたような顔をしていた。

 ――と思っていたら、僅かに――だが確かに、斜め前方に頭を傾けた。
 見ようによっては頷いているともとれるような気がする。

 …………YES?

「ど、どーぞ!」

 そう判断して僕は、無理矢理テンションを上げてジュースを手渡す。

 指先が触れた。
 少し、冷たかった。

 ――えーと……次、は……。

 彼女は貰ったジュースをしげしげと興味深げに見つめている。
 おかしいな、切間。
 普通はここで断るんじゃなかったっけ?

 気づけば僕の膝は笑っていた。
 沈黙は緊張感を増す。

 だめだ。
 突っ走れ。

 体が急激にだるくなる。
 このままだとここにいられなくなる。

 逃げ出したくなる。
『じゃあ、これで』とか言って逃げ出したくなる。

 その前に突っ走れ。
 突っ走れ。
 突っ走れ――

「あ、あのさ! 横、すわって、いい? かな……」
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇