新着記事

Thumbnail of new posts 026

: 空手および格闘技

“格闘マシーン”黒澤浩樹 初出場優勝最年少 松井章圭と死闘,下段で一本勝ちの山を築き上げた軌跡!

魂の下段廻し蹴り それに命をかけた選手というのが私の知る限り、四人存在している。 ...
Thumbnail of new posts 104

: 空手および格闘技

“武芸者”木村靖彦 日本連続準優勝,世界連続6位で日本を支えた大黒柱!

左中段廻し蹴り 極真空手の歴史の中で、様々な得意技を持つ選手たちを見てきたが、そ ...
Thumbnail of new posts 011

: 空手および格闘技

極真史上最強に名を連ねる五人の空手家たち

極真史上最も強い人間とは誰か? そう考えた場合に、極真空手を20年以上行ってきて ...
Thumbnail of new posts 013

: 神アニメレビュー

【かおす寒鰤屋】この程度の雨なら濡れるのも風情だ――名作漫画名言

骨董がテーマのジャンプ漫画 ジャンプ漫画の中でも極めて珍しい、骨董をテーマにした ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • 第94話「バズーカ砲 vs レーザー光線」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  神龍はこんな細くて長い体をしてるくせに、力は強い。 ある日アリーナで、逆立ちして腕立て伏せを始めたのを見た時は、僕 ……

  • 第36話「女の子に声をかけるぜ!①」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  ぴくん、と切間の体が反応し、 「……いってない。俺はやっぱり、家族にとって恥さらしだ」  いつもの切間らしからぬ暗 ……

  • 第62話「りゆう」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  支障はない……のか? 「い、いいかな?」  今までネガティブな訊き方ばかりしてたから、ここで方向を変えてみる。   ……

  • #34「感動」小説月が堕ちた夜の表紙

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  初めて泣いた。  テレビや本や漫画やその他もろもろの物語の中では登場人物たちはよく泣いていたけど、実際ぼく自身が泣 ……

ⅩⅨ/決別③

2020年10月9日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 その凄惨な光景に、連れたちが慌てる。

 ベトはその血を避けもせず浴び、口元で舐めとった。
 理解した。
 自分の立場を。

 そうか。
 ならもう、後戻りはできないな。

「アレ」

「はい」

 驚いたことにアレもまた、バケツでひっくり返したような血を浴びていた。
 全身で。

 それによりトレードマークの銀の髪と薄汚れてはいるが白いローブは、赤くまだらに染まる。
 それは見る者を引き攣らせる異常な光景だったがその中で、アレはいつものように笑っていた。

 快活に。

 それにベトも、いつものように不敵に笑う。

「世界を変えるぞ」

「はいっ」

 アレの声は、晴れやかだった。


 全滅させるのに、二時間もの死闘を演じることになった。
 結局は傭兵仲間たちも手伝ってくれた。
 それがなくては、逆にやられていたのは確かだったただろう。
 なにしろアレは、ただ見ているだけだったのだから。

 それではベトと国軍の、1対50の構図だ。
 いくら勢いどったと言っても、無謀な数字だろう。

「さて、こっからどうすっかな?」

 ベトは頭をかきながら――血に濡れているためいつものようにふけは飛ばなかったが、

「これで俺たちは、国を完全に敵に回した形になるな」

 その声は内容と反して、微かに嬉々とした響きを持っていたものだった。
 それにアレもなぜか笑顔で、

「そうですね。ではわたしたちは、どうしたらいいと思いますか?」

「城に乗り込もう。現国王の首を取れば、相手方も誰を相手にしているのか、否応なしにわかるしな」

「……本気で言ってるのか、ベト?」

 その声に割り込んだのは、いわずもがなスバルだった。
 その姿は泥と血と汗にまみれ、酷いものだった。
 鎧もあちこち陥没し、出血もある。だがこれでも仲間の中では被害は低い方だった。

 呻き、倒れている仲間たちは半数以上、三分の二に及んでいる。
 残りも痛むか所を押さえて、息を整えるので精いっぱいという感じだ。
 こうしてまともに会話に参加できるのは、僅かに4人に過ぎなかった。

「ああ、本気だ。ていうか本気で、頭のネジが外れたらしい。だいたいがこんな魔女(やくびょうがみ)を連れてきた時点で、年貢の納め時だったんだろう。こうなりゃいくとこまでイクだけだな」

「……アレは、どう考えている?」

 マテロフが尋ねる。
 手元には愛弓。
 彼女のまたあちこちに擦過傷を抱えていたが、長距離狙撃手という職業柄重傷は免れていた。

 アレはマテロフの問いかけに、やはり笑みで返した。

「ベトを、信じます」

 言葉が変わっていた。
 そこにはハッキリとした意思があった。

 出来る出来ないじゃない。
 ベトがいれば大丈夫、と。

 そこにはマテロフ――というよりも他人では計り知れない信頼関係がはっきりと見て取れた。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇