第88話「ぶいぶいぶいぶいとVサイン」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

「はよっ。早いね、君らは」

 その言葉に、隼人は楽しそうに隣を――彼女を見る。

「ふっふっふ……聞いてよ、しんや。よづっちゃんはね……なんと、一時間前に来た僕より早かったんだよ~」

「来るな、一時間前なんかに。……てか暗戸さん、それより早かったの!?」

 目を剥いて尋ねる僕に硬い笑顔のまま、彼女はぶいっ、とVサインを突き出す。

 ……てされてもなぁ。

「楽しみだったからねぇ」

 隼人もVサインを彼女の方に突き出す。

 なんかさらに仲良くなったみたいだった。

 本当にこの二人は相性良いと思う。

 それを微笑ましく思いながら、神龍の方に向き直る。

「神龍、ちっす」

「おう」

 目線を変えず、言葉に抑揚もない。

 相変わらずの無愛想振りだ。

 まぁ、これはこいつのスタイルだから、それで機嫌が悪いとか判断出来ないのだが。

「りゅうちゃんも僕より早かったんだよ~」

 げっ。マジか……

「お、お前も楽しみにしてたみたいだな?」

 空を見上げたまま、指だけVサインを作ってこちらに向ける。

「……はは」

 愉快な愉快な"変な"集団だった。


 笑顔で、堅い表情で、無表情で。

 ぶいぶいぶいぶいとVサインを突き出しあっている。

 これからの展開にこれ以上ないほどの巨大な不安が去来する。

 そこまで考えて、ふと思った。

「こんだけ集合したなら、切間も誘えばよかったかな?」

「そうだね。なんか、あっちゃんだけ仲間外れにしちゃったみたいだしね」

 神龍も同意する。

「うむ。久々にあいつにも会いたかったのだがな。最近ゼミではどうなんだ?」

 最近のあいつの『暴走振り』を思い出す。

「相変わらず、みんなをぐっちゃぐちゃに掻き乱してるよ。この前の第二次中間発表会なんか、みんな研究成果としてフォトショップとかイラストレーターとかの習得経過を発表してるのに、あいつだけブレイクダンスの習得経過とか言って、教室の真ん中で回りだすんだからな。まぁ、いつものように先生だけは面白そうに見守ってたけど」
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

面白かったらこちらをクリック👍
 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング