Silly rond~白き聖女と、終わる世界~, 小説, 第Ⅱ章「剣 -brade-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 痛みに、顔をしかめる。
 だけど場所を選んでいる余裕はなかっ ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 最初に準備運動、柔軟体操から始まる。
 次に動きの練習である、基本、移 ...

空手および格闘技, 極真/ムエタイ最強伝説

松井章圭は言った。

喧嘩空手から、武道空手へ

それは大山倍達からの、脱却か

大山倍達の、棄却なのか

結果云々は、この際置いておく。それは調べれ ...

小説, 月が堕ちた夜, 第3章「memory」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 でも、錯覚だったのかもしれない。
 いましがた、月が雲に

空手および格闘技, 極真/ムエタイ最強伝説

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

チャールズマーチン。

彼の名を知らない人は多いだろう。

...

空手および格闘技, 小説, , 第三章「胎動」, 超本格格闘技小説「顎」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 硬い骨だった。
 サポーター越しだというのに、まるで皮や肉を押しの ...

小説, 第Ⅱ章「剣 -brade-」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 懇願、悲願、哀願に近いモノか。

 それをアレは唐突にマテ ...

メイド喫茶探訪記

今回はちょっと異色で、ロンドンで知り合ったイタリア人の女の子が日本にやってきたときの話です。

まだ海外留学修行録の方がそこまで進んでいないのでご存じないというか読んでる人もそんな ...

小説, 刃と夜, 第三章「補色」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 隼人は今日の写真部であった一幕を話す。
 大体最初僕らの話題 ...

小説, 月が堕ちた夜, 第3章「memory」

最初から読みたい方はこちらへ! → 初めから読む
___________________

 でもぼくにとっての死は、それでもなお違う存在だった。