うつ病,うつ病・潰瘍性大腸炎

青貴空羽の小説賞賞状

安易なアドバイスの危険視

死の縁までいったと言ってそれを簡単に流すのは……やめてほしいと迄は言わないが、そこまで行ったこともない場合に知ったような口で安易なアドバイスをすることがどれだけ危険な ...

うつ病,うつ病・潰瘍性大腸炎

青貴空羽の小説賞賞状

ゆずのオリンピック曲

オリンピックでも有名なゆずの代表曲の1つともいえる、栄光の架け橋。

私も大好きで、そして私と同じ出身である内村航平が金メダルを取った時にアナウンサーが言った、 ...

うつ病,うつ病・潰瘍性大腸炎

青貴空羽の小説賞賞状

レンタルなんもしない人

この間縁があってなんもしない人というのを知った。

最近本屋で見つけた、しないことリストと言う本の作者をTwitterでフォローしているのだけれど、その人のリ ...

うつ病,うつ病・潰瘍性大腸炎

ちょっと今から仕事やめてくるの表紙

人を救う小説

今回は人助けをしたいと思います。

無茶苦茶胡散臭いというか怪しいですね(笑

私が1番うつ病で苦しみ、自分の存在意義に悩み

うつ病,うつ病・潰瘍性大腸炎

青貴空羽の小説賞賞状

日々の生活での気づきたち

助かってばっかの人生

将棋の大家、大山康晴にも通じる言葉
もう駄目だ、終わった、無理、そう思っても助かったということの連続だったりする。

うつ病,うつ病・潰瘍性大腸炎

青貴空羽の小説賞賞状

なぜ居場所が必要なのか?

人は皆居場所を求める。

ここに居てもいいんだ、許されているんだ、必要とされているんだ。

そんな場所を求めそんな場所がなくて、いつも寂しくて、苦 ...

うつ病,うつ病・潰瘍性大腸炎

考える人

眠れない日

つい先日、久しぶりに眠れない日がありました。

平日は派遣スタッフとして肉体労働を行って、その後自炊してブログを更新して空手の稽古をして部屋の片付けをしてその後小説を書い ...

うつ病,うつ病・潰瘍性大腸炎

青貴空羽の小説賞賞状

手足が痺れて動けないほどの落ち込み

少し前の話だが精神的に大変落ち込む事があった。

どれぐらい大変だったかとうと、両手がしびれて、動けず、ほとんどうつ病まっさかりの状態に戻ってしま ...

うつ病,うつ病・潰瘍性大腸炎

うつ病

そんな訳で今回から潰瘍性大腸炎闘病記に引き続き、死に至る病――うつ病闘病記を始めていきたいと思います。

前回の潰瘍性大腸炎闘病記を読んでいない方は何のことかわからないと思うんです ...

うつ病,うつ病・潰瘍性大腸炎

うつ病

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

自由という名の牢獄孤独の耐性

一人は平気だと思っていました。