新着記事

Thumbnail of new posts 131

: 空手および格闘技

“武芸者”木村靖彦 日本連続準優勝,世界連続6位で日本を支えた大黒柱!

左中段廻し蹴り 極真空手の歴史の中で、様々な得意技を持つ選手たちを見てきたが、そ ...
Thumbnail of new posts 043

: 空手および格闘技

極真史上最強に名を連ねる五人の空手家たち

極真史上最も強い人間とは誰か? そう考えた場合に、極真空手を20年以上行ってきて ...
Thumbnail of new posts 117

: 神アニメレビュー

【かおす寒鰤屋】この程度の雨なら濡れるのも風情だ――名作漫画名言

骨董がテーマのジャンプ漫画 ジャンプ漫画の中でも極めて珍しい、骨董をテーマにした ...
Thumbnail of new posts 193

: 神アニメレビュー

【Dr.STONE】楔を打ち続ける!石神千空×コハク邂逅の時!

異色な科学漫画 それまで様々な漫画やアニメやゲームやライトノベルなどあらゆる媒体 ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • ⅩⅩⅦ/王との問答①

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  王の前に揃う敵の数は、正確には13。 おあつらえ向きに、不吉な数が残ってやがる。 体力も限界に近く手傷も負った現在 ……

  • #10「クリスマス①」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  クリスマス、当日。  病院では無数の飾り付けと、電球によるイルミネーション、そして病院全体を席巻するような大きなク ……

  • ⅩⅦ:蟻が像を倒す

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  あまりに端的な一言に、マダスカはしばらく言葉を失った。 「……倒したい、って」 「魔王を」  絶句。 「…………あ ……

  • Ⅹ/急襲⑤

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  次に湧きおこったのは、再度の、そして以前すら上回る怒りだった。  逃げたくない?  戦うことすら満足にできない女子 ……

第86話「中指一本拳」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 再び笑う。

 正治の頭が急浮上し、そのまま後方に仰け反る。
 足まで宙に浮く。

 周りのどよめきが聞こえる。
 真下から、体ごと跳ね上げるような強烈な掌底を、指先がこちらを向くような角度で、かち上げてやった。頭突きは強烈な攻撃手段だが、そのあとのフォローを考えないとあとが恐いぜ?

 正治はたたらを踏んで後退し、なんとか態勢を整え、口を拭ってこちらを睨む。口の内側が切れたのか、血が流れ出していた。

 いくぞ。
 構え、前に出る。
 正治も出る。

 視線を左の方に下げる。
 大丈夫。

 この日普通、サポーターはつけないが、ここだけはちゃんとつけている。
 だから使っても、大丈夫。

 正治の正拳上段突きを、下から左手の甲を跳ね上げ弾く。

 そしてしっかり曲げてある右肘を、体ごと巻き込むように回転させる。
 それを正治は、しっかりとガードした。

 骨と骨がぶつかる音。

 双手の構えは、側面からの攻撃に強い。

 そのまま体を逆方向に捻り、左中指一本拳――通常の正拳から、中指の第二関節だけ突き出しているもの――をガードの間から強引にねじ込み、眉間を打った。

 かつん、という手応え。
 正治が方向感覚を失ったかのように、下がる。

 喰らえ。

 凶暴な笑みを浮かべ、僕はその無防備な顔面に充分に溜めを作った左上段廻し蹴りを叩き込もうとし、


「やめ」

 とうさんの手に、制された。
 ……相変わらず早いと感じた。

 仕方なく戻り、未だよろめいている正治の様子をとうさんが確かめ、中央に戻し、礼をして円の中に戻った。

 黒帯研究会の組み手は、出来るだけ実戦に即したものになっている。
 サポーターはつけず、顔面への拳を使った攻撃や、肘打ちや頭突きまで認めている。
 さすがに目突きや金的蹴りや関節蹴りは禁止されているものの、下手をすれば大怪我をしかねない、過激なものだ。

 だからそれを未然に防ぐため必ず一組づつ、周りを他の道場生で囲んで見張り、とうさんもしっかり注意し、一人一日一試合、試合時間はきっかり一分間。

 これは鉄の掟だった。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇