新着記事

ロッキー・リンにアッパーを打ち込むリカルド・ロペス

: 空手および格闘技

ホワイトファング!リカルドロペス最強伝説 はじめの一歩越え衝撃アッパーが相手を場外まで吹き飛ばす!

史上最強リカルド・マルチネス 範馬刃牙でいう範馬勇次郎、ドラゴンボール超でいう破 ...
郭雲深の半歩崩拳

: 空手および格闘技

“半歩崩拳あまねく天下を打つ”郭雲深 郭海皇のモデル,史上最強の武術家 太氣至誠拳法澤井健一の師 王郷斎を弟子に持つ!

郭雲深 私の先生は実技のみではなく、空手のみではなく、様々なジャンルや、そして武 ...
輪島功一のカエルパンチ

: 空手および格闘技

“カエルパンチ”!輪島功一 はじめの一歩青木勝の必殺技 よそ見や脅かしウサギパンチを見せて掴んだ重量級の栄光!

ユニークスキル ユニークスキルと言う言葉がある。 固有技能と言われているもので、 ...
闘う極真空手家島田慧巳

: 空手および格闘技

“桜花爛漫”島田慧巳 可憐で鮮烈なる春の桜のように咲き誇ったその舞闘が観衆を魅了する!

新極真会第23回全日本ウェイト制大会 新世代の台頭が多く見られたこの大会で彼女は ...

記事ジャンル一覧

関連記事

  • ⅩⅧ/哀しい笑顔①

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  あえていえば、彼女に聞いてしまいたかった。  他人任せだった人生と、こうして自分で選びとっている人生のどちらが幸せ ……

  • 第80話「彼女も誘う!?」

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編 「お前、えらい気が抜けてねぇか?」 「わかる? 暗戸さんとか隼人と話してると、凄い疲れるんだよ。だからこういう時間は ……

  • 四十一話「都大会」超本格格闘技小説顎

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編

  • ⅩⅩⅣ/処女検査⑤

    最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む___________________ 本編  ベトはただ、剣を背負って城の中を進んでいた。  愛剣を取り戻すと、随分気持ちは楽になった。 この剣を持って、負けた ……

二十六話「一本負け」

2021年11月7日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

目次
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

本編

 硬い骨だった。
 サポーター越しだというのに、まるで皮や肉を押しのけて、骨そのものがぶつかってきたような、そんな感触があった。

 筋肉が無いわけじゃない。
 当然だ。
 あの小さい体で、あれだけの威力を持つのだ。
 筋力は凄まじい物がある。

 そうではなく、筋肉をギリギリまで絞り込んでいるのだ。
 その上で、骨を徹底的に鍛えている。
 だからこそガードの上からでも骨が痛んだ。

 その骨から繰り出される、実践的な技の数々。

 中間距離からの、矢のようなイン・ローとハイキック。
 接近してからの、散弾銃のようなパンチと膝蹴りとローキックによるラッシュ。

 そして、それを三分間休みなしに続けられる、底無しのスタミナ。

 どれも天寺が戦ってきた相手は持っていなかった、未知のものだった。
 そして、それは天寺の経験を、要領を、越えるものがあった。
 理解を、超えるものがあった。

 それでもまだ、勝てると思っていた。
 致命傷は受けない自信があったし、事実イン・ロー以外はまともに貰わなかった。
 そして、あの連打という性質上、徐々に纏の攻撃は単純化していった。
 いつも通りに、頭のいい自分の勝ちだと思っていた。

 そこにあの、左ミドルだ。

「……あれは反則だよな」

 天寺は顔の上に自らの右手を被せる。





 イン・ロー、ハイとロー、膝、突きで、中間距離の中段への蹴りはないと思わせて、あれだ。
 しかも自分が後ろ回し蹴りにいく時のモーションを盗まれ、狙われた。

 完全に裏をかかれた。

 この自分が、裏をかかれたのだ。

「あーあ……」

 右手を頭へと移し、くしゃくしゃとかきむしる。

 天寺はそれまで、相手に裏をかかれる経験がなかった。
 頭脳戦によって相手の裏をかき、顔面に蹴りを入れることで勝ってきたのだ。
 それが今回はお株を奪われた形、それが悔しくて――嬉しい。

 それも、中段で。

 中段での一本――K.Oというのは、空手の世界において最も難しい。

 一番多いのはやはり上段――顔面への蹴りだ。
 顔というものは人間鍛えようがない。
 首を鍛えてショックを吸収する、という方法もあるにはあるが、蹴りの力は腕の三倍だ。
 当てることこそ難しいが、当たればその威力に耐え切れず、マットに沈むことになる。

 次は下段だ。
 腕の三倍の力を持つ足を一番活かすには、最も近く低い位置――相手の足、太腿を蹴り込むことだ。
 その威力は上段、中段の比ではない。

 そして下段廻し蹴り――ローキックは、最も受けづらい蹴りでもある。
 膝を上げる、という行為は、同時に攻撃を放棄する、という意味合いも含む。
 どんな攻撃も前足に体重を乗せてこそ成り立つものだからだ。

 この関係上、中段への蹴りは最も半端な蹴りだという認識がなされているところがある。
 だから天寺も、あまり好まなかった。

 その蹴りで、天寺は倒されたのだ。
 人生初の、完全な一本負けだった。

 ダメージを負ったことや技あり――ボクシングにおけるダウン相当の判定は受けたことはある。
 しかし、一本負けは初めてだ。
 そもそも、ここまでクリーンヒットされた事が今までろくにない。

 その技――左中段廻し蹴り。

 ずくん、と天寺の中で猛る物がある。
 左からの中段への攻撃は、特に警戒が必要なのだ。

 人間左の脇腹には特に危険はないが、右には肝臓がある。
 だからここを強打されると、衝撃が内蔵にまで伝わり、強い苦痛を味わうハメになる。
___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇