RPG小説「EN-BLADE 〜ドMなお兄ちゃんが異世界で聖剣と神技で伝説を作る!?〜」について

2020年4月18日

初めてやったRPGは、ドラゴンクエストⅥでした。

私の家は特殊で、中学校か高校かは忘れましたがそこに上がるまでRPGは買ってもらえませんでした。理由は単純で、それぐらい上がらないとクリア出来ないだろうという判断だったからです。

それまで対戦ゲームしかやってこなかったので、勇者となって世界を回り、伝説の武具を集めて、救うというそのストーリーとシステムにすっかり魅了されました。

それからさらにドラクエを扱った漫画であるダイの大冒険やロトの紋章、さらにはファイナルファンタジー、クロノトリガーやワイルドアームズなど様々なRPGに手を出してきました。

それらのストーリーはどれも素晴らしかったのですが、いつかは自分が自分なりの設定で自分好みのRPGを描きたいと夢見てきました。実際RPGツクールシリーズにも手を出したりしました、もちろん幼少の頃の話だったので、最初の村も作れずに挫折しましたが(笑)

そんな十何年にも及ぶ想いの丈を込めました! ぜひ、その熱量を感じて頂けたらと思います!!
___________________

本編はこちらへ! → 第一章へ進む

面白かったらこちらをクリック👍
 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング