新着記事

Thumbnail of new posts 100

: 空手および格闘技

“空手界のミルコ”中山猛夫 極真,芦原,正道を左ハイキックで活躍した空手家!

第9回全日本大会初出場での準優勝 極真空手の第9回全日本空手道選手権大会出場して ...
安田英治と山口剛玄と江上茂と大山倍達

: 空手および格闘技

“武神”安田英治②剛柔流,松濤館,大山道場,極真空手修め武道の神髄に到達した伝説!

極真史上最強の空手家 極真空手の長い歴史の中で、神の名を冠する異名を持った人間と ...
Thumbnail of new posts 101

: 空手および格闘技

“獰猛なる英国紳士”ニコラス.ダ.コスタ 中量級で後ろ回し,下突き,素早い出入りを武器に、二年連続世界大会ベスト8を達成した名選手!

UFC準優勝ジェラルド・ゴルドーを撃破 第3回、および第4回世界大会に出場し、第 ...
Thumbnail of new posts 074

: 空手および格闘技

“戦慄の膝小僧”ヴァンダレイシウバvsジャクソン①膝蹴り20連打がマッドドッグを粉砕!【PRIDE】

PRIDEミドル級絶対王者 まさにPRIDEの象徴、その1人として圧倒的な活躍を ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • #47「純化」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  沈黙がおりた。 それも当然だった。 こんな質問、答えようがない。  ぼくはただ天を仰ぎ、雪を見つめ続ける。 そこに ……

  • ⅩⅢ:陽動

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  二度の奇襲、それに恐怖と屈辱を受け、まとめて魔法として、解放する。  振りかぶったマダスカの掌が、赤く燃える。 「 ……

  • #15「刹那の夢」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「なにが言いたいんですか? ぼくにはあなたが言っていることの、意味が一つもわからない。もっとハッキリと――」&nbs ……

  • ⅩⅩ/火中の対話②

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  嘘だった。 別に獣を侮っているというわけでもないが、結局これからずっとアジトで起こったような襲撃には備えなければな ……

第9話「仮初の日常①」

2020年10月8日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング
最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________


目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 桐峰筋(きりみねすじ)。

 早瀬市(はやせし)の中心地に位置する繁華街のここは、市内でも一際都会然とした雰囲気を漂わせている。
 ここは大学生の遊び場であり、夜の街であり、大人の憩いの場でもある。

 道路に面した店は全て飲み屋か、カラオケやボーリング場などの遊戯施設か、ちょっと中世ヨーロッパのお城を思わせるフォルムを持つホテルばかり。
 一歩路地を中に入ると更に危ない店もあるという話だが、僕は今のところそこまで踏み込んだことがないのでわからない。

 時刻は夜の七時過ぎ。
 さらに土曜日、ということもあいまって、辺りはかなりの賑わいを見せている。
 スーツを着崩したサラリーマンが肩を組んで真っ赤な顔で往年のブルースを熱唱していたり、モデル雑誌から抜け出してきたような世間一般のイメージどおりの大学生らしき男女の集団がわいわい騒ぎながら次のステージを求めて闊歩している。

 そんな街の一角に、僕らはいた。
 僕らは二人とも、大学の入学式の時と着たものと同じスーツに身を包んでいた。

 ある飲み屋の前の歩道で二人、向き合って立っている。

 僕のジャケットは紺色で、白のシャツに青のストライプのネクタイを締めている。
 どこかブレザーのような印象を受けるそれを、僕はかなり気に入っていた。基本的に原色でシンプルなものが好きなのだ。
 髪も今日はワックスを使ってそれなりにまとめてきたつもりだ。そんなに短いわけでもなければ、長すぎる印象を与えない、そういう髪型。特にかっちり固めるわけではない、けれどだらしなくないそういう髪型。
 ネクタイにもタイピンをつけている。革靴は専用のもので磨いてきた。落ち度は無いはずだ。

 何しろ、今日は勝負の日なのだから。

 目の前に立つ美香(みか)ちゃんを見る。

 少し背の低い、ショートカットの黒髪の彼女は、今日はグレーのスーツを着込んで少し大人びて見えた。
 いつものような場を和ませる柔らかい笑顔もなりを潜め、表情は堅く強張っている。

 ――嫌な想像が、頭をよぎる。

 きっと、もう心の中では言い訳を考えているんじゃないかとか、本当はあんな顔してるけど心の中じゃ『面倒くさいな、この人。いつまでも先輩面利かせて』とか考えてるんじゃないかとか、そういう次々に溢れてくる弱音や後ろ向きな発想を全力で押さえ込む。

 落ち着け。

 まだ何も始まってないし、何もやってないんだ。
 その前にそういうネガティブシンキングを行うはやめろ……脳の中だけでかぶりを振って、現実の表情は何とか笑顔を保った。

 自分でもわかるくらい頬が引くついた、強張った下手くそな笑顔だったが。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇