新着記事

コロナ禍うつ病潰瘍性大腸炎になり派遣切り就活20敗で考えた事

死と生の狭間、人間の尊厳を想フ いろんなことを考えました。 まず、やはり人間の尊 ...

那須川天心vs皇治 エンペラーは神に挑み、焼かれながら撃ち堕とされなかった

皇治という生き方 戦前は圧倒的な皇治不利 今回の戦いは、事前情報がかなり豊富な状 ...

【とある科学の超電磁砲T】ちょっと救われたわ…人間の尊厳と世の中の理を問う

超電磁砲Sは人間の尊厳に切り込んだ作品 無印とは別物の展開 とある科学の超電磁砲 ...

死に至る病―うつ病闘病記⑩「僕を救ってくれた奇跡の言葉」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________ ...

記事ジャンル一覧

第86話「中指一本拳」

2020年9月6日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikukose

本編

 再び笑う。

 正治の頭が急浮上し、そのまま後方に仰け反る。
 足まで宙に浮く。

 周りのどよめきが聞こえる。
 真下から、体ごと跳ね上げるような強烈な掌底を、指先がこちらを向くような角度で、かち上げてやった。頭突きは強烈な攻撃手段だが、そのあとのフォローを考えないとあとが恐いぜ?

 正治はたたらを踏んで後退し、なんとか態勢を整え、口を拭ってこちらを睨む。口の内側が切れたのか、血が流れ出していた。

 いくぞ。
 構え、前に出る。
 正治も出る。

 視線を左の方に下げる。
 大丈夫。

 この日普通、サポーターはつけないが、ここだけはちゃんとつけている。
 だから使っても、大丈夫。

 正治の正拳上段突きを、下から左手の甲を跳ね上げ弾く。

 そしてしっかり曲げてある右肘を、体ごと巻き込むように回転させる。
 それを正治は、しっかりとガードした。

 骨と骨がぶつかる音。

 双手の構えは、側面からの攻撃に強い。

 そのまま体を逆方向に捻り、左中指一本拳――通常の正拳から、中指の第二関節だけ突き出しているもの――をガードの間から強引にねじ込み、眉間を打った。

 かつん、という手応え。
 正治が方向感覚を失ったかのように、下がる。

 喰らえ。

 凶暴な笑みを浮かべ、僕はその無防備な顔面に充分に溜めを作った左上段廻し蹴りを叩き込もうとし、


「やめ」

 とうさんの手に、制された。
 ……相変わらず早いと感じた。

 仕方なく戻り、未だよろめいている正治の様子をとうさんが確かめ、中央に戻し、礼をして円の中に戻った。

 黒帯研究会の組み手は、出来るだけ実戦に即したものになっている。
 サポーターはつけず、顔面への拳を使った攻撃や、肘打ちや頭突きまで認めている。
 さすがに目突きや金的蹴りや関節蹴りは禁止されているものの、下手をすれば大怪我をしかねない、過激なものだ。

 だからそれを未然に防ぐため必ず一組づつ、周りを他の道場生で囲んで見張り、とうさんもしっかり注意し、一人一日一試合、試合時間はきっかり一分間。

 これは鉄の掟だった。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇