新着記事

Thumbnail of new posts 125

: 空手および格闘技

“格闘マシーン”黒澤浩樹 初出場優勝最年少 松井章圭と死闘,下段で一本勝ちの山を築き上げた軌跡!

魂の下段廻し蹴り それに命をかけた選手というのが私の知る限り、四人存在している。 ...
Thumbnail of new posts 018

: 空手および格闘技

“武芸者”木村靖彦 日本連続準優勝,世界連続6位で日本を支えた大黒柱!

左中段廻し蹴り 極真空手の歴史の中で、様々な得意技を持つ選手たちを見てきたが、そ ...
Thumbnail of new posts 045

: 空手および格闘技

極真史上最強に名を連ねる五人の空手家たち

極真史上最も強い人間とは誰か? そう考えた場合に、極真空手を20年以上行ってきて ...
Thumbnail of new posts 083

: 神アニメレビュー

【かおす寒鰤屋】この程度の雨なら濡れるのも風情だ――名作漫画名言

骨董がテーマのジャンプ漫画 ジャンプ漫画の中でも極めて珍しい、骨董をテーマにした ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • ⅩⅩⅢ:新たなパーティー

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「先ほどは、失礼いたしました。私の指導が至らないばかりに、弟子たちが色々とご無礼を……」 「いや、構わん。私としても ……

  • 六十一話「現代の武士」殴り蹴りあう空手家二人

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  彼はずっと、長崎県のナンバー2だった。 常に強者の称号と共に、纏に苦杯をなめさせ続けられてきた男だった。 でも、い ……

  • 第29話「非日常が作り出す”絵”」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  静かだった。  購買部でパンを買おうと騒いでいた連中もみんなカフェテラスか食堂か屋上に向かったようで、僕の耳に届く ……

  • Ⅹ/急襲③

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  大上段にこちらの背中を狙っていた敵兵の腹に、突き立てる。 鎧を貫き、そして背中に生えた。 狙いと使い方さえ間違えな ……

第65話「怒られた子供」

2020年10月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

「入ったサークルが悪かったんだ。……いや、よかったのかな? あいつ、大学に入って勢いに押されて、一番最初に勧誘されたサークルに入っちゃってね。そのサークル、名前は『フル・ボトル』っていうんだけど、活動内容は合コン、飲み、カラオケ、ボーリングの、いわゆる遊びサークルでね。そこでの活動の数々が、やつに言わせると『今まで質実剛健の生活しか知らなかったオレには、青天の霹靂のカルチャーショックだった』らしくてね。いやもう日本語と英語がチャンポンして意味わかんない感じなんだけど……で、それ以来あんな感じになったらしいんだ」

 彼女は黙って話を聞いていたが、その目にはどこか遠くを見るような、考えている様子が窺えた。

 ……でもね。
 実はこの話には、続きがあるんだ。

 あいつ、父親と上手くいってないらしいんだよね。

 以前、切間が珍しく女の子に振られて僕の部屋にやってきた時のことだ。
 日本酒の一升瓶をあけながら話を聞いてやっていたら、だんだん弱気になっていった切間が、訥々と家の話も絡めだしたのだ。

 ――実はよぉ。
 そう語る切間の顔は、怒られた子供のように弱気だった。

 最近オレ、道場には週一しか顔出してなくてさぁ。
 元々は週五の三時間づつやってたからさ、親父それで、めちゃくちゃ怒ってんだよねぇ……『そんな風にならせるために大学にやったんじゃない!』ってさぁ。

 でもさぁ、オレ、高校までずっと疑問に思ってたんだぁ。
 このまま親父が望むままの人生送ってていいのかな、って。
 で、大学入ってフル・ボトルに出会って人生観変わったんだよねぇ。


 あぁこんな自由な世界があるんだ、って。だから、今のオレの生き方っていうのはさ、流されてるとかじゃなくて自分で選んでんだ。
 だから、間違ってないと思う。

 でもさ、親父も失望させたくないじゃん?
 親父に、嫌われたくなんか、ないじゃん?
 オレ、実際どうすりゃいいんかなぁ~?

 そう呟いて天井を見上げる切間に、僕はかける言葉が見つからなかった……。

「あんなんでそんな凄い剣道場の跡取り息子だなんて、詐欺だよね。でもまあそのせいか、結構芯の方はしっかりしてるんだけどさ」

 遠い記憶の言葉を意識の底に沈め、彼女との話を再開する。

「かく言う僕ん家も、家は空手の道場やってたりするんだ。それに大学では写真部に入ってるんだ。――ていっても、友達に頼まれて名前だけ貸してるだけの幽霊部員状態なんだけどね。暗戸さんって、サークルには入ってないの?」

 首を横に振る。

「そっか」

 そして視線を前に戻すと、目当てのアクセサリー屋の前に到着していた。

「あ、ここだよ」
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇