新着記事

内山高志vsジョムトーン・チューワッタナ

: 名勝負徹底解説

眼窩底骨折の一撃!内山高志スーパー王者初防衛戦vsジョムトーン・チューワッタナとの衝撃破壊劇!

日本史上初のスーパー王者 OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王者を5度防衛、W ...
極真空手家の吾孫子功二

: 空手および格闘技

“大器晩成”吾孫子功二 未完の大器と嘱望され世界、全日本ベスト8の壁を乗り越えられなかった力が花開いた第7回世界大会の輝き!

未完の大器 身長186センチ体重102キロと言う非常に恵まれた体格、日本人離れし ...
正道会館三連覇を果たした川地雅樹

: 空手および格闘技

“正道三連覇”川地雅樹”佐竹雅昭,角田信朗,柳澤聡行や後川聡之ら強豪と鎬を削り、USA大山空手との戦いで偉業を達成した草創期を代表する名選手!

正道会館全日本草創期 初期の正道会館を代表するとも言える、そうそうたる戦績を収め ...
朴宰佑をレフトクロスで倒す畑山隆則

: 空手および格闘技

交通事故なレフトクロス!畑山隆則vs朴宰佑 天才的速攻で解説「これはちょっと早過ぎる」と叫ばせる!

畑山隆則 日本のボクシング史上においても、ある種最も高名な、そしてあまりにも高い ...

記事ジャンル一覧

関連記事

“絶技炸裂”吉成名高 クリスクロス,前蹴り,マッハ蹴り 格闘の枠を超えたその神域!

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

名高エイワスポーツジム

ムエタイファイター吉成名高

現在私が、最も注目する格闘家の1人。

世界的に有名なボクサー、井上尚弥――それにも十分に匹敵すると言っても決して過言ではない名選手。

吉成名高。

彼についての記事を一度書かせてもらったが、その伝説を捉えず、むしろ加速しているような雰囲気すらある。

400年の歴史、100戦・200戦当たり前にこなしているような選手を越えた戦士たちがひしめく中、日本人で史上初のルンピニー王者となり、それも同時にこれまで9人しかなしえていないラジャダムナン制覇まで達成している。

それも吉成名高が獲ったのは、現地では神の階級とさえ呼ばれる、かつて日本人が入ることが叶わなかった、最激戦区。

その上その戦い方それまでの日本人のようにタイ人と差別化して狙うと言うパンチとローキックではなく、現地の人間と同じような防御、体さばき、高く美しい蹴り、首相撲により、それを上回っていた。

この時点で、この言葉だけで、この事実だけでも、彼の凄まじさ、素晴らしさは語れると言うものだが、しかし実際のところ肩書よりも、上回ってしまうのは、彼のその戦いぶりと言うものだった。

それを今回は、ムエタイ同士ではなく、それが対日本人に向けられた場合のその恐ろしさを、技術面を追って、検証紹介していきたいと思う。

現在吉成名高は、日本においてRIZIN、そしてムエタイを日本に広めようと進めている、BOMと言う団体で試合を行っている。

そのBOMの団体初代王者を決める、BOMフライ級初代王座決定トーナメント、バトルオブムエタイと言うトーナメントにおいて、吉成名高の本場の超一流のムエタイ相手では、そしてムエタイのルールでは見られなかった、発揮されなかったその倒しのテクニック、凄まじさ、それが恐ろしいまでに知らしめられることになる。

その1回戦の対戦相手は、韓流麒麟児という触れ込みでやってきた、イ・ジソン。

対イ・ジソン戦

開始直後、紳士的にグローブを合わせて、7秒後、あまりにも強烈なローキックが会場に派手な音を響かせる。

よく素晴らしい蹴りを鞭と表現することがあるが、このローはそれにまさにぴったりと会う。

やはり吉成名高の評判を聞いて、気後れしているのか、ジソンの動きは硬く、おそらくの狙いはパンチのようだった。

そこに再びのローキック、その一発一発に会場が沸く。

そしてここで驚くべきことが起こった。

さらに四発目のローキックを蹴ろうとしたそこで、ジソンが左のストレートを合わせてきたのだ。

普通ならば危機的な状況の中、吉成名高体をズラしたのか左の肩が上がり、そして左のローキックがまたもその太ももに派手な音を立てたのだ。

通常ならば合わせられれば、その合わせた方が音を立てて、合わせられた技は全く意味をなさないものになる。

合わせられたにもかかわらず、体のバランスを整えて、重心を乗せて、体重を乗せて攻撃を加えるとは、どういった身体バランス、技術を持っていると言うのだろうか。

そして相手がお返しのようにローキック三連打を蹴ってきたところを躱して、右のフックでガードを上げさせておいても、ボディーの左ストレート。

それが、一発で効いてしまったようで、動揺が見える。

ムエタイでここまでのボディーストレート使う人間だと、かつていただろうか?

さらにはアッパーからのストレート、アッパーは基本的にはムエタイは天敵と言われているのが、吉成名高は見事に使いこなす。

そして相手の注意を逸らしておいて、またもアッパーやストレートを狙うかのように上半身を反らせ、重心を浮かせながら近づいての、前足での前蹴り。

相手も吉成名高のその体の動きで、重心を浮かしていて、まさかのタイミングで、しかもその前蹴りがムエタイで使われているようなストッピングではなく、つま先で突き刺すような極真空手の超一流どころと同じような蹴り方で、相手はたまらずダウン。

ロープにもたれかかっていたが、耐えきれずにマットに倒れ伏し、体を丸めて、そのまま立ち上がることができなかった。

なんと、なんと濃密な1分20秒だったのだろうか…

そして決勝の相手は香港の、チー・ユン・ファング。

対チー・ユン・ファング

吉成名高は相手の圧力や、ファングのスタンプにもどっしりと構えて、やはり前足へのローキックや前足でのフェイント。

今回は40秒間じっくりしっかりと相手に圧力をかけて、コーナーに追い込み、無駄打ちをせずに、そしてそれから20秒間相手の出方を伺っているかと思いきや、

まさかの、一度肩を入れて打つとフェイントを入れてから、それを見せつけておいてから右で誘い込んでの、クリスクロス。

信じられなかった、衝撃だった、この価値がわかっている人間がどれだけいるだろうか?

カウンターにカウンターを合わせるクリス・クロスは、それまではじめの一歩の、鷹村守が使っているものしか見たことがなかったが、最近長谷川穂積がそれを使ってKOをしているのを知ってそれも特集させていただいたが、それっきりで、ボクシングの超一流所でもただ1人しか今のところは使い手は見たことがない。

それを、まさかムエタイ選手がやってのけるなんて…。

凄過ぎる…月並みだけど、そんな感想しか出ない…。

そこからまたコーナーに追い詰めて、左ハイキックからのフックの3連打。

そして前足の前蹴りも効かせて、またもボディーのストレートで追い打ちをかけて、さらにローキックで足までも痛めつけて、前蹴りの二連打で完全に腹を効かせて、さらに組みついていたところで初の肘打ちを見せて。

ロープに追い詰めて、下を向いて、先程のローキックと瞬く同じモーションで、相手もそれに対して合わせようとしたところに、そこから腰をぐいっと入れての、急激に天空へと伸びてきたハイキックがチーのこめかみを弾き飛ばした。

絶句するしかなかった。

腹も効かせて、足も効かせて、これはどちらかでKOをするとしか、誰も考えていなかった、そうとしか思えないところに、まさかのローキックから変化するハイキック。

完全無欠。

そんな言葉が頭をよぎった。

彼の言葉はいつも謙虚で、サポートしてくれるジムの人々や、ファンの方々に対する感謝で溢れているが、しかし必ず付け加えることがある。

この時は、

謙虚な姿勢と那須川天心を継ぐ

インタビューに答える吉成エイワスポーツジム

「自分は50キロ以下でやっているが――

この階級では自分が1番強いと思っています。

もし年末オファーをいただけるならお待ちしてますので、よろしくお願いします」

他にも、

「ムエタイの魅力である技の美しさを出しながら

どんどん仕掛けて自分にしかできない戦いが出来たらいいなと思っています。

ムエタイの美しさと迫力を伝えられる試合をしたいと思います。

迫力と美しさを同時に見せる試合をして、見ている方に勇気や感動を与えられるように精一杯頑張ります」

謙虚で、前に出て行かない。

そういった日本人の琴線に触れるような美徳を持ちながらも、自らの実力を知り、自らの使命を知り、自らが果たすべきものを果たそうとしている、そういった自覚と覚悟が見て取れていた。

そういったところが本当に私としても非常にファンになっているというか、何だったら正直一度お会いできたらいいなぁとかお話ししたいなぁとか思っていますが、まぁそれは厳しいかもしれないですけど、それぐらい心技体、全てが揃った、日本人が知るべき格闘技界のウルトラスーパースターと言える。

もともとは前述した通り、45キロは、47キロで戦っていた彼だが、現在の日本の格闘技事情、そして神童と呼ばれ、近日中にボクシングに行くことが決定している那須川天心との戦いまで視野に入れて、その後のキックで日本を背負っていることを視野に入れて、階級は53キロ級まで上げていると言う話だ。

6キロ、8キロの増量など、簡単なものではなく、通常ならば非常に困難だが、そんな状況でも吉成名高は一撃KOを連発して、その神業ぶりを世間にひたすら見せつけている。

確かにキャラが立っていたり、弁舌が立ったり、挑発したり、ストーリー性がある方が、見ている方がわかりやすかったりするのはわかるのだが、しかし本物、本当の技術、ひたすらに頑張っている人、そういう方々にスポットライトが当たらないのは、私としては正直言って多少納得いかないなぁと思わなくもない。

ボクシング界の井上尚弥、ムエタイ界の吉成名高として、日本人が誇るべき人間として、これから彼の活躍、飛躍が、歴史的なものになることを願って止まない。

___________________

おススメ記事!↓

関連記事はこちらへ!→ 空手及び格闘技

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇