新着記事

全日本キックで戦うゲーオフェアテックス

: 空手および格闘技

“衝撃の左ハイ”ゲーオフェアテックス 山本元気を返り討ち 全日本キックでの完璧なる戦いに刮目せよ!

ゲーオ・フェアテックス 現在ではゲーオ・ウィラサクレックと呼ばれている彼の名前は ...
合気道開祖植芝盛平

: 空手および格闘技

“開祖”植芝盛平 渋川剛気のモデル塩田剛三の師 合気柔術武田惣角から柳生新陰流剣術の武術を集め合気道を作り体重差40kg以上の力士を投げ飛ばした歴史的真実!

合気道 最近はYouTubeでのコラボレートなどを中心として、何かと話題に上って ...
ギャリーオニールと闘う現代の侍数見肇

: 空手および格闘技

“現代の侍”数見肇 骨折,靭帯損傷でグラウべ、フィリオを破り全日本二連覇 ギャリーオニール、岩崎達也、堀池典久らと激闘を繰り広げ勝ち取った栄光!

第26回全日本空手道選手権大会 全日本大会都合五度の優勝、全世界ウェイト制大会優 ...
二宮城光と戦う極真空手家佐藤勝昭

: 空手および格闘技

二宮城光vs佐藤勝昭 1回世界大会準決勝”サバキ”と”日大の花”を継ぐ者の壮絶なる決闘!

格闘技史上最高のBEST BOUT それを考えたとき私に浮かぶのが、3つの極真空 ...

記事ジャンル一覧

関連記事

167回帰宅の主人が歴代TOP3のオススメメイドカフェを大発表!

2022年4月27日

まずはブログランキングにクリックのご支援
何卒宜しくお願いします。

 にほんブログ村 にほんブログ村へ 
 にほんブログ村ランキング   人気ブログランキング
この記事を書いた人
青貴空羽

小説家にして極真空手家。
更に2年間の英国留学不治の病うつ病になった経験、オタク文化を発信する為ブログTwitterYouTubeを始める。

Twitter:@aokikuunovel

至高のメイド喫茶

167回メイド喫茶に通いその中でオススメの3つを選べと言われ、それはかなり難題ではありました。

そして考えてみて、この3つだというものが降りてきました。

まず、第3位

メイド喫茶&コスプレ酒場 欧風ギルドレストラン ザ・グランヴァニア

実はこのメイド喫茶、残念なことに、その役割を終え、現在は営業していた場所に別のメイド喫茶が入っています。

こちらは、コンセプトとしては、海賊や荒くれ者やその組合であるギルドが贔屓にしている酒場、といったところだったでしょうか。

ここのポイントは、まずはやはりコンセプトがしっかりしているところ。

店の内装から、設定、そして従業員の服装まで、全てが徹底され、一貫していました。

それに合わせて店のメニューも、よく凝られたもので、かつ値段も大変安く、量も美味しさも申し分ありませんでした。

だからこそ普通にお腹を空かせて、そこでお腹いっぱいになることもよくありました。

様々なイベントも行っていましたし、そしてそこのスタッフの方々も実に気さくで、お客さんとの距離が実に近い。

いつでもコンスタントに話しかけに来てくれて、話題の提供も豊富で、そして本当にまるで帰ってきたように楽しくお話をさせてもらいました。

バランスが非常に良く、かつ全てが高かったので、そういう意味で3位につけさせてもらいました。

では、第2位。

アキバ戦国メイドカフェ&バーもののぷ

こちらは率直にキャストのビジュアルレベルがでたらめに高いです。
間違いなく全国でトップクラス。

もちろんその時々でキャストも卒業しますしそれによっての入れ替わりもありますから一概には言えませんが、基本的に今までではすべてのメイドさんが高水準の美女で揃えられていました。

ほとんどアイドル並みの女の子すら普通にいたりします。

そしてメイド服が、他とは完全に一線を画す、着物を改造したもので、それまた非常に可愛らしくレベルが高い。

食事に関しては普通にやや高めで、なかなか凝ってはいますがおいしさは並といったところですが、それを補って余りある満足を得られます。

やはりメイド喫茶の主役はメイドさんだということがうかがえる店舗です。

そして栄えある、第1位

私設図書館シャッツキステ

私設図書館シャッツキステ

群を抜いています、メイド喫茶の中のメイド喫茶、メイド喫茶の教科書と言うものがあるのならばこちらの店舗で間違いないでしょう。

店舗のコンセプト、メニューのクオリティー及び価格、女性の可愛らしさ、全てにおいて百点満点を超えていると言っても過言ではない。

特にコンセプトに関しては群を抜いています。

シャッツキステの歴史は古く、元々は秋葉原カルチャーカフェ シャッツキステという名を掲げており、屋根裏部屋の時代と言うものがあり、実際にビルの5階に居を構えていた時代がありました。

長く帰ってこないご主人様を待っているメイドであり、しかもそれぞれのメイドに春夏秋冬と言う特性があり、さらにパーラメイドやメイド長といった役職もあり、しかもそれぞれのメイドさん毎に物語まであって、それは漫画によって1つのストーリーとして確立さえされています。

しかも、それらをまとめた漫画の単行本として出版され、そのクオリティーは凄まじく、私も購入させていただいたほどです。



さらにはそこで提供している食事は、自らの栽培している菜園の野菜を使用しており、スコーンやスープにジャムに至るまで全てにおいて根本から手作りの圧倒的健康によい高栄養価で、かつおいしさも他の追随を許さない。

さらには30分500円で紅茶飲み放題と言う圧倒的にコスパに加えて、店の内装はすべてメイドたちによりお手製という徹底ぶり。

そこのメイド服は完全オリジナルのクラシカルタイプで、働いているメイドさん達のレベルもビジュアルはもとより、非常におしとやかで、かつユーモアにとんでいて、真ん中の大テーブルで裁縫などのお仕事をしているときに旅人さんと気さくにお話をするという、そういった配慮や距離感も素晴らしい。

おそらくは空前絶後にして、もはや後には出現することがないメイド喫茶。

だが本当に残念なことだが、このコロナ禍にあって、2020年の11月15日の閉店が決まっていると言う。

興味のある方は、ぜひとも早めのご帰宅をお勧めする。

そして番外編というわけではないが、地方なので別枠で紹介させてもらうのが、わが郷里長崎に根を下ろす

番外編 Maid in Nagasaki

実はこちら、アットホームさという意味で、実は他のメイド喫茶を圧倒するところがある。

都会のようにガツガツしておらず、なかなか満席になるようなことも少ないので、メイドさんとの距離感も近く、メイドさんもお金儲けなのではなく純粋にオタク話したいと言うような子が多かったので、和気あいあいと楽しく話せて、お互いによく覚えていることが多い。

そして食事も安価で、手軽に食べられるものをも多く、イベントで様々なチャレンジもしていて、それが意外とおいしいことも多かった。

チェキを撮るのも気楽で、メイドさんが本当に良い子ぞろいで、可愛い子が多かった。

特に我が唯一にして人生最推しである、めいちゃんがいたことがやはり大きい。

今までにおそらくは300人ぐらいのメイドさんとお会いしてきたが、その子が後にも先にも、唯一の絶対無比だ。

その娘とだけは、今まで20枚以上のチェキを撮ってきた。

それを含めて、このMaid in Nagasakiというお屋敷が、十二分なポテンシャルを持ったメイド喫茶と言えるだろう。

現在はオーナーも変わり、システムを一新され、私が通っていた頃のメイドさんもすべて卒業してしまい、現在の状況は正直詳細はわからないが、それでもいちどは訪れて欲しい場所である事は間違いない。


___________________

続きはこちらへ! → 次話へ進む

おススメ記事!↓

関連記事はこちらへ! → 真実のメイド喫茶研究所

クリック👍のご支援お願いします。
にほんブログ村 にほんブログ村へ 
ありがとうございますっ!🙇